【メンタル防衛】揚げ足を取る人の心理と3つの対処方法について解説

世の中にはやたらと揚げ足を取り、重箱の隅をつつく人が少なからず存在します。

そういう人とは関わりたくないものです。しかし、仕事の関係上付き合わなければならないこともあります。

今回は、揚げ足を取る人の心理と3つの対処方法についてご紹介いたします。この記事を読めば、揚げ足をとってくる嫌らしい人から自分のメンタルを守りやすくなりますよ。

「揚げ足を取る」の意味

揚げ足を取る」の意味は次の通りです。

人の言いまちがいや言葉じりをとらえて非難したり、からかったりする。

出典:デジタル大辞泉

重箱の隅をつつく」の意味は次の通りです。

どうでもいいような細かいことばかり取り上げて、口うるさく言うことのたとえ。

出典:故事ことわざ辞典

どちらも、本質的な点を追求するのではなく、枝葉末節の間違いを指摘することを意味します。

基本的に生産性は全くありません。むしろ、マイナスと言っても良いほどです。

揚げ足を取る人の心理と特長

承認欲が強い

揚げ足を取る人は自己愛が強く、過剰な承認欲求を持っています。

質問で相手を追求することは、承認欲求を満たすことができ、自身の有能性を誇示できます。

しかし、分かる人には「この人はすぐに揚げ足を取るなぁ」と分かります。

フランスの思想家ボルテールも「その人の知性は、答えではなく質問ではかられる」との言葉を遺しています。

正義感が強い

揚げ足を取る人は、正義感の強い人が多いです。このタイプの人は敵とみなす人を攻撃します。

なぜなら、自分の思考こそが正義であり、絶対的だと考えていますからね。

そのため、物事の本質だけでなく、枝葉末節に至るまで徹底的に間違いを探すのです。

その結果、「揚げ足を取る」ようになるのです。

TVニュースやネットメディアを注意してみると、この傾向を実感できます。特に、政治分野ではこの傾向が顕著ですね。

裏を返せば、本質に問題がないから、枝葉末節を叩かざるを得ないとも考えられるので、叩かれている人は意外に有能な人物だったというケースもあります。

揚げ足ばかり取る人への対策

真正面から挑む

シンプルに有効なのは、質問や指摘を「揚げ足取り」だと説明することです。

しかし、上司に対してやれば、後々の居心地も悪くなります。部下に対してやれば、パワハラ扱いされかねません。つまり、諸刃の剣というわけです。

それでも、気を遣う必要がないので、精神的には楽です。今後の付き合いがあまりない方にはしても良いかもしれません。

ここで、具体例を挙げます。

揚げ足取りで有名な上司のAさんとその部下のBさんとの会話です。

緊急報告だったためか、Bさんが受け取った資料の一部に誤りがありました。

幸い話の本筋は間違っていなかったので、その資料を用いて、Aさんに報告することになりました。その会話の一部始終を見てみましょう。

Aさん
Aさん
この資料のこの部分間違っているんじゃないか?
この部分は話の本筋には関係ないのでお気になさらずに
Bさん
Bさん
Aさん
Aさん
関係なくても、関係あってもミスは許されない早く直してこい
これは緊急報告です。一秒でも惜しい状況なのはご存知でしょう?枝葉末節にこだわっている暇はないんで、早く本題に移りましょう
Bさん
Bさん
Aさん
Aさん
そういう些細なミスがやがて大きなミスを生むんださっさと直してこい
先ほども申しましたように、これは緊急の報告資料です。正確性より速度を重視した結果です。判断が少し遅れたら、多額の損害が出るかもしれません。話を進めさせてください。
Bさん
Bさん
Aさん
Aさん
じゃあ、さっさと話を進めろ

以上のように、会話がヒートアップする可能性があるので、注意が必要です。

やり過ごす

やり過ごすことも一つの手です。

個人的には最もおすすめです。それは、精神的にそれほど疲れないからです。

嵐が過ぎ去るのを待つように、ひたすら耐えていれば、向こう側が飽きてくれます。

長引かせることによって、周囲からの同情を買うこともできますからね。

では、先ほどと同じ具体例で考えましょう。

Aさん
Aさん
この資料のこの部分間違っているんじゃないか?
この部分は話の本筋には関係ないのでお気になさらずに
Bさん
Bさん
Aさん
Aさん
関係なくても、関係あってもミスは許されない早く直してこい
申し訳ありません。係の者に伝えておきます
Bさん
Bさん
Aさん
Aさん
お前はその管理者だろう?だから、お前の責任だ
申し訳ありません、私の責任です
Bさん
Bさん
Aさん
Aさん
心から本当にそう思っているのか?
はい、申し訳ございません
Bさん
Bさん
Aさん
Aさん
時間がないのに余計なことに時間を使わせんでくれ
申し訳ございません、では話を進めさせて頂きます
Bさん
Bさん

とりあえず、謝り倒して嵐が過ぎるのをひたすら待っていますね。

内心相手をバカにしながら、表面上謝る程度なら精神的な負荷も小さいので、おススメです。

おだてる

おだてるのは、精神的な負荷は大きいです。しかし、効果的な対処法でもあります。

揚げ足をとられても、表向きには怒らず質問や指摘に丁寧に答えましょう。すると、向こう側の自尊心が満たされるので、風当たりが優しくなります。

そのため、自分が本当に通したいことを通せるようになります。

精神的には疲れますが、何が何でも自分を通したいという方はやってみても良いです。

先ほどと同じ具体例で考えてみましょう。

Aさん
Aさん
この資料のこの部分間違っているんじゃないか?
おっしゃる通りです。大変申し訳ございません。以後このようなことがないように気を付けます。
Bさん
Bさん
Aさん
Aさん
心から本当にそう思っているのか?
もちろんです。Aさんの貴重な時間を浪費してしまったことを反省しております。この緊急報告はAさんにしか処理できない重要なものです。どうか、このまま話を進めさせて頂けないでしょうか?
Bさん
Bさん
Aさん
Aさん
仕方ないな、さっさと話をはじめてくれ
ありがとうございます。では話を進めさせて頂きます
Bさん
Bさん

これは精神的に結構な負荷がかかります。自分が正しいのに、間違っている人をおだてなければなりませんからね。

私も何度かこの種のやり取りをしたことがありますが、消耗しますよ…

まとめ

揚げ足を取るとはどういうこと?

揚げ足を取るとは、「本質的な点を追求するのではなく、枝葉末節の間違いを指摘すること」です。

基本的に生産性はありません。全く無意味な行為です。

揚げ足を取る人の心理・特徴は?

揚げ足を取りたがる人は、承認欲求と正義感が強い傾向にあります。人によっては、プライドが高い方もいるので、注意が必要です。

変に刺激すると、目を付けられる危険性があります。

揚げ足を取りたがる人への対抗策は?

穏やかな順から、「おだてる」・「やり過ごす」・「正面から挑む」です。

長期的な付き合いが続きそうな場合はなるべく穏便な手段をとることをおすすめします。

関係性が一度壊れると修復するのに多くの精神的負荷がかかりますからね。