時間のない社会人でも筋トレと食事管理を継続できる方法5選

筋トレの成果は、継続したトレーニング食事管理によって得られます。

とはいえ、忙しい社会人がこれらを毎日実行するのは、現実的ではありません。

モチベーションが低下した時にそのままフェイドアウトすることが目に見えています。

つまり、トレーニングと食事の時短効率化が重要になるのです。

今回は、トレーニングと食事を時短化するための方法についてご紹介します。

トレーニングの時短法

自宅トレーニング

ジムに通うと、往復・着替えなどでトレーニング以外に時間がかかります。

また、仕事終わりに帰宅して、着替えてジムに行くのも大変です。

よっぽど筋トレにハマらない限り、途中で通うのが嫌になります。

ですから、自宅トレーニングはおすすめです。器具をそれなりに揃えても、ジム代よりは安いです。

自宅トレーニングは、時短だけでなく、コスパにも優れるのでおススメです。

おすすめの器具はこちらでご紹介しているので、参考にしてみてください。

【時短】家で使える筋トレ器具おすすめ9選!自宅トレーニングのコスパは最強

道具を買いたくない方には、HIITトレーニングがおススメです。

【時短筋トレ】HIITは効果抜群!おススメのトレーニング動画付き

腕立て伏せ

腕立て伏せは時間効率の良い筋トレです。10分程度で筋肉痛になります。

私は、腕立て伏せ30回×3セット10分程度しています。

プッシュアップバーなどで、運動強度を上げるのも良いです。

HIITトレーニング

HIIT(高強度インターバルトレーニング)は効率的な筋トレです。

ただし、非常にハードなトレーニングですので、ある程度体作りが出来てから取り組むと良いです。

トレーニングの内容はyoutubeなどにもアップされてます。おすすめはDVD付き書籍です。

短時間集中でトレーニングしてみたい方は是非ともお試しください。

ダッシュ

全力ダッシュは、高強度なトレーニングです。100m走×5回するだけで全身筋肉痛になります。

こちらも体に高負荷がかかるので、しっかりと体作りをするようにしましょう。

腹筋ローラー

腹筋ローラーも時短トレーニングに役立ちます。通常の上体起こしより高強度であるからです。

10×3セット(約10分で終了)をするだけで、翌朝起き上がれない程の筋肉痛になります。

やせ型なら3ヵ月程度で腹筋を割ることもできます。

ダンベルトレーニング

ダンベルは、ピンポイントで鍛えられます。鍛える時間もそれほどかかりません。

大体、10回3セットで10分程度になります。また、ダンベルで様々なトレーニングを実施できます。

トレーニング法を誤っている場合、ケガのリスクが高まります。

基礎的な書籍を購入して、知識を蓄えてからトレーニングをすることを薦めます。

オンラインジム

ZOOMなどを利用したオンラインジムサービスも増えています。ジムに行くよりも時間がかかりませんからね。

メリットは次の通りで、よりトレーニングが継続しやすいように設計されています。また、サービスによっては、食事管理もあります。

1人ではモチベーションが保てない方にはおすすめです。無料トライアルもあるので、気軽に試してみると良いです。

オンラインジムのメリット
・自宅で受講
・専門指導を受けられる
・成果が出やすい
・人との繋がりで継続できる

【WITH fitness】時間も成果もなく筋トレが続かない人はオンライントレーニングがおすすめ

食事管理の時短法

シリコンスチーマーを活用

シリコンスチーマーなら、鶏肉・野菜料理をレンジでチンするだけで作れます。洗い物も少なくなるので、後片付けの時間を短くできますよ。

【筋トレ飯】レンジで10分!シリコンスチーマーで作る鶏肉&野菜料理のススメ

美味しさはそれなりですが、栄養バランスが良くお金も時間もかからないので、おすすめです。

食事にコストをかけたくない方におススメです。

プロテインでタンパク質を確保

食事のみで必要なたんぱく質を確保するのは困難です。

そのため、プロテインでタンパク質を摂取することは大切です。しかし、まずいから苦手という方も多いです。

美味しくプロテインを飲む方法についてまとめているので、興味のある方はご覧ください。

個人的には、カフェイン×プロテインの相乗効果がおススメです。

【筋トレ】インスタントコーヒーとプロテインの組み合わせは合理的

水、牛乳、豆乳?初心者におすすめなプロテインの割り方を様々な観点から紹介するよ

筋トレ向け冷凍宅食弁当を活用

冷凍の宅配弁当は時短できる上に、栄養バランスもしっかり設計されています。そのため、食事管理を一切考える必要がありません。

仕事に疲れて頭を使いたくない社会人としては、嬉しい限りですね。

プロテイン×コンビニ飯が定番化している社会人の方には特におすすめです。

宅食弁当のメリット
・栄養バランスが良い
・美味しくて、品数豊富
・調理時間がかからない
・洗い物がでない

【6社比較】筋トレにおススメの高たんぱく・低脂質の宅配弁当6選を徹底比較

【筋肉食堂冷凍弁当】目的別で気軽に筋トレ飯を注文できる宅食サービスの評価レビュー

【筋トレ用冷凍弁当】マッスルデリ(Muscle Deli)の評判・口コミについて

【筋トレ用宅食】ライザップサポートミールの栄養価・味・サイズを口コミを交えて解説

【フィットフードホーム】筋トレ・ダイエットにも役立つ冷凍宅食の口コミ・評価

まとめ

平日の社会人は、プライベートに使える時間が少ないです。そのため、筋トレに挫折してしまう方は多いです。

しかし、今回ご紹介したような方法を活用すれば、筋トレ・食事を時短化できます。

そうすれば、筋トレの肉体的・精神的負荷が小さくなり、持続可能性が高まります。

もちろん、多少お金はかかりますが、十分なリターンも得られるのでおすすめですよ。