1人暮らしの筋トレ用の食事に「冷凍宅食」が合理的な3つの理由

筋トレは継続が大変です。限られた時間で筋トレ食事管理する必要がありますからね。

特に、1人暮らしではあらゆる家事を自分でこなす必要があります。そのため、トレーニングの時間を確保できなかったり、十分な食事管理が出来なかったりします。

一方で、日々の食事の一部を筋トレ特化の宅食弁当に置き換えれば、生活に余裕ができ、忙しい平日でもトレーニングの時間を確保できます。

そうすれば、筋トレを継続できる可能性が高まり、成果を得やすくなります。

そこで、一人暮らしの筋トレ用の食事には「冷凍宅食」が合理的な理由について解説します。

筋トレ飯に冷凍宅食を薦める理由

1人暮らしの筋トレに冷凍宅食を薦める理由は、次の4つです。

冷凍宅食のメリット
・圧倒的時短
・美味しい
・メニューが豊富
・栄養管理も楽

圧倒的時短

筋トレの成果を最大化するためには、食事管理が必須です。そのため、多くのトレーニーは筋トレ飯を自分で作ります。

料理をする場合、買い物・料理・皿洗いなどで毎日平均で30分以上のロスになります。

忙しい平日の30分って結構大きいです。

一方で、冷凍宅食の場合は、調理時間はレンジでチンするだけです。

もちろん、下準備も洗い物も不要です。つまり、日々の生活に時間的な余裕が持てるのです。

美味しく、メニューも豊富

しかし、筋トレの時間確保を優先するあまりに、美味しくない筋トレ飯を作りがちです。

多くの方がささみをレンジでチンして、食べるだけの生活を経験しているのでないでしょうか?

美味しいものを食べたいのは、強い欲求です。基本的に、欲求に逆らうと筋トレの継続可能性が下がります。そりゃ、我慢しているわけですからね。

一方で、筋トレ用の冷凍宅食を活用すれば、美味しい上に豊富なメニューを楽しめます。

そのため、食事面で我慢する必要が無くなるわけです。

栄養管理が楽になる

筋トレにおいて、栄養管理は重要です。もちろん、自炊の時も栄養管理も可能です。しかし、計算も必要なので面倒です。

また、必要な栄養バランスから逆算して、料理を作るなんてさらに面倒です。

一方で、筋トレ用の宅食弁当は、高たんぱく・低脂質になるように設計されています。しかも、メニューごとに栄養価のブレもそれほど大きくありません。

もちろん、栄養価も一食当たりで算出してくれているので、計算も簡単です。

つまり、筋トレに重要な栄養管理も宅食弁当により、楽になるのです。

冷凍宅食のデメリット

もちろん、冷凍宅食にもデメリットはありますので、そちらについても解説します。

値段が高い

冷凍宅食は一食当たりの値段が高いです。そのため、食費は増えます。

しかし、時間をお金で買うと考えれば、コスパの悪い出費ではないでしょう。

かさばる

冷凍宅食は、一週間分や二週間分などまとめて冷凍便で送られてきます。

そのため、一時的に冷凍庫が満杯になることがあります。ちなみに、ライザップの宅食だとこれぐらいの大きさになります。

筋トレ向け冷凍宅食比較

筋トレ向けの冷凍宅食6つの特徴が一目で分かるように表にまとめました。

食はフィーリングの部分が大きいので、自分に合いそうなサービスを選んでみてくださいね。

多くのサービスにて初回キャンペーンが実施されているので、とりあえず試すことが大切です。

宅食サービス
一覧
RIZAP
サポートミール
筋肉食堂DELIMuscle Deli
三ツ星ファーム
nosh
FIT FOOD HOME
申し込みプラン①7食
②14食
①5食
②10食
①女性ダイエット
②男性ダイエット
③増量
①7食
②14食
③21食
①6食
②8食
③10食
①300kcal 5食
②300kcal 10食
③400kcal 5食
④500kcal 5食
料金(税込)①6,180円
②12,220円
①4,980円~
②9,480円~
①5,724円/5食
②6,264円/5食
③7,344円/5食
①5,897円
②10,282円
③13,154円
①4,190円
②4,990円
③5,900円
①3,618円
②6,264円
③,④6,264円
一食当たりの値段①882円
②871円
①996円~
②948円~
①1,142円/5食
②1,252円/5食
③1,468円/5食
①842円
②734円
③626円
①698円~
②623円~
③599円~
①723円
②626円

③,④1252円
送料600円あり
※地域で異なる
0円①初回のみ0円
②③0円
あり0円
メリット大手の安心感
コスパが良い
タンパク質多い
筋トレ特化
タンパク質多い
筋トレ特化
管理栄養士監修
コスパが良い
管理栄養士監修
味が良い
コスパが良い
初回割引あり
ジャンルが豊富
デメリットタンパク質少なめ送料が高い値段が高いタンパク質少なめ送料が高い値段が高い
割引定期便で
5%割引
定期便で
最大10%割引
定期便で
400円割引
なし初回割引あり
継続購入割引あり
定期便で
10%割引
 

それぞれのサービスのメリット・デメリットについては次の記事を参考にしてみてください。

【6社比較】筋トレにおススメの高たんぱく・低脂質の宅配弁当6選を徹底比較

まとめ

1人暮らしで筋トレを継続するのは大変です。なぜなら、1人で筋トレと食事管理を両立しなければならないからです。そのため、忙しい日々が続くと筋トレを続けられなくなります。

そんな時に役立つのが、筋トレ用の冷凍宅食サービスです。

これを活用するだけで、食事管理がかなり楽になり、時間的な余裕を作れます。

日々の生活の忙しさで筋トレを続ける自信がない方は、一度試してみてはいかがでしょうか?