本当に他人にやさしい人の特徴と見分け方5選を分かりやすく紹介するよ

人間関係・自己啓発

本当の意味で「他人に優しい人」はあまりいらっしゃいません。どちらかというと優しく見えるだけの人が多いでしょう。それは、皆さんも実感しているのではないでしょうか?

では、どのような人が本当に他人にやさしい人と言えるのでしょうか?

というわけで、今回は「本当に他人にやさしい人の特徴と見分け方5選」についてご紹介したいと思います。

「優しい」の辞書的定義

「優しい」の定義を辞書で調べてみると、次のようにありました。様々な意味がありますが、一般的に用いられる「優しい」は②の意味だと思います。ですから、ここでは②の定義を用いたいと思います。

①穏やかで好ましい。おとなしくて好感がもてる。 「気立ての-・い女の子」
②思いやりがあって親切だ。心が温かい。 「 - ・い心づかい」
③上品で美しい。優美だ。 「 - ・い物腰の婦人」
引用:三省堂 大辞林第三版
 
※一部の引用箇所を赤色で強調しています。

本当に他人に優しい人の特徴と見分け方

必要なら厳しい指摘をする

本当にその人のことを考えている人は、その人の改善するべき点を指摘します。そのことは、親御さんが自分の子供に厳しく躾をすることからもお分かりいただけると思います。

これは、思いやりから来るものであり、優しさと解釈することが出来ます。

逆に、波風を立てたくないから思うことがあっても、穏やかに対応することは偽りの優しさと言えるかもしれません。もちろん、処世術ですから否定はしませんけどね。

以上のことから、本当に優しい人は必要に応じて厳しく指摘できる人であり、常に波風を立てないように穏やかでいる人は表面的な優しさに過ぎないと言えます。

自分が苦しい時でも人を助ける

自分自身に余裕があれば、優しくない人でも打算的に人を助けることがあります。しかし、自分が苦しい時はどうでしょうか?

普通の人なら思いやる余裕がなくなり、心も冷たくなってしまいますよね。しかし、本当に優しい人は違います。自分が苦しい時でも人に救いの手を差し伸べることが出来るのです。

私も自分に余裕がある時は人の手助けをできる自信がありますが、苦しい時はどう?と聞かれると答えに窮してしまいます。ですから、自分も大変なのに他人を思いやれる人は素晴らしい人だと思います。

以上のことから、本当に優しい人は自分の置かれた状況に関係なく人助けをできる人物と言えます。

人の成功を喜べる

本当に優しい人は、人の成功を心から喜ぶことができます。これが普通の人にはなかなかできません。どうしても、妬みや僻みの気持ちが出てきますからね。

確かに、私自身も人の成功を素直に喜べない時があります。それが良くないこととはわかっているんですけど、妙な虚栄心が邪魔するんですよね…

逆に、人の失敗に寄り添える人は意外に多くいらっしゃいます。それは、相対的に自尊心を満たすことが出来るからかもしれません。他人の不幸は蜜の味とはよく言ったものです。

以上のことから分かるように、他人に本当に優しい人は人の失敗に寄り添えるのはもちろんのこと、人の成功を自分のことのように喜ぶことが出来ます。

誰にも分け隔てなく接する

本当にやさしい人は、偏見に惑わされず誰にも分け隔てなく接することが出来ます。

例としては、学校や職場にいる嫌われている人やいじめを受けている人に救いの手を差し伸べる人が挙げられます。また、社会的地位に関係なく丁寧に応対する人も挙げられるでしょう。

このように周囲の雰囲気や常識に流されずに平等に接する人は心の温かい優しい人と言えます。同調圧力が強いと言われるこの日本でその姿勢を維持できることは素晴らしいことだと思います。

良い意味で利己的

一見矛盾しているように見えますが、優しい人は良い意味で利己的です。その理由は、相手を思いやること自体に喜びを感じているからです。言い換えると、自分のために人に親切にしているということです。

私は、見返りを求めない親切ってこのような心の動きから生まれるもので、それこそが真のやさしさなのではないか?と考えています。

また、以下の記事で紹介しているように、利他主義よりも利己主義の方が持続性があります。確かに、利他ばかりを追い求めていては疲れてしまいますもんね。当然のことですが、本当に優しい人は常に親切ですよね?つまり、持続性があるわけです。

「利他主義」と「利己主義」の意味と違い、そこから見える本質を考える

以上のことから、本当に優しい人は人に与えること・施すことに喜びを感じられる人と言えるでしょう。

まとめ

今回は本当に優しい人の特徴と見分け方5選についてご紹介しました。最後にもう一度振り返りたいと思います。

  1. 必要なら厳しい指摘をする
  2. 自分が苦しい時でも人を助ける
  3. 人の成功を喜べる
  4. 誰にも分け隔てなく接する
  5. 良い意味で利己的
    これは、人に尽くすことで自分自身が満足できるからです。

類は友を呼ぶと言われれるように、優しい人は優しい人同士で仲良くなり、そうでない人はそうでない人と仲良くなります。ですから、優しい人を見分けるのも大切ですが、自分自身が優しくなることも大切だと思います。