スキー・スノーボードは危険?ゲレンデで絶対にしてはいけない行為とは?

スノーボード

先日とあるスキー場へと初滑りに行ってきました。その際に、一部のスキー・スノーボード客の危険行為を目にして驚きました。

イヤホンを付けながら滑っている人、ゲレンデの中央で座っている人々、平気でコース外滑走をする人、合流部付近でかっ飛ばす人、ニット帽すらかぶらない人、周囲確認を一切しない人などなど数え上げるときりがありません。

そういう行為を見るたびに注意したい気持ちにはなりますが、赤の他人には中々言いずらいものがあります。

ですので、今回は本ブログを通してスキー・スノーボードにおける危険行為について周知したいと思います。

スキー・スノーボードで怪我をする割合

2018/2019シーズンのスキー場傷害報告書によると、スキーヤーの受傷率は0.0096%、スノーボーダー受傷率は0.0136%となっています。受傷率の計算は、スキー場が把握している怪我の数/輸送人員で計算されます。

例えば、100人の客がそれぞれ10回ずつリフトに乗車して、一度だけスキー場に報告する怪我があったとします。その場合の受傷率は、1/(100×10)となるので、0.1%となるわけですね。

確率的に考えれば、私たちはリフトに乗るたびに約0.01%の怪我のリスクを背負っていると言えます。

しかし、実際に怪我をする割合はこの数字の数十倍程度はあるのではないかと考えています。受傷率の分子がスキー場が把握している怪我の数ですからね。

私もスノーボード歴6年程度ですが、病院に行かなくて良いレベルの怪我は沢山してきました。特に初心者の頃には。しかし、一度もスキー場に怪我の報告をしたことはありません。

といったように、スキー・スノーボードは怪我のリスクが高いスポーツです。しかし、危険を回避するための意識や装備があれば、怪我のリスクを低減することができます。というわけで、次はスキースノーボードにおける危険行為について紹介したいと思います。

スキー・スノーボードにおける危険行為

ゲレンデの真ん中で座り込む

ゲレンデの真ん中は座り込む場所ではなく滑る場所です。ですので、ゲレンデの真ん中で座り込んでいると、後方から滑ってくる人に衝突される危険性が高まります。

しかも、座り込んだり、寝転んだりしているとゲレンデの起伏の中に体が隠れてしまうことがあります。この場合、後方の人は気を付けようがありません。運が悪ければ、減速する間もなく衝突されるかもしれません。

一般に、衝突される側のほうが防御動作をできない分、大きな怪我を負いやすいので、自衛のためにもゲレンデの中央で転んだら、素早く隅のほうに移るようにしましょう。

イヤホンを付けての滑走

bluetoothイヤホンが普及し始めてから、イヤホンを付けたままゲレンデを滑走する危険な人間が増えました。イヤホンを付ければ、それだけ周囲の音を聞き取りにくくなります。そうなれば、人の気配に気づくことが出来なくなります。

例えば、自分の後方を滑走している人がいるとします。イヤホンを付けていなければ、滑走音が聞こえますから、後方に気を遣うことができます。

一方で、イヤホンを付けていれば、滑走音が聞こえなくなります。そして、後方にだれもいないと考え、トリックをしたとします。そうすれば、後方の人はその不規則な動きに驚くでしょう。場合によっては、衝突することもあるかもしれません。

このように、イヤホンを付けると、後方への注意力が散漫になるわけです。そうすると、衝突事故に巻き込まれる確率が高まります。ですので、滑走中のイヤホン着用は控えるようにしましょう。

コース外での滑走

リフトに乗っていると、必ずと言って良いほどコース外で滑走している人見かけます。しかし、このコース外滑走も非常に危険です。そりゃ、スキー場が管理していない場所を滑るわけですからね。

もしかしたら、雪のすぐ下に岩や木の根があるかもしれませんし、雪の内部に空洞ができているかもしれません。運が悪ければ、雪崩に巻き込まれてしまうこともあるかもしれません。

このように、コース外滑走には目に見えない危険が沢山あります。ですので、コース外滑走はしないようにしましょう。

ニット帽・ヘルメットを被らない

初心者の中には、ニット帽やヘルメットを被っていない人が多くいますが、実はこれも危険です。

例えば、転んで雪面に頭を打ったとしましょう。その時に、ヘルメットやニット帽を着用していればある程度衝撃を緩和することができます。しかし、何もかぶっていなければ、その衝撃をダイレクトに受けることになります。もし、雪面がアイスバーンだったらと考えると怖いですよね。

このように、ニット帽やヘルメットは防寒具の役割だけでなく、保護具としての役割も果たします。ですので、転ぶ確率の高い初心者の方はヘルメット又はニット帽を着用しましょう。

合流部付近でかっ飛ばす

ゲレンデの合流部は、交差点と同じで衝突事故が多く起こります。そのため、ゲレンデでも合流部注意・危険など表示があります。実際、高速滑走時の視界は思いの外狭いもので、進行方向以外あまり見えていませんからね。

しかし、合流部危険の表示を気にしない人がいるのも事実です。それは、合流部付近の衝突事故が無くならない大きな要因と言えます。

しかし、合流部付近でかっ飛ばす人に自制を促すのは現実的に難しいです。そのため、自衛のために合流部ではいつも以上に周囲確認を行いましょう。そうすれば、もらい事故を被る可能性を下げることができます。

まとめ

スキー・スノーボードは楽しいスポーツ・レジャーですが、一歩間違えると大けがをする危険なスポーツです。そのため、今回はスキー場で目撃した危険行為について説明しました。この記事を読んでくださった皆様も危険行為をしないように注意してくださいね!