【ロジハラとは?】具体例を交えてロジハラが起きる原因と対処方法について徹底解説

世の中には、いろいろなハラスメントがあります。セクハラ・パワハラ・オワハラ・スメハラなど..

ついに、ロジハラというハラスメントまで誕生しました。

その意味は「相手の気持ちを考えずに、正論(論理的に正しいこと)ばかり突きつけること」です。

そのため、正論ハラスメントとも呼ばれます。最近では、ワイドナショーでも取り上げられましたね。

しかし、なぜ正論がハラスメントになってしまうのでしょうか?

一見おかしいと思いがちなロジカルハラスメントですが、そこには意外と深い闇があります。

この記事でわかること
・ロジハラの定義と具体例
・ロジハラしないための心得
・ロジハラを受けた時の対処法

ロジハラの定義とは

ロジハラとは、ロジカルハラスメント(logical harrassment)の略です。

その定義は「論理的に正しいことを言うことで、相手の気分を害する行為」です。

ロジハラは、論理を説得目的ではなく論破やマウンティングの目的として活用するために起こります。

論理的に正しい指摘でも、相手を思いやる心がなければ、ハラスメントになり得るのです。

人を説得し、正しい道に進ませるためには、人を思いやる気持ちが一番です。

指摘や説教でマウンティングする人の意見はあまり聞きたくないですよね?

ロジックは正しくても、思いやりがなければ、ハラスメントになる

ロジハラの具体例

ホリエモンの事例

ロジハラの典型例としては、ホリエモンのツイッターでの発言が挙げられます。

この発言には、ネットでもロジハラだという声が上がっており、世間的なロジハラの認識とも一致しています。

厳密に言うと、この発言も正しくありません。保育士は国家資格であり、資格を取らないと保育士になれませんからね。ただ、発言の真意はそこにないので、スルーします。

ここで、ホリエモンが言いたいのは、「保育士の試験は難易度が低く、多くの人が努力をすれば手に入れられる資格であるために、潜在的な供給量が多くなり、賃金が低下する。」です。

それに煽り言葉を加えると「保育士の給料が低いのは誰にでもできる仕事だから」という発言になります。多少の間違いはありますが、大局的に見ると正しいです。

しかし、言葉に思いやりがありません。

人格に対する攻撃が含まれていますし、職業に対する尊敬が一切ありません。

ですから、ロジハラと揶揄されてしまったわけです。

ロジハラにならない文章例

ここで、ロジハラにならない文章を考えます。

保育士の給料が低い理由として資格の難易度が低いことが挙げられます。

そのため、多くの人が保育士になれます。それは潜在的な保育士の数を増やすことに繋がり、需要と供給のバランスが崩れ給料が低くなります。

この文章なら、人々から感情的な反感を買う方は少なくなりますね。

ロジハラをしないために

クッション言葉を使う

直接的な言葉は、人を傷つけます。そのため、クッション言葉を使いましょう。

  • 悪い例:この資料には具体例がなく説得力がない。作り直しだ。
  • 良い例:悪くない資料だけど、具体例が少なくて説得力が少し足りないね。そこを意識して作り直そう。

同じ事ですが、受け手の精神的ダメージは大きく変わります。

余分な精神的負荷をかければ、パフォーマンスも低下するので、いいことがありません。

ですから、苛立つ気持ちを抑えつつ、なるべく穏やかに説得することが大切です。

指摘する目的を考える

上司や先輩が叱ったり、説得したりするのは、正しい道を示すためです。

その目的に立ち返って考えると、指摘や説教をする際に、相手を尊重することが合理的だとわかります。

目的意識を持ち、相手の感情を考慮してロジックを組み立てよう

思いやりの心を持つ

思いやりの心を伝えられれば、耳が痛い正論でもハラスメントには感じません。

逆に思いやりがなければ、どんなに正しいことであっても相手に聞き入れられません。感情的な反発を受ける可能性すらあります。

思いやりの心を持てば、ロジハラを防止しつつ、相手を思い通りに動かせます。北風と太陽の話にも共通する部分です。

思いやりの心をもって、ロジカルに指摘しよう

人格を否定しない

当然のことですが、人格を否定してはいけません

ホリエモンの発言も一種の人格否定です。注目を集めるために意図的な行動ですから、理解できないわけではありませんが…

人格否定が入った正論は、受け手に精神的な負荷をかけ、無用な感情的反発を生みます。職場でうつ病を量産する上司はこの特性を持っています。

ロジックを利用した人格否定は絶対にしてはいけません

言い負かすことを目的にしない

ロジックによって言い負かすことを目的とする人もいます。

つまり、ロジックを武器にマウンティング行為をするわけです。

それが正論ハラスメントの正体です。目的を見失ってしまうと、ロジックは正しくとも間違えるのです。

目的意識をもってロジックを組み立てよう

ロジハラ対策

論理だけを追いかける

パワハラ気味の人は、人格攻撃などの毒を混ぜた正論を言います。

その場合は、論理だけを追いかけましょう。

話し手の正しい部分のみを見分けられれば、精神的なダメージも少なくなります。

正しい主張のみに耳を傾けよう

自分のできる範囲で考える

正論ではあるが、自分の実力を鑑みたら不可能なこともあります。

その場合は、できる部分できない部分に切り分けましょう。

できる限界以上のことを指摘されても「仕方ないじゃん?」ぐらいの気持ちでいれば良いのです。

この考え方を全面に出すのは問題です。

しかし、モチベーションの維持が難しい時には、開き直ることも大切です。

自分のできる範囲で考え、できない部分は開き直ろう

まとめ

ロジカルハラスメントは「論理的に正しいことを言うことで、相手の気分を害する行為」です。

ロジハラが生まれる理由は、次の二つです。

  • マウンティング目的
  • 相手への思いやりにかける

そういった意味では、合理的なモラハラとも言えます。

ロジハラをすると、自分の主張が聞き入れられず、相手からの無用な反発を受ける恐れがあります。

ロジハラ防止の方法としては、論理に加えて共感熱意など良い意味で感情的な部分を含ませると良いです。具体的な方法についてはこちらの記事を参照頂くと良いです。

ロジハラ防止!ロジック×共感・熱意で人を説得できるという話

また、ロジハラ被害者は、精神的なダメージを受ける危険性があります。

そのような場合には、「論理だけを追いかけて参考にすること」・「自分のできる範囲で考えること」を意識して、精神的な負荷がかかりすぎないようにしましょう。

ロジハラと対になるエモハラについてまとめた記事もあるので、興味のある方はご覧ください。

逆ロジハラことエモハラについて考えてみた