【コスパ】予算1万円ならbodum BISTROの電動ミルがおすすめな件

ハンドミルでコーヒー豆を挽くのが面倒になり、ついに電動ミルを購入しました。

結論から言うと、買ってよかったです。

その理由は、想像以上に豆を挽く手間が省け粒度も均一になり味が安定したからです。

今回は予算一万円で買えるおススメ電動ミルについてご紹介いたします。

この記事を見て分かること:予算一万円で買えるおすすめの電動ミル

比較した電動コーヒーミル

ネットにおける基本的な物の購入方法は2ステップで完結します。

今回は、この手順でいくつかの電動コーヒーミルを比較しました。

  1. 予算決め
    いくらまでお金を出せるか考えます。
  2. 商品性能比較
    レビュー・価格を基に購入する商品を決めます。

デロンギ臼式グラインダー

価格も6000円前後と予算内ですし、有名ブランドであるデロンギ製なのもポイントが高いです。

また、挽く方式が臼式なので粒度が均一になります。特に、細挽きの性能は高いです。

デロンギ自体がエスプレッソの本場であるイタリア発祥ですからね。

細挽きには強いこだわりがあると思われます。逆に、粗挽きの性能は多くの微粉がでるため低いです。

そのため、フレンチプレスなどに使用する粗挽きへの対応力には欠けます。

もう一つ欠点としては、静電気による微粉の飛散が挙げられます。コーヒーの粉が帯電するプラスチックの容器に張り付き掃除が面倒になります。

今回は、要求品質がずれていたので今回は購入しませんでした。

エスプレッソをメインで嗜むのであれば、購入していたと思います。

ドリテック臼式グラインダー

値段は6000円前後と予算内です。

日本企業で本社も埼玉県にあります。

そのため、サポートや故障・修理対応には期待ができます。

もちろん、製品としての性能も高く多くの方から購入されています。

ただし、欠点もあります。静電気による微粉の飛散です。粒度に関してはデロンギと同じく、細挽きの性能が高いです。

性能としてはデロンギと似たり寄ったりなので、その辺りはブランドの好みで判断すると良いです。

こちらも要求品質がずれていたので今回は購入しませんでした。

エスプレッソ~ハンドドリップをメインで嗜むのであれば、購入していたと思います。

bodum BISTROのレビュー

総評

値段は10000円前後と予算ギリギリです。

メーカー名はボダムです。デンマークで生まれスイスで成長した企業です。

タンブラーやグラスからコーヒーメーカーやティーポット等を扱う大手メーカーです。

日本において有名ではありませんが、歴史のあるいい会社です。

本製品の利点は中挽きから粗挽きの性能です。上に挙げた製品ではできない粗挽きを得意とします。

逆に、エスプレッソ用の細挽き性能はあまり高くありません。

また、粉受けは耐熱ガラスで作られているため、静電気の影響をあまり受けません。

地味な利点ではありますが、実際に使ってみるとその効果は絶大です。

デメリットは、比較的値段が高いことです。

とはいえ、1万円程度で購入できるほどの値段なので、コスパは十分です。

ハンドグラインダーとの比較

ここからは、以前使用してたハンドグラインダーとの性能比較です。

味に安定性が出る

ハンドグラインダーだと毎回粒度が変わります。そのため、安定した味を出しづらいです。

一方で、電動グラインダーでは毎回粒度が均一なので味が安定します。

雑味が減る

同じ豆で比較しても、粒度の均一化によって雑味が減少すると体感できました。

掃除が面倒に

ハンドグラインダーは分解が簡単です。そのため、簡単に丸洗いできます。

性能・特長

  • 12段階の粗さ段階
    気分によって少しだけ粒度を変えられるのが嬉しい。
  • コニカル式で比較的粒度均一
    ハンドグラインダーよりも粒度均一で味も安定。
  • 小石安全機能
    故障リスクを減らせる。
  • ガラス製コーヒー受け
    帯電防止により粉の掃除が簡単。
  • 中粗挽き性能
    コーヒープレス用にも挽ける。
  • 見た目がお洒落
    インテリアの一部として利用できる。
  • 金属部の掃除が面倒
    金属臼部の清掃が難しい。

見た目

北欧風のデザイン性はなかなか良いです。

シンプルなデザインなので、部屋の雰囲気にも合いやすいですね。

使用感

一度使用するとこんな感じです。微粉が刃の周りについてしまいます。

水洗いするとサビの原因になるので、乾燥したブラシ等でお手入れをする必要があります。

外側の刃は取り出してお掃除できるのでそれほど手間はかかりません。

しかし、内側の刃は取り出せないので、掃除に少し手間取ります。予め、刷毛を購入しておくと良いでしょう。

また、粉の出口を見てみると次のようになっていました。トントンと叩くと微粉が落ちてきます。

ここの掃除もむずかしいですが、叩けばほとんどの微粉は落ちるので気にするほどではないです。

まとめ

予算一万円で十分な性能のコーヒーグラインダーを選ぶことができます。

電動グラインダーは本当に便利なので、コーヒー沼に嵌りそうな方にはおすすめですよ。

私は、ペーパードリップ・フレンチプレスで飲むことが多いため、BODUMのコーヒーグラインダーを購入しました。

エスプレッソ系統が好みの方は、デロンギ・ドリテック製のコーヒーグラインダーを購入すると良いと思います。

こちらでは、おススメのコーヒーカップもご紹介しているので、興味のある方はご覧ください。

おススメの北欧ブランド「Qdo」でティータイムを優雅に楽しもう