microsoft認証付き互換品surfaceペン「mpio」を購入したので感想をレビューするよ

あらゆる製品に言えることですが、純正のオプション品って結構高いですよね?

その中でも、microsoft社の純正品はかなり高額です。

しかし、互換品を買ってしまうと、安物買いの銭失いになることもあります。

そんな時に役に立つのが口コミです。しかし、最近はサクラレビューが横行し、信用できる状態ではなくなっています。

というわけで、今回は購入を迷っている方向けに、microsoft認証付き互換品surfaceペン「mpio」のレビューをしたいと思います。

追記:2020年4月に購入して1年経過しましたが、まだ現役で使用できています。

内容物の紹介

内容物は次の画像の通りです。

①のケースにはペン・電池・替え芯・交換用ツールが収められています。

替え芯が予め用意されているのは嬉しいですね。また、ペン自体の見た目にも安っぽさは感じられませんでした。

一年間使用しましたが、今のところ替え芯は使っておらず、それなりに耐久性もあると思われます。

②はペンの各部の説明とペン先の交換方法について説明されています。日本語がちょっとおかしいのはご愛嬌というところでしょうか?中華製品あるあるです。

③は収納ケースで裏側が両面テープとなっており、surfaceに貼り付けることが出来ます。

ただ、テープで貼り付けると見た目にもあまり綺麗ではありません。また、はがした際にシールの粘着成分がPC本体につく可能性もあるので、個人的に使用はおススメしません。

保証について

保証書は付属していませんが、18か月間の保証サービスがあります。

保証は正常に使用していたのにも関わらず故障した場合に適用されます。

一般的な電子機器の保証と大差はないと見てよいでしょう。

なお、故障・不具合の連絡は、アマゾン経由で「出品者に連絡」から出来ます。

最近の中華業者は、レビューをかなり気にするので、商品の交換も素早い傾向にあります。

使い勝手をレビュー

書き心地

書き心地は滑らかで、純正品のスタイラスペンと同等に感じました。筆記精度の関してもそれほど問題があるとは感じませんでした。

ペン先の素材は、プラスチックの一種であるPOM(ポリアセタール)となっています。

POMは摺動性(摩擦が少なく滑らかに動く性質)が良いので、ペン先の素材としては適していると思います。

また、プラスチックはガラスよりも硬度が低いので、基本的に画面は傷つかないと考えて問題ありません。なので、少々乱暴に扱っても傷つくのはペンの方と考えてよいです。

操作感

タッチ位置のずれやタイムラグはなく、操作感に関しては全く問題ありませんでした。

純正品も家電量販店で触れたことがありますが、操作感の点において差異はありませんでした。

持ち運びの利便性

小型のペンですから、基本的に持ち運びに困ることはありません。

ただし、純正品のsurfaceペンより持ち運びが不便です。

磁石によってPCに直接取り付けることが出来ないですからね。

そのため、本商品には両面テープ付きの収納ケースが付属しています。

しかし、粘着テープを使用しているので、あまりおススメできません。下手するとPCが汚れてしまいます。

ですから、私は筆箱に収めておくことをおススメします。

サイズも普通のペンぐらいですし、失くす確率も下がると思います。

surfaceペンを買ってよかった点

スクショ×メモが最強

メモしたいページに移動・スクショします。

そして、そこに自分のメモを残して、記録としてストックすることができます。

このsurfaceペンがあれば、この作業をわずか1分程度で終えることができます。

従来の方法では、スクショした画面をパワポ・エクセルに入れ込んで横にメモを記入したり、印刷したページにメモを記入する必要がありました。

このような作業をすれば、少なくとも5分程度の時間がかかります。

つまり、surfaceペンを導入することで、メモの効率性が向上するわけです。

メモの効率性が向上すれば、メモをする機会を増やすことができます。

そのため、より多くデータを残すことができ、過去の振り返りが容易になるでしょう。

タブレットモードが便利になる

手でタッチして画面を操作すると指の脂で汚れたり、誤タッチ増えたりという問題が起きます。

そのような不便をsurfaceペンは解決してくれます。

ペンで触れれば、脂で汚れることはありませんし、繊細なタッチが可能になりますからね。

また、ペンを用いた手書き検索が出来るのも便利な点です。

絵が描ける

surfaceペンがあれば、PCカメラで素材を撮影したり、ネットから素材を発掘し、それらを参考にしながらPCで絵を描き、SNS上にアップすることができます。

つまり、surfaceとsurfaceペンを使用することで、素材集めからネットにアップするという一連の作業を一つの端末で完了させることができます。

まとめ

まず、surfaceとスタイラスペンの相性は抜群です。タッチ画面の優位性を存分に活かせます。

その中でも、スクショ×メモの利便性は最高です。本当に一度使ったら戻れないレベルです。

しかし、純正品の価格は一万円超とかなり高額です。

ですから、購入に躊躇してしまう方も多いと思います。

というわけで、今回は互換品である「mpio」のサーフェイスペンの評価をレビューしました。

その評価を純正品と比較すると、値段は半分・性能は十分・見た目は7割です。

私は1年間使用してきましたが、今のところ耐久性にも問題はありません。

そのため、安物買いの銭失いになる可能性はかなり低いと言えます。

以上のことから、「互換品」の購入がおすすめなので、是非購入を検討してみてください。