【必見】運動しても痩せないたった一つの理由と痩せるための方法を考える

役立つ知識

この記事にたどり着いたという人は「一所懸命に運動しても体重が減らない」という悩みを抱えている人だと思います。ジムに通って、時間とお金と体力を使っているのに「なんで、痩せないの?」と落ち込む人も多いのではないでしょうか?

というわけで、今回は「運動しても痩せないたった一つの理由と痩せるための方法」について解説したいと思います。

運動しても痩せないたった一つ理由

理由は非常にシンプルです。それは、摂取カロリーが消費カロリーと釣り合っているからです。これ以外に理由は存在しません。そりゃ、入ってくるものと出ていくものが釣り合ってたら、体重は変化しませんもんね。

しかし、なぜ運動をして消費カロリーを増やしているのに痩せないのでしょうか?

普通に考えれば、消費カロリーが増えて摂取カロリーは一定ですから体重は減るはずです。そうならないのは、消費カロリーが増えると同時に摂取カロリーが増えているからです。

例えば、今日は運動したからといって「ご褒美に甘いものを食べよう」とか「おなかが空いたから沢山食べよう」となれば、当然摂取カロリーは増えて、摂取カロリー=消費カロリーとなります。つまり、運動により消費したカロリー分だけカロリーを摂取してしまっているというわけですね。

では、どのようにすれば痩せることが出来るのでしょうか?

それは、運動と食事の両方に気を遣うこと・筋肉をつけて基礎代謝を上げることです。この二つを意識して実行することで痩せることが出来ます。

とはいえ、具体的にどうすればよいのでしょうか?

一つ目はマクロ栄養計算をすることです。この計算をすれば、減量するために必要なカロリーと栄養素量を計算することができます。そうすれば、自ずと食事に気を遣うことが出来るでしょう。

二つ目はトレーニングによって筋肉をつけて、基礎代謝を向上させることです。

マクロ栄養計算をしよう

マクロ栄養計算とは、一日に必要な炭水化物・タンパク質・脂質という三大栄養素の必要量を計算することを指します。

この計算ツールを用いれば、減量するために必要な摂取カロリーと栄養素量を自動的に計算してくれます。興味のある方は是非ごらんくださいね。

【計算ツール付】マクロ栄養素計算で効率的な筋トレやダイエットに必要な栄養素量を把握しよう

このツールで出た必要カロリーと必要栄養素量を参考にして、日々の食生活を見直してみましょう。そうすれば、自ずと摂取カロリー<消費カロリーとなって痩せるはずです。

運動で痩せられる仕組みをしろう

運動で痩せられる仕組みは大きく2つに分けることが出来ます。

運動自体がカロリー消費になる

一つ目は運動自体がカロリー消費になるためです。例えば、体重50kgの人で10kmのランニングをすると、約500kcalの消費されます。このように、運動自体がカロリー消費になるわけですね。

しかし、この効果自体はあまり大きくありません。その理由としては、空腹になりいつもより摂取カロリーが増えること運動時しかカロリー消費に貢献しないことなどが挙げられます。

運動により筋肉がつき、代謝が良くなる

もう一つが運動により筋肉がつき代謝量が上がるためです。ちなみに、安静時における人の基礎代謝(カロリー消費量)のうち筋肉が2割を占めています。つまり、筋肉を増やせば基礎代謝量が増加するわけですね。

基礎代謝が増えることは、常に消費カロリーが増えることを意味します。常に消費カロリーが増えれば、それだけ痩せやすくなるわけです。これらのことから、筋肉をつけることはダイエットをする上で非常に有効な手段と言えるわけですね。

痩せるためのトレーニング方法

トレーニングをしたら、筋肉がついて太って見えるんじゃないの?」と考える方も多いと思います。しかし、そんなことはありません。トレーニングのやり方次第で、体が大きくならないようにすることが出来るんです。

その方法は低負荷の運動を実施することです。それは、ランニングやダイエットなどの有酸素運動がダイエットに有効である点からもお分かり頂けると思います。マラソン選手で太っている人なんてだれ一人もいませんもんね。

また、低負荷の筋トレを数十回続けることも効果があります。低負荷の運動では、筋持久力を向上できる赤筋を鍛えることが出来ます。赤筋はボディビルの筋肉のように大きくならないかわりに、体を引き締めてくれます。つまり、ボディラインも綺麗になるわけです。

具体的なトレーニング方法としては、ランニング・スイミング・腹筋・背筋・スクワット・インナーマッスルのトレーニングなどが挙げられます。どのトレーニングも効果はあるので、自分に合うトレーニングを見つけると良いでしょう。

まとめ

  • 運動しても痩せない理由は?
    運動しても痩せないのは、摂取カロリー=消費カロリーとなっているためです。つまり、運動した分だけ食べてしまっているということです。
  • 痩せるために欠かせないことは?
    それは食事と運動のバランスです。そりゃ、どれだけ運動してもその分だけ食べれば痩せられませんからね。そのため、自分が一日に必要な摂取カロリー量・栄養素量を把握しておくことをおススメします。

    【計算ツール付】マクロ栄養素計算で効率的な筋トレやダイエットに必要な栄養素量を把握しよう

  • 運動するとなぜ痩せられるの?
    その理由は「運動自体がカロリー消費になるため」・「運動により筋肉がつき、代謝が良くなるため」です。前者は運動している時にしか効果はありませんが、後者は持続的な効果を得ることができます。そのため、ダイエット目的の運動でも筋肉をしっかりつけることをおススメします。
  • 痩せるためのトレーニング方法は?
    痩せるためのトレーニングの基本は低負荷のトレーニングを継続することです。低負荷のトレーニングをすることにより、体を引き締める効果を持つ赤筋を鍛えることが出来ます。赤筋を鍛えるトレーニング方法には様々なものがあるので、自分に合うものを選ぶと良いでしょう。