【Winshot】4Kユーザー必見!切り出し時に画面が拡大されてしまう問題の解決法

役立つ知識

PC画面のスクリーンショットツールと言えば、「Winshot」です。僕も昔はwindows純正の「snipping tool」を使用していましたが、最近winshotに乗り換えました。winshotの何が凄いかというと、画像を一瞬で保存できるところにあります。snipping toolだと毎回「スクショ→名前を付けて保存」でしたからね。

しかし、4Kディスプレイを始めとした高画質ディスプレイで使用するためには、少し設定を調整する必要があります。そうしないと、切り出し時に画面が拡大されてしまい、上手くスクリーンショットが出来なくなってしまいます。というわけで、今回はwinshotを高画質ディスプレイでも使用可能にする方法を紹介したいと思います。

切り出し時に画面が拡大されてしまうのを防ぐ方法

問題の概要

デフォルトの設定で「winshot」を利用した場合、次のように切り出し時に画面が拡大されてしまいます。そのため、ウィンドウすべてを選択することが出来なくなります。

winshotのファイル保存場所を開く

この問題を解決するためには、まずwinshotのファイル保存場所を開きます。そして、ファイルの場所を開くをクリックします。

すると、次のようにwinshotのアプリの格納先を見つけることが出来ます。

プロパティを開く

アプリケーションのwinshotを右クリックし、プロパティを開きます。そして、「互換性」のタブを選択し、高DPI設定の変更をクリックします。

高DPIスケール設定の上書きを選択

すると、次のようなウィンドウが現れます。そして、「高DPIスケール設定の上書きします。」の部分に✔を入れます。次に、その下のタブを開き「アプリケーション」を選択します。その作業が終わったら「OK」を押してウィンドウを閉じます。そして、残ったウィンドウにて「適用」を選択し「OK」を押してこのウィンドウも閉じます。これで、設定の調整は終了です。winshotをすでに立ち上げている場合は、アプリケーションを終了し、再起動してくださいね。

まとめ

「winshot」は標準搭載の「snipping tool」よりも多少複雑ですが、非常に便利なツールです。スクショを多くとるユーザーには必須のアプリですよ。ですので、面倒でもあきらめずに設定をしてみてくださいね。最後に、今回の設定手順をもう一度振り返っておきたいと思います。

  1. winshotのファイル保存場所を開きます。
  2. winshot(種類:アプリケーション)を右クリックし、プロパティを開きます。
  3. 【プロパティー】→【互換性】→【高DPI設定の変更】の順で選択します。
  4. 「高いDPIスケールの動作を上書きします。」の横にチェックマークを付けます。
  5. その下のタブはアプリケーションのままで構いません。
  6. OK→適用→OKの順に選択し、設定を更新します。
  7. アプリケーションを再起動しましょう。