ポイズンリムーバーが蜂・蚊・ブヨなどの虫刺されの応急処置に役立つという話

役立つ知識

先日、バイクを運転していた際に蜂と衝突して、その拍子に服の中に蜂が侵入し、体中を刺されるという大変な目に遭いました。

確率的には、このようなレアケースに出会うことはほとんどありませんが、万一というケースもあり得ます。もし、アナフィラキシーショックになったらと考えると恐ろしいですもんね。

また、蚊やブヨなど害が少なくても、刺される確率の高い虫も嫌なものです。そのような、人を刺す外注に対する備えとして有効なのが、今回ご紹介する「ポイズンリムーバー」です。

ポイズンリムーバーとは

ポイズンリムーバーは、応急処置的に患部から毒を取り除くためのものです。仕組みは、採血の際の注射器と同様で、ピストンを引き上げることで体内から毒を吸い出します。

製品の形状はこのような感じで、非常にコンパクトです。また、取り扱いも非常に簡単です。

ポイズンリムーバーのメリット

適用先が広い

蜂、ブユ、アブ、蚊など様々な虫刺された時や蛇にかまれた時に利用することが出来ます。このように、利用先が幅広いのがポイズンリムーバーの特長の一つです。

そりゃ、毒を体内から取り除くという仕組みですからね。ですので、野外作業やレジャー時には携行することがおススメです。

軽くて小さい

ポイズンリムーバーの材質はプラスチックで非常に軽量です。また、大きさも手の平サイズで携行性は抜群です。ですから、バック等に入れていても邪魔になりません。

冒頭で紹介したように、いつ何時虫に刺されるかは分からないわけですから、常に携行可能なポイズンリムーバーは非常に有用と言えます。

症状を軽減できる

ポイズンリムーバーによる応急処置で毒を取り除くことが出来れば、当然症状を軽減することが出来ます。そりゃ、体内の毒を除くことが出来るわけですからね。

もちろん、刺されている以上、症状を皆無にすることは不可能ですけどね。ですから、ポイズンリムーバーがあるから、医療機関に受診しに行かなくても良いということにはなりません。

価格が安い

ポイズンリムーバーの相場は、~1000円程度です。万が一のリスクに備えるための対価としては、安価といえるのではないでしょうか?また、カップは消毒さえすれば、複数回の使用が可能なので、ランニングコストもかかりません。

最後に

備えあれば憂いなし」・「転ばぬ先の杖」などのことわざにもあるように、リスクに備えておくことは非常に大切なことです。

以前、「安全」と「安心」の違いについての記事でご紹介したように、安全かどうかは「危険度」×「頻度」によって考えることが出来ます。そして、現実的には安全を手に入れるために必要な費用についても考える必要があります。

「安全」と「安心」の意味の違いとは?そこから見えるリスク管理の問題点

その点、ポイズンリムーバーは優れています。非常に安価ですからね。

庭いじりやキャンプや川遊びなどアウトドア系の趣味を持つ方は万が一のための用意しておくと良いでしょう。持っておくだけでも、刺されたときの焦り方が変わるものですよ。