【無知の知】できない人ほど勘違いする「ダニング・クルーガー効果」について解説するよ

人間関係・自己啓発

子供の時って「なんでもできるんだ!」っていう根拠のない自信を持っていた方も多いのではないでしょうか?いわゆる幼児的万能感というやつです。幼児的万能感については次の記事を参考にしてくださいね。

「幼児的万能化」とは何か?子供の心を持つ大人の特徴について考えてみた

それが社会の荒波に飲まれて自分の力を知り、自己評価≒他者評価となります。要は、様々な経験をして学ぶことで自分自身の無知を悟るわけですね。いわゆる「無知の知」というやつです。

この無知の知を悟ることで、人は実力をつけつつ謙虚になってゆくわけです。一方で、「ダニング・クルーガー効果」に代表されるように、無知の知を悟っていない人は、幼児的万能感に支配されたままで自己評価>>他者評価になるわけです。

というわけで、今回はできない人ほど自分の実力を勘違いしてしまう「ダニング・クルーガー効果」について解説したいと思います。

ダニング・クルーガー効果とは?

Wikipediaでダニング・クルーガー効果の意味を調べると次のようにあります。少し定義がややこしいですよね?難しい言葉も並んでいますし。認知バイアスとかメタ認知とか…

能力の低い人物が自らの容姿や発言・行動などについて、実際よりも高い評価を行ってしまう優越の錯覚を生み出す認知バイアス。この現象は、人間が自分自身の不適格性を認識すること(メタ認知)ができないことによって生じる。

引用:「ダニング=クルーガー効果」
『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2020年10月11日 (日) 10:57 

今回はこれらの難しい言葉をかみ砕いて解説を進めていきたいと思います。まずは、定義から説明したいと思います。

ダニング・クルーガー効果のシンプルな定義は、「能力の低い人物が自分の能力を客観視できず、過大評価することです。」これは認知バイアス(勘違い)の一種と考えることができます。このような勘違いに至る要因としてメタ認知(自分自身を客観視)が出来ていないことが挙げられます。

ダニング・クルーガー効果に似た言葉

ダニング・クルーガー効果を意味する言葉は、古今東西あらゆるところに見られます。この種の認知バイアスは、人類共通の特性と言えるでしょう。

今回はそのような言葉を分かりやすくご紹介したいと思います。

ソクラテス

古代ギリシャの哲学者であるソクラテスの言葉に「無知の知」というものがあります。その無知の知は次のように定義されています。

自らの無知を自覚することが真の認識に至る道であるとする、ソクラテスの真理探究への基本になる考え方。

引用:デジタル大辞泉(小学館)

もう少し簡単に解釈しなおすと、「自分自身の無知を知ることがあらゆるものを正しく知るための基本とである」なります。逆に言えば、自分を全てを知っているという態度で物事に対処すれば、いつまでたっても正しい認識に行きつかないということになります。

ラッセル

ラッセルは、数学者であり哲学者で、ノーベル文学賞も受賞しています。要は、様々な分野に精通しているスーパーマンというわけです。そのラッセルは次のような言葉を残しています。

私達の時代における苦しみの一つは、確信を持っている人間は愚かさに満ちており、想像力と理解力を持っている人間は疑いと執拗さに満ちていることだ

引用:「ダニング・クルーガー効果」
『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2020年10月11日 (日) 10:57 

ここに出てくる確信を持っている人間(無知を知らない人)は、自分の無知識を認識していないからこそ自信をもって物事を断定することが出来ます。あなたの周りにも無根拠にやります!できます!と根拠のない自信で押し切る人が多いのではないでしょうか?

逆に、想像力と理解力のある人間は、自分の知識や能力を疑います。要は、自分が無知であることを知っているわけです。だからこそ、疑いと執拗さに満ちてしまうわけです。

皆さんも、不自然に自信を持っている人の言葉には注意してくださいね。その裏は、自分の無知識にすら気付かない愚か者かもしれませんよ。

シェイクスピア

シェイクスピアも「愚か者は自身を賢者だと思い込むが、賢者は自身が愚か者であることを知っている」という言葉を残しています。これもダニング・クルーガー効果を示すものですね。

このように、ダニング・クルーガー効果が科学的に説明される前にも、このような認知バイアスの存在は認識されていたようですね。

中国の四字熟語

中国の四字熟語に「夜郎自大」という言葉があります。この言葉の意味は、自分の力量を正確に把握できず、尊大な態度を取っている者のことを指します。

これも、ダニング・クルーガー効果を表す言葉と言えますね。やはり、自分の実力が分かっていない人は勘違いしてしまうのでしょうね。

自分の実力を過信するデメリット

成長が止まる

当然のことですが、自分に実力があると過信すると、努力が出来なくなってしまいます。無知の知にもあったように、自分の実力や知識が足りていないと認識することが大切なのです。

これは新社会人にもよく見られる傾向で、学生時代に培った自信やプライドが成長の阻害因子になってしまうことがあります。そういう意味では、新社会人に厳しくすることにも意味があると言えるかもしれません。

周囲の協力が得られない

一緒に仕事をする人が、実力もないのに偉そうにしているとどのように感じますか?普通はイライラして協力する気が無くなってしまいますよね。

ですから、自分の実力以上に尊大な態度を取っていると周囲からの助けが得られなくなってしまいます。逆に、謙虚であれば周囲からの支援をしてもらいやすくなるでしょう。

他責傾向になる

自信が過剰すぎると自分の失敗・失言を認めることが出来ません。ですから、責任を他人に押し付ける傾向があります。上司の指導が悪いとか部下が思うように動かなかったから失敗したとかね。

自分のちっぽけなプライドを守るために、他人を犠牲にすることはあってはならないことです。もちろん、全てを自責的に考えることはきついですが、そうすることで人は成長することが出来ます。

自分の実力を過信しないために

自分の実力を過信しないためには、「挑戦」することが大切です。

それは、「失敗」と「成長」を同時に経験することが出来るからです。基本的に、人は挑戦すると必ず何度も失敗します。その過程で自分の自信やプライドが打ち砕かれ、自分の無知を知るわけです。これにより、自分の成長につながるわけです。

逆に、挑戦せず保守的な行動をとり続けていると、失敗のリスクが減ります。そうすると、自分の自信やプライドを打ち砕かれる機会が減少します。そして、自信過剰になる可能性があります。もちろん、謙虚な人は謙虚であり続けるんですけどね。

まとめ

  • ダニング・クルーガー効果とは?
    能力の低い人物が自分の能力を客観視できず、過大評価することです。
  • 実力のない人が陥る自信過剰のデメリットは?
    成長が止まる周囲の協力が得られない他責傾向にあるなどがあります。これらのことから分かるように、実力がない人が過剰な自信を持ってしまうと仕事ができなくなるリスクがあります。
  • 自信過剰にならないためには?
    挑戦すると必ず失敗します。そうすると、自分の中の過剰な自信やプライドが打ち砕かれ、謙虚になります。それと同時に、自分自身を成長させることが出来ます。これらのことから、実力>>自信となり、自信過剰の問題が解決されます。