人と比べてしまう原因と心理は?劣等感を抱かず落ち込まないための考え方

誰しも、人と比べて自分が劣っていると感じ、落ち込んでしまうという経験はあるのではないでしょうか?

もちろん、私にもありました。しかし、最近では人と比べても落ち込まないようになりました。それは、劣等感を抱かずに落ち込まない考え方を身に着けたからです。

というわけで、今回は「人と比べてしまう原因と心理とは何か?」と「人と比べても劣等感を抱かない考え方」について解説していきたいと思います。

この記事を見て分かること

  • 人と比べてしまう原因
  • 人と比べて落ち込む心理
  • 人と比べて落ち込まないための考え方

人と比べてしまう原因

人と比べてしまう原因はシンプルです。それは、私たちが相対評価の世界で生きているからです。ですから、人と比べることを辞めるのは基本的に不可能です。人が元から有している性質ですからね。

よく耳にする「仕事ができる人」・「頭がいい人」・「イケメンな人、かわいい人」・「優しい人」・「おとなしい人」も人と比較することによって初めてその意味を持ちます。逆に考えれば、比べることを辞めると上記のような言葉はなくなるわけです。

分かりやすい具体例として新入社員の評価について考えます。

大企業では一年で100人以上の新卒社員を雇用します。要は比較対象が沢山あるわけです。ですから、早いうちから「あの人は仕事がデキる」とか「この人は仕事がデキない」等の判断をするようになります。

一方で、零細企業では数年に一度程度しか新入社員を雇用しません。当然、比較対象が少なくなるので、人と比べられる機会も少なくなります。

以上のことからも分かるように、人が増えるにつれて比較対象も増えますから、人と比べる機会が増えることになります。ですから、人と関わらないようにすること以外人と比べることを辞めることは不可能です。

そのため、人と比べるのは仕方ないと割り切ったほうが良いです。その上で、劣等感を感じたり、落ち込んだりしないような考え方を身に着けることが大切です。

人と比べて落ち込む心理

人と比べて落ち込む心理の根源は劣等感です。

確かに、人と比べて自分が劣っていたら、自尊心も傷づきますし落ち込みますもんね。特に、自分よりも下に見ていた人たちに追い抜かれると屈辱感も増して本当につらくなります。

しかし、なぜこのような心理状態になってしまうのでしょうか?

ここではそんな心理状態になる理由について解説します。

自分の能力を過信している

それは、自分の能力を無意識に過信しているからです。これは経験不足である時によく起こる事象で、ダニングクルーガー効果とも呼ばれます。詳細については次の記事をご覧ください。

【無知の知】できない人ほど勘違いする「ダニング・クルーガー効果」について解説するよ

要は、自分の能力を過信し、求めるレベルを高く設定し、そのギャップに苦しんで落ち込んでしまうわけですね。そのため、墓穴を掘っているとも言えます。

現在を意識しすぎている

劣等感を感じるのは、人と比較して能力や技術が劣っているからです。しかし、それは現時点での話でしかありません。ですが、劣等感を感じやすい人は今現在を強く意識してしまいます。

そのため、他者より劣っていることに対して過剰に反応し、精神的に落ち込んでしまいます。しかし、将来自分が努力を重ねれば十分巻き返すこともできます。ただ、このタイプの人はそれに気付けていない傾向にあります。

人と比べて落ち込まないための考え方

先ほど説明したように、人と比べて劣等感を感じる人は、自分の能力を過信する傾向現在を過度に重視する傾向にあります。ここからはそのような課題を解決するための考え方についてご説明します。

プライドを捨てる

自分の能力を過信する要因として、プライドの高さが挙げられます。ですから、まずは無駄なプライドを捨てるようにしましょう。そうするだけでもかなり気が楽になるはずです。

また、プライドを捨てると周囲の人から知識や技術を素直に吸収することができるので、自分の能力をさらに伸長させることが可能になります。

失敗を肯定する

劣等感を感じる人は完璧主義者の傾向にあります。これも実は自分の能力を過信していることに繋がっています。なぜなら、自分なら完璧にできると勘違いしているからです。

実際、それは不可能です。イチローだって全盛期でも打率4割に届かないのですから。失敗を織り込んで行動しなければなりません。普通の人であれば、取り返しのつかない失敗や意図的な失敗以外は受け入れてくれますよ。

要は、収穫のある失敗ならいくら失敗しても問題ないということです。この考え方を身に付けるだけで、失敗を肯定することができ、挑戦的な仕事に取り組めるようになり、成長速度も飛躍的に伸ばせます。

未来志向

人と比較して劣等感を感じる要因として、意識を現在に向けすぎていることも挙げられます。

意識を未来に向ければ、他人と比較して劣っていてもあまり気にならなくなります。なぜなら、将来その比較相手を上回れば良いですからね。そうすると、現在の劣等感をモチベーションに変換することもできます。

人と比べて落ち込んでしまうという方はこの未来志向の考え方を身につけると良いです。

自分を無条件に認める

この考え方も身に着けることができれば、人と比べて負けていても落ち込むことはなくなります。

その方法は、自分自身の価値を比較の外に置くことです。もう少し簡単に説明すると、自分を他者との比較によって認めるのではなく、自分の存在自体を無条件で認めるということです。

これをすることで、自分の価値を揺るがないものにできます。

まとめ

人と比べてしまう原因は?

それは、相対評価の世界で生きているからです。人は何でも比較してしまう生き物です。ですから、人と比べてしまうのも自然のことです。むしろ、人と比較しない人間の方が少ないです。

ですから、いつも人と比べてしまうと落ち込む必要は全くありません。

人と比べて落ち込む心理は?

人と比べて落ち込む人の心理は「能力の過信」と「過度な現在への意識集中」です。この二つの心理によって、人より劣っていることに対して劣等感を覚え、落ち込んでしまいます。

人と比べて落ちこまないための考え方

人と比べて落ち込まないための考え方を4つ紹介しました。皆さんも無理のない範囲でこの考え方を実践してみると良いでしょう。このような根本的な考え方を変えるだけで、メンタルの安定性が大きく変化します。

  • プライドを捨てる
  • 失敗を肯定する
  • 未来志向
  • 自分を無条件で認める