老子の名言「足るを知る」の本当の意味から学ぶ人生における幸せについて

人間関係・自己啓発

古代中国には、老子という哲学者がいました。その老子が残した書物に知足者富という言葉があります。この言葉が、日本語の「足るを知る」(足るを知る者は富み)のもとになっています。

というわけで、今回は「足るを知る」の意味から学ぶ人生における幸せについて考えてみましょう。

老子の言葉

知足者富」は、次のような文章の一文です。

知人者智、自知者明。勝人者有力、自勝者強。
知足者富、強行者有志。

「老子」より

この言葉を意訳を混ぜつつ、日本語に訳すと次のようになります。

「人を知る者は賢者であるが、己を知る者はそれのさらに上を行く。人に勝つものには力があるが、己に勝つものはさらに力強い。満足することを知っている者は富んでいる。それでいて、努力できる者には志がある。

非常に含蓄のある言葉ですね。やはり、2000年を超えても記憶されている言葉には、何か普遍的な価値があるのでしょう。

というわけで、今回は「知足者富」(足るを知る者は富み)について分かりやすく解説したいと思います。

「足るを知る者は富み」の意味

「足るを知る者は富み」とは、「満足することを知っているものは豊かである」という意味です。英語にも次のような面白い表現があります。

Content is the philosophers stone, that turns all it touches into gold.

これを日本語に訳すと、「満足とは触れるものを全て金に変えてしまう「賢者の石」である」となります。言葉の言い回しがお洒落でいいですよね。

確かに、家族・恋人・友人と過ごす時間、美味しいものを食べた時、大きな仕事を一つ終えた時など充足感に包まれた時に人は幸せで豊かな気分になります。

逆に、常に満たされない人は心が貧しいということになります。極端な話、どれだけの金・地位・名誉・権力を持っていたとしてもそれに満足できていなければ、幸せな状態とは言えないわけです。

「足るを知る者は富み」の解釈

前項のように解釈すると、現状に満足することは良いことで、現状に満足せず向上心を持つことは悪いことになってしまいますが、もちろんそうではありません。

老子先生はしっかりと後に続く言葉も残しています。「知足者富強行者有志。」です。

これを訳すと「満足することを知っている者は富んでいる。それでいて、努力できる者には志がある。」となります。

つまり、現状に満足している上で、さらに努力をできるような志を持つことが大切であると説いているわけです。この考え方って実はすごく幸せな考え方なんです。なぜなら、常に満足をし続けることが出来るからです。

現状維持では幸せを感じずらい

最近は高みを目指さずマイペースに現状維持という考え方が流行りつつありますが、残念ながら人間は現状維持だけでは満足し続けることは難しいです。これを限界効用逓減と言います。

例えば、あなたが1万円を支払い、最高級のウニ(①)を食して感動したとします。その感動を味わうためにもう一度同じウニ(②)を食べたとします。さて、あなたはどちらのウニにより大きな満足を覚えることが出来るでしょうか?

①と②のウニが同じものであっても、①のウニの方が良く記憶に残るのではないでしょうか?これが、限界効用逓減です。要は、同じ程度の刺激であれば、初めに味わったものが一番の衝撃というわけです。

以上のことからも分かるように、現状維持で満足感を得続けることには無理があります。

現状に満足しなくてもしんどい

逆に、修行僧のように向上心を持ち、現状に決して満足しない場合はどうでしょうか?

確かに、成長速度には目を見張るものがあるでしょう。しかし、それを維持するためには多くのエネルギーが必要になります。それには、精神的に辛いものがあります。

そうなると、持続可能性という別の課題が現れます。ですから、向上心を持ち現状に満足していない状態もあまりいい状態とは言えません。

志を持ち現状に満足しながら努力する

老子の言葉にあるように、志を持っていれば現状に満足した状態においても努力することが出来ます。そのメリットは常に満足感を得ながら次のステージに進むことができる点です。

これにより、現状維持で満足感を得られなくなる問題向上心がありすぎて現状に満足できない問題を回避することが出来ます。

要は、現状に満足しながらも、志をもっていれば無理なく努力をすることが出来るわけです。もちろん、そのためには自分の志を持つことが大切になります。

まとめ

知足者富」(足るを知る)は、「満足することを知る者は豊かであること」を意味します。また、この文の次には「強行者有志」という言葉が来ます。これは、「努力できる者には志があること」を意味します。

以上のことを踏まえると、満足することを知る者は豊かであるが、それでいて努力が出来る者には志しがあるとなります。

つまり、「足るを知る」こと自体も大切であるが、その上で志を持ち努力できることが素晴らしいというわけです。この考えを実践できると精神的なエネルギーをあまり消費せずに努力することが出来ます。

ですから、皆さんもその第一段階である「足るを知る」から始めてみてはいかがでしょうか?現状を肯定できると非常に気持ちが楽になりますよ。