自分を責める人の特徴と心理から周囲がかけるべき言葉について考えよう

失敗したときの思考方法は、自責思考他責思考の二つに大別できます。

自責思考とは、責任を自分に向けることを指します。

他責思考とは、責任を自分以外に向けることを指します。

もちろん、自己成長のためには自責思考が欠かせません。

しかし、自責思考が過ぎると精神的な負荷が増大します。場合によっては、精神を病んでしまうことさえあります。

そんな脆さを持つ一方で、自責思考を持つ方は真面目で優秀な方が多いです。

ですから、周囲がそれをうまくサポート出来れば、組織のパフォーマンスも向上できます。

今回は「自分を責める人の特徴と心理から周囲がかけるべき言葉」について解説します。

自分を責める人の特徴

自責思考の人は、チームとして働く上で理想的な性格の持ち主が多いです。そのため、組織からも必要不可欠な人材として重宝されます。

しかし、自分一人で課題を抱え込んでしまうケースも多いので、周囲のサポートが重要になります。

そこで、まず自分を責めてしまう人の特徴についてご説明します。

責任感が強い

責任感の強い人は、基本的に自責思考です。

着実に仕事をこなすことから周囲に信用されます。そして、その評価を下げないために一生懸命に働きます。ですから、普段は非常に心強い戦力になります。

一方で、失敗するとその責任を必要以上に自身に向けてしまいます。

その結果、精神的な疲労がたまってダウンすることがあります。私の周囲でも、同様のパターンで会社に来られなくなった人を複数人いらっしゃいます。

確かに、信頼できる人は放任しがちになりますが、時々見守ることも大切です。

皆様もつらい時の周囲の一言に救われて経験はあるのではないでしょうか?

真面目な人

真面目な人は、責任を必要以上に感じます。

失敗も真面目に受け取りすぎてしまうわけです。

そうすると、精神的なダメージを受け、自発性も損なわれてしまいます。

しかし、真面目な人はその誠実さから周囲からも良く信頼されます。組織から見ても必要不可欠な人であることが多いです。

ただ、真面目ゆえに目立たないことも多いです。

だからこそ、しっかりと見守ること、時には声をかけることが大切になります。

真面目な方は気付かないうちに潰れることが多いので、日々見守ることが大切です。

素直な人

素直な人は、人の言うことを素直に受け取ることが出来ます。

人から技術や知識を効率よく吸収できるので、将来性もあります。また、人当たりも良いので、周囲からの協力も得やすいです。

以上のことから、チームとして働くための適正は高く、周囲から必要とされるケースも多くあります。

一方で、責任がなくとも、人から批判されると自分の責任ではないか?と考える傾向にあります。

素直な人は他人の言葉を真正面から受け取ってしまいますからね。

このタイプの人は、ストレートに感謝や労いの言葉を伝えると良いでしょう。

自分を責める人の心理

自分を責める人の心理としては次のようなものが挙げられます。

マイナスには捉えていますが、責任感を強く持つという点で仕事上ではプラスに作用することも多いです。

劣等感が強い

劣等感を持っていると、問題が生じた時に自分の劣った能力のせいで迷惑をかけたと考えます。

つまり、必要以上に自分に対して責任を感じてしまうわけです。

自分を責めるタイプの人はこの心理傾向を持つことが多いので、周囲に劣等感をもってそうな人がいたら、不自然にならない範囲で承認欲求を満たすようにしましょう。

そうすることで、ある程度劣等感を取り除くことができ、より安定した精神状態に導くことができます。もちろん、精神が安定すれば、パフォーマンスも向上します。

迷惑をかけたくない気持ちが強い

迷惑をかけたくない」という気持ちが強い人は、全ての責任を自分が背負おうとします。

このタイプはとても良い人なんですが、メンタルが危うくなることが多いです。

一番の解決策は、生きていれば誰しも人に迷惑をかけてしまうと考えることです。

とはいえ、人の性根を変えることは難しく時間もかかります。

このタイプに対しては、「貸しを作ること」がおススメです。

そうすれば、迷惑をかけるのは、お互い様だと分かりますからね、真面目な人ほど一方的に迷惑をかけ続けると申し訳なく感じるものです。

自己肯定感がない

自信がない人は、自身のことを信頼できていません。

そのため、何か問題が生じると自分の責任を強く感じてしまいます。

自己肯定感が低いことから、一度の失敗で「自分はだめだ」落ち込むケースも見られます。

逆に、ことがうまく進んでも自分の実力ではなく、周囲のおかげだと考える傾向にあります。

このタイプの人は、成功体験を積み重ね、自信を作ることが大切です。

そうすれば、一度や二度の失敗で必要以上に落ち込むこともなくなります。

自己肯定を引き出すためには、他者承認が大切です。

ですから、わざとらしくならない範囲で褒めるようにしましょう。

自分を責める人にかける言葉

承認する

自分を責める人は周囲に対して劣等感を感じていたり、自己肯定感が低かったりします。

この種の問題は、他者承認により改善する傾向にあります。

ですから、不自然にならない範囲で「あなたを認めています」という行動を取ったり、言葉で伝えたりすることをおススメします。

伝える側は何も感じていなくても、聞く側には意外と心に沁みているものです。

頼る

「人に迷惑をかけたくない」と考える人に対しては、積極的に頼るようにしましょう。

頼る」と「迷惑をかける」は似ています。

「頼られる分だけ頼る迷惑をかけた分まで迷惑をかける」という互恵関係(ギブ&テイク)を作ることで、逆に相手の負担を減らすことができるのです。

自責傾向にある人ほど迷惑をかけ続けることを申し訳なく思うものです。

ですから、積極的にこちらから頼るようにしてギブ&テイクの関係を作るようにしましょう。

まとめ

自責思考の持ち主は、成長速度も速く、周囲の人と協調して仕事ができる傾向にあります。

そのため、組織目線で考えると貴重な人材です。

一方で、責任感を持ちすぎて、メンタルに不調を抱えることも少なくありません。

ですから、周囲が気を遣ってメンタルケアすることも大切です。

少し面倒かもしれませんが、それがまわり回って自分に返ってきますので、必ず周囲に目を向け、声をかけるようにしましょう。