愚痴が多い人に共通する特徴と対処法について具体例を交えて紹介するよ

会社でもプライベートでも愚痴の多い人っていますよね?

「俺の頑張りが認められない」とか…

「私の気持ちを察してくれない」とかね…

毎回そのような愚痴を聞いていると、聞いている側が疲れますし、ストレスもたまります。

そこで、今回は愚痴の多い人に共通する特徴と対処法について具体例を交えて解説します。

愚痴の定義とは?

まず、愚痴の定義を明確にしてから考えたいと思います。

辞書で言葉の意味を調べると次のようにありました。

①言ってもしかたのないことを言って嘆くこと。

②仏語。三毒の一。心性が愚かで、一切の道理にくらいこと。心の迷い。また、そのさま。

引用:小学館 デジタル大辞泉より

日常で使われる愚痴の意味は①の「言ってもしかたのないことを言って嘆くこと」ですね。

例えば、上司に自分の頑張りが認められなくて、昇進できなかったことを嘆いて、悪口を言っても、何かの問題が解決するわけではありません。

つまり、愚痴には一切の生産性がないわけです。

そのため、愚痴を言う暇があるなら、その状況を変えられるように努力するほうが良いです。

愚痴が多い人の特徴

承認欲求が強い

愚痴で現状を打開することはできませんが、承認欲求を満たすことは出来ます。

例えば、愚痴を言われると、私たちはどう反応するでしょうか?

大抵は「気持ちが分かる」と共感し、相手の感情を肯定するでしょう。

そうすると、愚痴を言った側は自分のことを分かってくれた・認めてくれたと感じます。

私の周りにも先輩の愚痴を言ってくる知り合いがいます。

私は、いつも適当に「分かる!」とか「それは先輩が悪い!」など相手に同意するようにしています。

そうすると、相手は満足して「話を聞いてくれてありがとう。スッキリしたわ」といってくれますからね。

逆に、愚痴を言った相手に説教をするとどうでしょうか?

愚痴を言う側は良い気分にはなりません。

そりゃ、自分のことを認めてもらいたいのに、否定されたわけですから。時には、それが原因で言い争いになる場合もあります。

以上より分かるように、愚痴が多い人には「承認欲求」があるわけです。

責任感が乏しい

武田信玄の名言に「一生懸命だと知恵が出る。中途半端だと愚痴が出る。」というものがあります。

これは、確かにその通りで、責任感を持っている人間は一生懸命に物事に取り組みます。

そのため、愚痴を言う暇があるなら知恵を絞ることに時間を使います。

実際、責任感の強い人は文句を言う前に手を動かしますし、仮に文句を言いながらも手が動いています。

一方で、責任感の無い人は中途半端に物事に取り組みます。そのため、問題にぶつかると逃げてしまい、愚痴を言ってしまうわけです。

愚痴言えば、簡単に他者や環境に責任を押し付けることができるので、それで無理やり自分を納得させようとする人もいます。

ストレス耐性が高い

愚痴の多い人はストレス耐性が高いです。

その理由は、愚痴を吐くことでストレスを発散することが出来るからです。

逆に、愚痴を言えない人は知らぬうちにストレスを蓄えてしまっている可能性があります。私もそれが原因でメンタルのバランスを崩した人を知っています。

そういった人と比較すると、愚痴を吐くことでストレスを発散できる人は幸せ者なのです。

ですから、完全に否定するのではなく、時にはうまく愚痴を活用して息抜きをすると良いです。

そうすれば、ストレスへの耐性をある程度身に着けることが出来ます。

愚痴が多い人への対処法

頑張りを認めてあげる

愚痴が多い人の「頑張りを認めること」が重要です。

承認欲求を満たせば、ぶつぶつ文句を言いながらも頑張ってくれますからね。

つまり、「愚痴を聞いて共感する」だけで十分なメンタルケア効果があるのです。

「愚痴を聞くこと」は時として面倒ですが、扱い易いと考えることもできます。むしろ、愚痴を一切言わない人の方が大きな闇を抱えていることは多いです。

ですから、愚痴を言われたら否定するのではなく、共感して認めてあげるようにしましょう。

愚痴に反論する

最悪の場合、人間関係が破綻する可能性があります。

しかし、それでも良いと思えるほどの愚痴の多さなら、反論するのもありでしょう。

愚痴を聞きすぎて自分がしんどくなりそうな時は試してみると良いでしょう。

そうすれば、愚痴をぶつけられる機会も減ります。

とはいえ、基本的には前述した「頑張りを認めてあげる」という対処法がおススメです。

まとめ

愚痴の意味は?

言ってもしかたのないことを言って嘆くことです。そのため、愚痴を吐くこと自体は本質的に無意味な行為と言えます。ただし、愚痴を言うことでストレスを解消できることもあります。

愚痴が多い人の特徴は?

愚痴が多い人の特徴として、「承認欲求が強い」・「責任感に乏しい」・「ストレス耐性が高い」などが挙げられます。

これらの特徴の中でも、「承認欲求が強い」という傾向は多くの人に共通しています。

愚痴が多い人への対処法は?

基本は「相手を承認すること」です。

そうすると、相手は「自分を認めてくれた」と安心し、たまったストレスが解消されます。

愚痴の相手になるのは大変なことではありますが、奉仕の精神で相手のことを受け入れると良いでしょう。

そうすれば、いざという時に味方になってくれることもあります。