承認欲求がない人は楽に生きられる?その特徴とメリットから理由を解説

人間関係・自己啓発

人には他者に認められたいという承認欲求があります。その強弱は人によって異なります。中には、承認欲求がほとんどないように見える人もいらっしゃいます。

私自身もそのようなタイプですが、周囲と比較してみても確かに生きやすいという実感があります。

というわけで、今回は承認欲求がない人が精神的に楽に生きられる理由をその特徴とメリットから掘り下げていきたいと思います。

承認欲求の定義とは?

まずは、言葉の定義から見ていきましょう。Wikipediaでは次のように定義されています。

承認欲求(しょうにんよっきゅう)とは、「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」という欲求であり、「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれる。

引用:「承認欲求」2020年3月7日 (土) 02:17UTCの版 Wikipedia日本語版
(一部を赤字で強調しています)

ここにある通り、承認欲求は2つに大別することができます。

  1. 他者承認欲求
    他人から認められたい欲求を意味します。
  2. 自己承認欲求
    自分自身が価値のある存在だと認めたい欲求を意味します。

世間で一般的に言われる承認欲求は①(前者)です。そりゃ、②(後者)は自分自身の問題であり他者から観察することができませんからね。

つまり、世間で言われる承認欲求のない人とは、他者から認められたい欲求が少ない人のことを指すわけです。

承認欲求がない人の特徴

人に依存しない

承認欲求がない人は自分自身を価値ある存在として十分に認められている人です。ですから、他者の承認を欲する必要性は小さくなります。

もちろん、ゼロになるわけではありませんが、承認欲求が強い人からすると、承認欲求がないように思われるでしょう。

仮に人の承認欲求の全体を10と考えてみると、承認欲求がない人は自己承認:他者承認=9:1、承認欲求が強い人は自己承認:他者承認=1:9といった具合になるでしょう。

以上のことから、承認欲求がない人は他人に依存しづらいと言えます。

評価は結果と見ている

承認欲求の強い人は、評価を得るために行動をとります。つまり、評価や承認自体が目的になっているわけです。そりゃ、承認欲求が強ければ、いち早く評価が欲しくなりますもんね。

一方で、承認が弱い人は評価や承認は結果としてみています。ですから、評価や承認のために行動することはないわけです。あくまで、評価や承認は後からついてくるものだと考えています。

承認欲求がない人のメリット

では、具体的に承認欲求がない人にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ブレにくくなる

人の評価を意識しすぎると、上司や部下の評価が気になるから忖度をして自分の意見を曲げたり、家族・友達・恋人の評価を優先するあまりに自分の考えを通すことができなくなります。

つまり、ブレやすくなるわけです。

一方で、承認欲求がない人は他者の評価を求めません。それには、人の評価に必要以上に左右されないというメリットがあります。つまり、合理的に考えたうえで必要と思われる意見のみを採用することができます。

以上のことから、自分の芯をずらさないブレない人なるわけです。

人間関係が楽になる

承認欲求がない人には、人間関係が楽になるというメリットがあります。

承認欲求が強い人は、人に承認してもらえるためなら、自分が嫌だと思う行動をとります。つまり、評価が第一義となり、自分の考えや気持ちは第二となるわけです。

そうすると、知らぬうちに人間関係の悩みを抱えてしまうことになります。

一方で、承認欲求はない人は積極的に承認してもらいたいとは考えていません。自分の行動が結果として評価されたらいいや程度しか考えていないわけです。

そうすると、人の評価を気にして自分の意見を曲げる必要性が無くなり、いい意味で自分のやりたいように行動することができます。つまり、人間関係に悩みにくくなるわけです。

また、皮肉なことにそういう方のほうが周囲の評価が高い傾向にあります。

幸福を追求しやすい

承認欲求がない人は幸福を追求しやすくなります。それは他人の評価ではなく、自分の気持ちに素直に従って生きていけるからです。つまり、人に縛られずに済むというわけです。

逆に、承認欲求が強ければ、常に周囲の目線や評価に気を配らなければなりません。そうすると、自分を抑える必要が生じ、精神的に疲労してしまいます。

つまり、承認欲求が少ないと自分の気持ちに従えるようになり承認欲求が多いと他人の評価や意見に従わなければならなくなるわけです。

以上のことから、承認欲求がない人は幸福を追求しやすいといえます。

まとめ

  1. 承認欲求とは?
    他者承認欲求自己承認欲求の二つに大別されます。ただし、自己承認欲求は周囲から観察することはできません。そのため、世間一般では他者承認欲求のことを承認欲求として捉えられています。
  2. 承認欲求のない人の特徴は?
    人に依存しない点周囲からの評価を結果として見ていない点などが挙げられます。イメージとしては独立独歩タイプの人を想像すると分かりやすいと思います。
  3. 承認欲求のない人のメリットは?
    承認欲求がない人は、他人の評価に一喜一憂しません。それにより、「軸がブレない点」・「人間関係が楽になる点」・「幸福を追求しやすい点」など多くメリットを得ることが出来ます。ですから、承認欲求が強い人と比較すると相対的に生きやすいといえます。