「短気は損気」は本当?短気のデメリットと怒りをコントロールする方法を解説

ことわざは、昔から語り継がれている経験則です。

そのため、ことわざに学ぶことは非常に有益です。

そんなことわざの一つに「短気は損気」という有名な言葉があります。

今回はこの言葉を深く掘り下げていきたいと思います。

この記事で分かること
・「短気は損気」の意味
・短気の具体的なデメリット
・怒りのコントロール方法

短気は損気の意味は?

短気は損気」の意味は次の通りです。

短気を起こすと、結局は自分の損になる。

「損気」は「短気」に語呂を合わせたもの。短気をいましめた言葉。

引用:デジタル大辞泉

要は、短気は自分の損になるわけです。

では、実際にどのような損失を受けるのでしょうか?

短気のデメリット

助けてくれない

周囲からみて、短気な人は扱いづらい人です。

そのため、何かの問題を抱えていても、助け舟を出しにくいです。

もしかしたら、逆切れされる危険性もありますからね。

本音を言ってくれない

短気な人には、踏み込んではいけない部分が多くあります。

そこに間違えて踏み込んでしまうと、反発を受ける危険性があります。

そのため、短気な人に対して本音を隠しがちになります。

仕事において、この問題が生じると、コミュニケーション不和が起きます。場合によっては、取り返しのつかないミスに繋がることもあります。

慕われない

短気な人は、周囲から怖がられることはあれど、好かれることはありません。

仕事でも、プライベートでも、人から慕われるのは大切なことです。

なぜなら、危機に陥った時に、リスクを負って助けてくれるには慕ってくれる人だけだからです。

ビジネスと割り切って付き合っている人は、自らの身を挺してまで助けようとしません。

ミスをゆるされづらい

短気な人は、周囲のミスを許しません。

その結果、自分がミスを犯した時に、周囲から許されづらくなります。

そりゃ、ミスを許してくれなかった人のミスを許す気にはなれませんもんね。因果応報です。

怒りをコントロールする方法

論理的に考える

怒ることは合理的か?」と論理的に考える習慣をつけましょう。

怒ることはストレス解消にはなるものの、長期的な目線に立つとデメリットは多いです。

合理性によって感情をコントロールすることで、上手く怒りを制御できます。

その場を離れる

強い怒りの感情が生まれた時は、その対象から距離を取りましょう。

不思議なもので、対象と距離を取ると心が落ち着きます。

そうすると、冷静に考える時間を確保でき、怒りのボルテージをコントロールできます。

長期的視野に立つ

怒りを感じた時は、長期的な視野に立って物事を考えましょう。

数年・数十年の単位で考えれば、大抵の怒りは些細なことです。

客観視する

怒りを感じている時には、自分を客観視しましょう。

客観視ができれば、事実関係を元に冷静に考えることができます。

そうすることで、「怒る」のではなく、「叱る」ことが可能になります。

まとめ

短気は損気の意味は?

「短気を起こすと、結局は自分の損になる」という意味です。

短気のデメリットは?

短気な性質には人間関係において多くのデメリットがあります。

  • 周囲の助けを得られない
  • 本音を言ってくれない
  • 周囲に慕われない
  • ミスを許されづらい

怒りをコントロールする方法

怒りをコントロールするためには冷静にならなければなりません。

そのための方法を以下に示します。

  • 論理的に考える
  • その場を離れる
  • 長期的視野に立つ
  • 自分を客観視する

ビジネス・プライベート関わらず、怒りに根差した行動は基本的にうまく行きません。