「とりあえずやってみる精神」のメリットとデメリットについて語りつくす

人間関係・自己啓発

諺というのは、過去に生きてきた人達の教訓が詰まった言葉です。そのような諺にも、「とりあえずやってみること」の大切さを説いたものがいくつかあります。

例えば、「思い立ったが吉日」は何かをしよう思い立ったらすぐに行動するのが良いと説いたものです。

他の諺にも「案ずるより産むが易し」というものがあります。これは、あれこれ心配していてもいざ実行してみたら意外と簡単にできることを意味しています。

このように、「とりあえずやってみる精神」の大切さは遠く昔から語り継がれてきました。とはいえ、なんでも即行動すれば、良いというものでもありません。

というわけで、今回は「とりあえずやってみる精神」のメリットとデメリットについて説明したいと思います。

とりあえずやってみる精神のメリット

成功の可能性が高まる

とりあえず行動するということは、試行回数を増やすことを意味します。確率が小さくても、試行回数が増えれば、全体として見た時に成功の可能性が高まります。

例えば、成功確率50%のものに1回挑戦すると、当然成功率は50%になりますが、成功確率10%のものに10回挑戦すると、一度でも成功する確率は65%になります。

これはあくまで机上の計算に過ぎないわけですが、数学的にも試行回数を増やすこと(=とりあえずやってみること)の重要性は示されているわけです。

自分の適性を見つけられる

とりあえず行動することで、色々なことを経験することが出来ます。すると、自分が気付かなかった得意分野・不得意分野を知ることが出来ます。

それによって、自分の有利な土俵で戦うことが出来るようになりますし、もしかしたら思いがけない才能を見つけられるかもしれません。

例えば、2020東京マラソン女子一位のロナー・チェムタイ・サルピーター選手は、マラソン選手になる前保育士でした。市民ランナーとして走った際に才能を見出され、マラソン選手に転身したそうです。

このように、自分の才能を知ることは意外と難しいものです。ですから、色々なことに挑戦して自分の才能・得意分野はなにか?と探索するのも大切だと思います。

経験値になる

とりあえずやってみて失敗したとしても、何も残らないわけではありません。必ず経験・知識として自分の中に蓄積されます。そうした生きた経験は次の挑戦に活用することができ、成功確率を高めることもできます。

発明王・エジソンが電球を発明した際のインタビュアーと次のような対話をしたそうです。

インタビュアー「一万回も失敗したそうですが、大変でしたね」

エジソン「失敗ではありません。上手くいかない方法を見つけただけです

この対話からも分かるように、失敗は失敗ではありません。上手くいかない方法を見つけただけです。ですから、次の挑戦に活かせば良いわけですね。

人の幅が広くなる

新たな分野に挑戦すると新たな人に出会います。そうすると、人の幅が広くなります。人脈が広がれば、様々な機会に触れることができ、自分の能力を伸ばすことができます。

自分でチャンスを作ることも当然重要ですが、人からチャンスを貰うことも大切なことです。そのためには、人から信頼されることはもちろんのこと、人脈の幅広さもポイントとなります。

そのような人脈の幅広さを得られる点からも、「とりあえずやってみること」は重要といえます。

とりあえずやってみる精神のデメリット

ハイリスクのものに挑戦すること

とにかく行動してみることは、非常に重要なことですが、リスクが高い場合には考え物です。

例えば、とりあえず起業するから仕事を辞めるとします。そうした場合どうでしょうか?

まず、安定収入が途絶えます。もちろん、起業初期に収入は期待できません。すると、貯金がみるみるうちに減ります。そうなると、精神状態も不安定になり、仕事上で正しい判断もできなくなります。仮に、成功確率の高いビジネスであってもメンタル的な問題により失敗する可能性があります。

このように、リスクの高い行動を「とりあえずやってみること」は非常に危険です。

まとめ

以上から、お分かりのように「とりあえずやってみること」には多くのメリットがあります。一方で、デメリットはほとんどありません。そのため、「何かしようかな?」と考えている方はよほどのリスクがない限り挑戦することをおススメします。

ホンダの創業者「本田宗一郎」は自伝にて次のような名言を紹介しています。

私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎないということも言っておきたい。99%は失敗の連続であった。そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である。

引用:本田宗一郎夢を力に—私の履歴書

この名言にもあるように、様々な挑戦をしてもそのほとんどが失敗すると思います。しかし、失敗をすることでしか成功に近づけないのも事実です。

そのため、とりあえずやってみようの精神で沢山チャレンジして、沢山失敗することが大切なのではないでしょうか?