JRの窓口で領収書を発行し忘れた時に再発行してもらう方法を紹介するよ

役立つ知識

やっぱり、時間には余裕を持たなきゃいけないなぁ…急いでたせいで、領収書発行するの忘れちまったよ…

という方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?えぇ、僕もその1人です。

というわけで今回はJRで領収書を発行し忘れた際に、再発行する方法についてご紹介いたします。

領収書の再発行を依頼先はどこか?

まず、領収書の意味は次のように定義されています。

金銭を受け取ったしるしに書いて渡す書き付け。

引用:デジタル大辞泉

つまり、領収書は金銭を支払った相手に求めなければならないわけです。ちょっと考えてみると、当たり前のことですけどね。だから、同じ区間の電車の切符であっても、領収書を求める先が変わります。

旅行会社が用意した切符なら、旅行会社に領収書を請求しなければなりません。また、JRの窓口で購入した場合でも、購入した駅の管轄によって、領収書の請求先は異なります。それは、JR各社が同じJRという名を冠しているだけで、別会社だからです。

ですので、領収書再発行の依頼は、購入したところで行いましょう。もしそれが厳しいのであれば、切符を購入した駅と同じ管轄の駅で発行してもらいましょう。JR東海の駅で買ったなら、JR東海の駅で、JR東日本の駅で買ったなら、JR東日本って具合にね。

領収書再発行するための条件とは?

実のところ、領収書再発行の条件は明確に定められておらず、様々な物事を総合的に考慮して、領収書発行の是非を判断します。そのため、確実に領収書を発行してもらうためには、電車に乗車した証拠を残すこと・素早い再発行申請が重要になります。

例としては、切符・クレジットカードのご利用票などが挙げれます。乗車中に領収書の発行し忘れた方は、切符は下車駅の窓口で持って帰りたいという旨を伝えましょう。そうすれば、証拠を残すことが出来ますよ。

再発行の申請は出来る限り当日にすることをおすすめします。後日だと対応してくれないケースもあるため、確実性を重視するなら、当日の再発行申請がベストです!

領収書再発行の実体験

僕は会社で大阪から岐阜に出張したときにやらかしました。気づいた時には、JR東海管轄の電車の中…当然管轄外なので、領収書は発行してもらえず…そのため、改札口にて切符に無効印を押してもらい、切符を取っておきました。

幸い日帰りだったため、行きの乗車駅にて無効印のついた切符とクレジットカードの利用票を駅員さんに見せて再発行を依頼しました。すると、全く疑わずすぐに領収書を発行してくれました。やはり、証拠をしっかり残していたこと・当日に領収書再発行の申請したことが功を奏したと考えています。

ですので、みなさんも領収書の再発行を忘れた際は、出来る限りの証拠を残すようにしましょう。

まとめ

領収書の発行を忘れたときにするべきことは2つです。切符など乗車した証拠を残すことなるべく早い段階(可能なら当日)で再発行の申請をすることです。実体験からして、この二つのことをしっかりしていれば、ほぼ確実に領収書を再発行してもらえます。

これらのことから、普段の生活においても、使用した切符やクレジットカードの利用票を保管しておくことをおすすめします。そうすれば、もしものことがあっても何とかできる可能性が上がりますからね。