最近の若者に愛社精神がない理由をゆとり世代の僕が考えてみた

学生向け

最近の若者は愛社精神が乏しいと言われています。内閣府の「平成30年度子供・若者白書」によると、転職に否定的なイメージを持つ若者(16~29歳)は17.2%しかいないそうです。愛社精神があれば、転職には否定的なイメージを持つはずですから、やはり最近の若者には愛社精神がないと言えるでしょう。

もちろん、僕も転職に対して否定的なイメージを持っていませんし、愛社精神も全く持っていません。会社に対する感謝の意は持ち合わせていますし、労働時間内は一所懸命に働いています。それなのに、なぜ愛社精神を持つに至らないのでしょうか?

というわけで、今回は「なぜ若者が愛社精神を持たず、むしろその言葉に違和感を感じるのか?」について考えてみました。初めに、愛社精神だけでなく、ナショナリズム、愛校精神にも共通する組織と自己の価値同一化についてお話していきます。その後、なぜ会社と自己の同一視が弱まったのかについてお話していきたいと思います。

組織と自己の価値同一化

自己のアイデンティティは、周囲との関係によって定義されます。息子・娘としての自分、父親・母親としての自分、会社員としての自分、学生としての自分、日本国民としての自分など様々な組織から自分のアイデンティティは構成されています。そのため、自身の価値と組織の価値を混同してしまうケースがよく見られます。さらに、そこに自己愛が絡みだすとより厄介になります。

例としては、「東証一部上場企業の○○株式会社に部長として勤めているから、一般市民よりも凄いんだ」とか「東京大学を卒業したから、東大卒以外のやつよりも偉いんだ」とか「父親が大手企業の役員だから、自分も偉いんだ」とか「日本は世界に誇る国家だから、その国民である自分は凄いんだ」などが挙げられるでしょうか?

正直言って、そんなものどうでもいい。と個人的には思っている。

属する組織の凄さによって自己愛を満たしたとしても、何にもなりません。その組織が没落又は消滅した時に自尊心はどうなるのでしょうか?おそらく、別の拠り所を見つけて自尊心を保つことになります…でも、それってなんだか虚しくありませんか?

しかしながら、世の中には組織に根差した自己愛が蔓延しています。その例が、愛社精神(会社と自分の同一視)であったり、愛校精神(出身高校・大学と自分の同一視)であったり、ナショナリズム(国家と自身の同一視)であったりするわけですね。

とはいえ、自分の会社の業績が向上したり、母校が甲子園に出場したり、日本人が金メダルを獲得したりすることを喜んだらいけないわけではありません。むしろ、喜ぶことが自然だと言えるでしょう。実際、僕も喜びますしね。しかし、その時に自分の価値と組織の価値を同化させてはいけません。結局のところ、個人と組織は別物なわけですし。

会社と個人の成長速度の逆転

自己と組織の価値の同一化」をしなくなったから、若者が愛社精神を無くしたわけではありません。実際僕も、愛校精神やナショナリズムに溢れる若者たちをこの目でみてきました。つまり、「自己と組織の価値の同一化」がなくなったわけではないのです。では、愛社精神が無くなった原因は一体何なのでしょうか?

それは、会社と個人の成長速度の逆転です。高度経済成長期(1955~1973年)には経済成長率が年平均で10%を超えていたそうです。そう、昔の会社は今では想像できないほどの速度で成長していたわけです。そのため、個人の成長<会社の成長という構図になります。その上、会社の成長は個人の成長よりも見えやすい形で現れます。豪華な社屋の新設とか会社負担での社員旅行などね…

一方で、現在の経済成長率はほぼ横ばいです。つまり、会社は成長していないということになります。もちろん、伸びている企業も多く存在しますが、高度経済成長期と比較するとその量が少ないことは明らかでしょう。また、若者はいつの時代だって成長期です。そのため、個人の成長>会社の成長という構図になるわけです。しかも、会社の退化は個人の退化より見えやすい形で現れます。リストラの実施や工場の閉鎖とかね。それがニュースで拡散されて明日は我が身…となるわけです。そりゃ、自分の会社への忠誠心も湧き出てきませんよね?

つまり、現代の会社には若者のアイデンティティの拠り所になれるほどの力がないということです。逆に言うと、昔の会社にはそれがありました。それゆえ、若者は自分たちの拠り所をプライベートに求めるのかもしれません。その証拠に次のような内閣府の調査結果があります。

引用:内閣府(特集 就労等に関する若者の意識

たった6年で仕事より家庭を優先する人の割合が10%も伸びているのは驚くべきことではないでしょうか?まぁ、質問の仕方が若干変わっているので、それによる影響も多少あるのかもしれませんが…高度経済成長期やバブル期のデータと比較できたら、もっとも面白いことになるかもしれませんね。

まとめ

「最近の若者は~」というレッテル張りをすること/されることはあまり好きではありませんが、世代という大きな単位で見るからこそ分かることもあります。そして、そういった世代における違いというのは、教育状況・政治状況・経済状況などに起因します。そりゃ、教育も政治も経済もその国に住むすべての人間に影響を与えるわけですからね。

そうなると、「愛社精神を持て!」というおじさんだって生まれる時代が20~30年遅ければ、現代の若者と同じことを言っているかもしれません。逆に、現代の若者が20~30年早く生まれていれば、「愛社精神を持ちなさい」と説教しているかもしれません。そう考えると、時代が若者に愛社精神を持たせなかったということかもしれませんね。

  • 愛社精神とは何か?
    肥大化した自己に対する自己愛の一種。肥大化した自己は、組織の価値が自己の中に取り込まれることによって生じる。似ているものとしては、愛校精神、ナショナリズムなどが挙げられる。
  • 若者に愛社精神がない理由は?
    高度経済成長期と異なり、個人の成長>企業の成長となったことや年功序列制度・終身雇用制度の実質的な崩壊により、企業に若者のアイデンティティの拠り所になれるほどの力が無くなったため。つまり、会社と自己の価値を同一化するメリットが無くなったからと言える。そのため、若者は自らの拠り所をプライベートに求めるようになった。