【筋トレ飯】レンジで10分!シリコンスチーマーで作る鶏肉&野菜料理のススメ

真剣に筋トレする場合、食事にも気を遣わなければなりません。

私も筋トレを週5ペースで始めてから、より一層食事には気を付けるようになりました。

しかし、平日は料理に割ける時間も限られています。そこで、シリコンスチーマーで作る栄養満点の鶏肉&野菜の料理を考えました。

所要時間は、下準備5分+レンジ10分+食事10分+洗い物1分です。合計時間は26分です。

これなら、忙しいとコンビニ飯に頼りがちな独身サラリーマンでも毎日作れますね。

おすすめ具材一覧

必須の具材は、鶏肉(むね肉orささみ)トマトです。理由については後ほど説明いたします。

調味料にはコンソメを使うと良いです。

鶏肉

鶏肉(むねorささみ)にはタンパク質が豊富に含まれています。

むね肉(皮なし)なら100g中に23.3g、ささみなら100g中に19gものタンパク質が含まれています。

また、たんぱく質の他にも、ビタミンB群やアミノ酸を摂取することができます。

トマト

トマトを入れると、調理中に大量の水分がしみだしてきます。

水分にはトマトのうまみ成分がはいっているので、お肉にしっかりうまみ成分が入り込みます。

また、栄養素的にもリコピン・ビタミンA・C・Eなど体に良い成分が沢山入っています。

筋トレというと「タンパク質」さえ摂れば良いと考える人も多いですが、他の栄養素をバランスよく摂取することも大切です。

いれても良い野菜・キノコ

できるだけ多くの野菜を入れて栄養のバランスが良くなるようにしましょう。

私が入れてみて美味しかった食材を以下にご紹介します。

  • 人参
  • ネギ
  • ブロッコリー
  • 玉ねぎ
  • オクラ
  • しいたけ
  • エリンギ

他にも合う食材はたくさんあるとおもいます。皆様もいろいろチャレンジしてみてください。

調理手順

野菜とお肉をぶつ切りにして、スチーマーの中に具材を投入します。

レンジでチンすると、野菜からたくさんの水分ができます。そのため、具材がつかる程度に水を加えましょう。

ここまでの所要時間はわずか5分です。野菜と肉を切るだけですから簡単ですね。

あとは、レンジで500W10分程度加熱すれば完成です。以下の写真は完成後です。

あくが出て、見た目はあまりよくありませんが、味の方はバッチリです。

時短と栄養に特化して考えるなら妥協できる範囲だと思います。

まとめ

筋トレ飯には二つの役割があると考えています。

それは、栄養摂取美味しさを味わうことです。もちろん、この両方を満たしている食事が最良です。

しかし、そのような料理には時間とお金がかかります。毎日仕事と筋トレをしている方には大きな負担となります。

ですから、「栄養摂取」か「美味しさを味わうこと」のどちらかを満たしましょう。

今回紹介した料理は筋トレのための栄養摂取を目的としています。

この料理を食べれば、たんぱく質やビタミンなど体に必要な栄養素を沢山摂れます。そうすれば、筋トレの効果もでやすくなります。

筋肉をつけるためには、筋トレと食事管理の両方が大切ですからね。

皆様もぜひ栄養摂取に適した食事を考えてみてはいかがでしょうか?

しかし、時にはそれすらもめんどくさいこともあります。そんな時には、筋肉食堂の冷凍宅配弁当を利用するのもありです。栄養バランスも味も良いので、個人的はおすすめですよ。

【筋肉食堂冷凍弁当】目的別で気軽に筋トレ飯を注文できる宅食サービスの評価レビュー