【プロテインはまずい?】インスタントコーヒーで美味しく筋トレを効率化しよう!

残念ながら、プロテインは美味しくありません。タンパク質を摂るために我慢して飲んでいるのが実情でしょう。

そこで、今回はインスタントコーヒーを活用したプロテインのレシピをご紹介致します。

この記事で分かること
・インスタントコーヒーを使ったレシピ
・カフェインの効果
・カフェテインの紹介

プロテインアレンジの方法

プロテイン×インスタントコーヒーのアレンジは簡単で、持ち運びも邪魔になりません。

私は、ミルクコーヒー風が好きなので、牛乳や豆乳を利用しています。

  1. プロテインを入れる
  2. インスタントコーヒーを入れる
  3. 水or牛乳or豆乳を入れる
  4. いつも通りシェイクする

しかも、プロテイン×インスタントコーヒーは、味だけでなく、筋トレにも好影響を与えます。

プロテイン×インスタントコーヒーのメリット

美味しくなる

プロテインは、栄養分(タンパク質)に特化しており、美味しくありません。ですから、その味を上塗りすればよいのです。

そこで、着目するのは「苦み」です。苦味は、五味(酸味、塩味、苦味、旨味、甘味)の中で、最も少量で感知できる味です。つまり、苦みで味をごまかせるのです。

インスタントコーヒーを入れれば、プロテイン独特の風味を抑えられます。

POINT
苦みがプロテインのまずさを隠す

コーヒーは深煎りタイプが苦いので、深煎りブレンドがおすすめです。また、携帯性を重視される方はスティックの製品がおススメですよ。

created by Rinker
キーコーヒー
¥505 (2022/05/17 17:08:55時点 Amazon調べ-詳細)

筋トレ効率UP

カフェインには運動能力向上作用があります。実は、2004年以前はドーピング検査の検査項目にカフェインも入っていたのです。

その効果は大手食品メーカーのネスレも認めており、コラムにも記載されています。

カフェイン摂取によって、運動能力が向上すれば、より高負荷を筋肉に与えられます。つまり、筋トレ効率アップを狙えるのです。

この効果を得るには、運動前または運動中にプロテインを飲む必要があります。ちなみに、ホエイプロテイン(プロテインの主成分)が体内に吸収される時間は2時間程度です。

そのため、運動前または運動中にプロテインを摂取も問題ありません。私は、筋トレ中にちびちびと飲むようにしています。一気に飲むとおなかにたまってしまいますからね。

POINT
カフェインで運動強度の向上が期待できる

プロテイン×インスタントコーヒーのデメリット

胃腸に負担がかかりやすい

体質・体調に依存する部分が多いですが、コーヒー成分のクロロゲン酸は、胃酸の分泌を活発にします。そのため、胃痛の原因になります。

ただし、牛乳や豆乳によって胃を保護することもできます。※参考記事はこちら

プロテイン×インスタントコーヒーは理想的な組み合わせではありますが、体質的に合わない可能性も少なからずあります。皆さんも様子見しつつ、試してみると良いでしょう。

カフェテインでより楽に

カフェイン×プロテインのアレンジは簡単です。しかし、両方を揃えるのは少し面倒です。

そんな時におすすめなのが「カフェテイン」です。カフェテインを水や牛乳にといて混ぜるだけで、プロテインとカフェインの効果を得られます。

管理栄養士・薬剤師が監修しているので、品質面でも安心です。

ものは試しですので、気になった方は一度購入してみても良いでしょう。値段も良心的ですし。

まとめ

インスタントコーヒーを使ったプロテインアレンジは簡単です。具体的な手順は次の通りです。

  1. プロテインを入れる
  2. インスタントコーヒーを入れる
  3. 水or牛乳or豆乳を入れる
  4. いつも通りシェイクする

このプロテインの利点は、「飲みやすさ」と「カフェイン」です。プロテインのまずさを軽減でき、プロテイン摂取時のストレスを失くせます。

また、カフェインには運動能力を向上させる作用があります。つまり、大きな負荷を筋肉に与えられるわけです。そのため、効率よく筋肉を鍛えられます。

これらの利点に着目した商品として、「カフェテイン」もございます。初回価格は安いので、興味のある方は試しに飲んでみても良いかもしれません。ものは試しですからね。