凡事徹底-当たり前のことを当たり前にやることの難しさと重要性-

人間関係・自己啓発

スポーツ、勉強、仕事など様々な分野において成功を収めるために、共通するものって何なんでしょうか?それは、凡事徹底です。ちなみに、凡事徹底の意味は次の通りです。

なんでもないような当たり前のことを徹底的に行うこと

実用日本語表現辞典

それにも関わらず、人は当たり前のことをするよりも、奇をてらったようなことを好みます。おそらく、人に差をつけるためには、人と違うことをしなければならないという固定観念があるからでしょう。だから、世の中には~~式メソッドと呼ばれる特殊な方法がもてはやされたりするのかもしれません。

というわけで、今回は僕の周りで起きた「凡事徹底の失敗例と成功例」と「イチローの凡事徹底に関する名言」を紹介して、凡事徹底することの難しさとその重要性についてお話します。そして最後に、凡事を徹底する方法についてご紹介したいと思います。

凡事徹底の失敗例

これは、僕が中学生の頃の話です。あまりに印象的な出来事だったので、今でも覚えています。僕が所属している野球部には同世代で一番速いボールを投げられる投手がいました。そのため、その投手が3年生となる翌年にはかなり強いチームになるのではないかと期待をされていました。

しかし、翌年その投手はレギュラーから外されてしまいました。もちろん、怪我をしたわけではありません。そう彼は、凡事ではなく奇策に走ってしまったのです。なんと、如何わしい野球上達塾にのめり込んでしまったんです。その結果、フォームは崩れてしまい、結局かつての球威を取り戻すことはできませんでした。長い目で見れば、中学生の時なんて基礎固めの時期なんですから、それこそ凡事徹底(投げ込み・ランニング・シャドーピッチング等)でいいはずなのに…

もちろん、新たな方法論に興味を持つことを否定するわけではありませんが、そういうものに対してもう少し疑いの目を持つべきなのかもしれませんね。

凡事徹底の成功例

これは、就活で大企業の部長から面接を受けたときの話です。その方は子会社の経営再建を託され、その子会社に出向したそうです。まず、そこの社員と打ち解けることが重要だと考え、自ら積極的に挨拶を行っていたそうです。しかし、子会社の社員はその人を自分たちを切るために出向してきたと考えていたので、挨拶されても無視を貫いたそうです。あまりよろしいことではありませんが、子会社の社員の気持ちもよくわかります。

その方の凄いところは、そこで折れなかったところなんですね。向こうが返事を返してくれなくても、挨拶を毎日欠かすことなく続けたそうです。その結果、子会社の社員も少しづつ挨拶をしてくれるようになり、最終的には子会社の社員の方々も心を許し、経営の再建の手伝いをしてくれたそうです。

まさに、凡事徹底!

この話を聞いて、当たり前の行為を徹底することの難しさと重要性を改めて実感させられました。

イチローの名言に見る凡事徹底の精神

小さいことを重ねることが、とんでもない所に行くただひとつの道

イチロー

この名言の意味自体は「塵も積もれば山となる」や「継続は力なり」ということわざのほうがしっくりきますが、塵や継続に焦点を当ててみるとそれは、凡事だったりします。それはレジェンドのイチローであっても変わりません。高校生時代のイチローは練習時間外で行う10分間の素振りを毎日の日課にしていたそうです。正直な話、一日だけなら10分の素振りなんてだれでもできるレベルの凡事です。しかし、それを365日毎日続けられるか?と聞かれると答えに窮してしまいます。練習がきつかった日や体調の悪い日でもやらなきゃいけないわけですし…

視点を逆にすれば、天才にして努力家であるイチローでさえ継続可能性のことを考慮したら、一日10分の素振りしかできなかった考えることもできるかもしれません。つまり、人は凡事でなければ継続することができないといえるかもしれません。

凡事を徹底するために…

ここまで、読み進めてどのように思いましたか?凡事を徹底することの難しさと重要性を感じられたかと思います。というわけで、ここからは凡事を徹底するための方法についてお話していきたいと思います。

志(目的)と目標を設定する

ここで大事なのは、目標だけでなく志(目的)を持つということです。そうじゃなければ、モチベーションが長続きしません…

例えば、「TOEIC800点を獲得するという目標を漫然と掲げて勉強する」と「将来に海外で働きたいという目的を達するためには社内制度上TOEIC800点以上を獲得する必要がある。だから、TOEIC800点を獲得するという目標を立てて勉強する」では、モチベーションに大きな差が生まれますよね?

あの吉田松陰の名言には次のようなものがあります。

志定まれば、気盛んなり。

吉田松陰

現代的な言葉に言い換えると、が定まれば、やる気に満ち溢れる(気盛んなり)という意味です。先ほど示した例を振り返ってみると、後者には「将来海外で働きたい」という志(目的)がありますね。すると、やる気をもってTOEICの勉強に取り組むことが出来ると言うわけですね。

もちろん、志が定まり、気が盛んになっただけじゃ何もできません。海外で働きたいからっていきなり海外にいって職探しでは、リスクが大きすぎます。テレビを見れば、そんな人でも成功している人がいるから大丈夫でしょ!って思うかもしれませんが、あれは成功しているから映っているだけでその裏に取り返しのつかない失敗をした人もたくさんいるはずです。だから、目的だけみて突っ走るのも考えものです…そのため、志(目的)を持ち、目標を定めることが重要というわけですね。

目標を細分化し、日々やることを明確にする

一度目標が定まったら、その目標を細分化し日々のノルマを明確化します。あとは明確化したノルマを淡々と実行するだけです。

例えば、TOEICの点数を500点から600点に引き上げることを目標としていたとしましょう。この目標(500→600)を達成するために必要な時間は250時間と言われています。例えば、15分間リスニング、15分リーディング、15分間単語や熟語の暗記をすることをノルマにします。通勤・通学の時間を有効活用したり、スマホをいじる時間を勉強に利用すれば、一日当たり45分間なんて簡単に作ることが出来ますよね。それを一年間続ければ、274時間の勉強時間を確保することができます。そうすれば、目標は達成できるでしょう。

しかしまぁ、ことわざにも「言うは易し行うは難し」とあるように、行動するだけでも難しいものです。しかも、その行動を継続させなければならないわけですからね。だから、それなりのモチベーション精神力が必要だったりします。

まとめ

  • 凡事徹底の意味は?
    なんでもないような当たり前のことを徹底的に行うこと」です。(実用日本語表現辞典より)
  • なぜ、人は凡事を徹底できないのか?
    一つ目の理由は、奇策を好み、楽をして人を追い抜こうとするからです。長期的な目線で考えれば、邪道は正道に勝てません。二つ目の理由が、凡事を継続するモチベーションを維持できないからです。
  • 凡事を徹底するためには?
    志(強い目的意識)
    適切な目標設定が重要となります。あとは、目標設定から逆算して日々の凡事を決定し、それを着実に実行すれば問題ありません。