世の中の社会人は勉強しない!忙しい社会人が勉強をするための5つの具体策について

人間関係・自己啓発

平成28年度の社会生活基本調査によると、日本の社会人(25歳~59歳)の一日当たりの平均勉強時間は7分から13分程度となっています。一週間での勉強量に換算すると、1時間程度となります。

このようにみると、「日本の社会人がいかに勉強していないか」がお分かり頂けると思います。

これは大きなチャンスです。なぜなら、勉強するだけで周囲に勝つことができるからです。

というわけで、今回は忙しい社会人が勉強・自己啓発をするための方法について解説したいと思います。

通勤時間を勉強時間に変えよう

まず、通勤時間のスマホを辞めます。そして、本を読みます。

この方法は、電車通勤の場合しか使えませんが、効率的な時間の使い方です。仮に往復で60分電車に乗ると仮定すると、60分×5日で5時間もの勉強時間を確保できますからね。

電車通勤でない方は、オーディオを利用して勉強をしましょう。例えば、英語のリスニングなら車でも徒歩でも勉強可能です。

また、amazonのaudibleを活用するという手もあります。audibleとは本の朗読サービスのことです。一か月間の無料体験も開催されているので、興味のある方はAudibleを試してみると良いでしょう。

寝る前の5分を勉強に充てよう

寝る直前に見ているものはなんですか?と聞けば

多くの人はスマホの画面と答えることでしょう。

スマホを操作していると、10分程度なんてすぐに経ってしまいます。その内容も翌朝にはほとんど覚えていないことでしょう。寝る前のスマホ操作は睡眠時間を削るだけです。

ですから、就寝前はスマホではなく横になりながら勉強をしましょう。そっちのほうが結果として、早く寝ることができます。

ちなみに、人は寝ている間に記憶が整理されるので、寝る直前には暗記系の勉強がおススメですよ!

休日の朝は1時間勉強をしよう

休日は平日の疲れで一日中休息モードという方は多いのではないでしょうか?

しかし、休息ばかりしていては逆に疲れてしまうことも…

そんな時におすすめなのが「朝勉」です。朝に勉強すると頭が目覚めますよ。そうすると、一日を有意義に過ごしやすくなります。要するに、休日でもメリハリは重要というわけです。

自己啓発と休日の充実を両立できる朝勉はおススメですよ!

スマホとテレビを見ない時間を作って本を読もう

なぜ、多くの人がスマホやテレビを見すぎてしまうのでしょうか?

その理由はだからです。確かに、世の中でテレビやスマホを見るのに体力を使うという方はいなさそうですもんね。

しかし、スマホやテレビを見てもほとんど勉強にはなりません。

しかし、本は違います。読書をしている間は適度に頭を使いますし、良質な書籍からは小説であっても、多くの学びを得ることができますからね。そして、何より読書は楽しいものです。

次の記事の第3位の部分におすすめの本(自己啓発以外)を紹介しています。どの本もテーマ性のある良書ですよ。興味のある方は息抜きがてらに読んでみてください。

【保存版】理系の大学生が絶対に「やるべきこと」ランキングtop5を紹介するよ

生産的な趣味を持とう

生産的な趣味を持つのも良いでしょう。生産的な趣味も勉強になりますからね。

ここにおける生産的な趣味とは、良質な人脈の形成人間的な成長金銭的な収入を伴う趣味と定義します。

ボランティア活動

人脈を形成できる趣味の例としては、ボランティア活動が挙げられます。

ボランティア活動では収入を得ることはできませんが、多くの心優しい人に出会うことができます。また、金銭や肩書きが介在しない人間関係を築けるのも良い点と言えるでしょう。

金銭で繋がった人はお金が無くなれば離れますし、肩書きで繋がった人は肩書きが無くなれば離れていきます。しかし、心で繋がった人間はそう簡単に離れませんからね。

教育関係のボランティアor副業

年を取るごとに重要となる能力は「人を教育する力」です。

皆さんも「金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流」という名言を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?これは、後藤新平さん(戦前日本の政治家・医者)の言葉です。

また、野村克也さんの言葉にも「財を遺すは下、仕事を遺すは中、人を遺すは上」という似たものがあります。

以上のことからも分かるように、人を育てることは極めて大切なことなのです。教育関係のボランティアや副業をすれば、人を教育する能力を磨くことができます。

副業であれば、金銭的な収入も得られますから一石二鳥とも言えるでしょう。

まとめ

日本の社会人はとにかく忙しいです。自己啓発の時間を取れないのはある意味当然と言えるかもしれません。

しかし、そのような言い訳をしていても周囲の人を圧倒できるはずがありません。ですから、何とかして時間を創造しないといけないわけです。

というわけで、今回は忙しい社会人が勉強・自己啓発の時間を確保するための具体策について説明させていただきました。この記事が皆さんの参考になると幸いです。