一人暮らしに掃除機はいらない?クイックルワイパー生活で気づいたメリット・デメリット

最近一人暮らしをはじめました。

一人暮らしを始めると、家電にお金がかかります。

私はお金にあまり余裕がなかったので、掃除機の替わりにクイックルワイパーを使用しています。

そこで、クイックルワイパーのメリット・デメリットデメリットへの対処策について解説します。

結論として、1人暮らしの場合は、掃除機なしでも十分に生活できます。

クイックルワイパーのメリット

とにかく安い

掃除機の値段は1~5万程度です。ただ、安いものを買って、逆に損をしてしまうリスクもあります。

ですから、それなりの信頼と性能が担保される25000~45000円が狙いめです。

その価格と比較して、クイックルワイパーは極めて安価です。

このように、初期投資の観点で、クイックルワイパーは優秀です。

もちろん、貯金がたまれば、良い掃除機を購入することもできます。

収納に困らない

掃除機には収納スペースを必要です。

最近では、収納性を意識した掃除機も発売されています。それでも、多少は場所を取ります。

一方、クイックルワイパーはほとんど場所を取らず、立掛けていても気になりません。

つまり、収納スペースの確保が必要ないのです。

ほこりが舞わない

掃除機は空気を吸い込み、ごみを収集します。その際、空気を後方に排気します。

性能にもよりますが、排気が細かいほこりを舞い上げます。そのため、部屋の空気が汚れます。

一方で、クイックルワイパーは濡れたシートで細かいごみを吸着します。

つまり、ほこりを舞い上がらないのです。

のどが敏感な人でも気にせずに掃除できます。また、低い位置の空気を吸う子ども達やペットにも優しいです。

音が出ない

夜遅くに部屋が汚れていることに気付いても、掃除機をかけるのって気が引けます。

壁の薄いアパートの場合はなおさらです。

一方、クイックルワイパーは一切音を出しません。

ですから、深夜でも気にせずに掃除ができます。

維持管理が楽

掃除機は、ヘッド部やフィルターの清掃や消耗品の交換などのメンテナンスが必要です。

万が一故障したら、掃除が出来なくなることもあります、

一方、クイックルワイパーは、維持管理が楽です。シートに取り替えるだけですからね。

クイックルワイパーのデメリット

ランニングコストが高い

クイックルワイパー一枚の値段は約20~30円です。

25円と仮定して計算し、一日一枚の使用を仮定します。

すると、一月で750円のコストとなります。さらに、年間で考えると9000円にもなります。

一方で、掃除機なら維持費は電気代だけです。

サイクロン式掃除機の最大消費電力は約850Wです。この掃除機で毎日5分間の掃除をしたと考えてみると次のようになります。(ただし、電気代を26円/kwhと仮定)

年間の電気代は、672円です。サイクロン式掃除機はランニングコストが1/10以下になります。

3万円のサイクロン掃除機を購入した場合、3年半で掃除機のほうが得になります。

これは、ワンルームで計算しているので、複数部屋では、より短期間で損益分岐点を迎えます。

ですから、長期間1人暮らしをする場合は、掃除機を買ってしまっても良いです。

抜け毛が取れにくい

掃除機なら、簡単に抜け毛を吸い込めます。

一方で、クイックルワイパーではうまく吸着できません。

抜け毛問題への対処策

対処法は、コロコロ(粘着式クリーナー)です。

コロコロを活用すれば、抜け毛を簡単に回収できます。

クイックルワイパーとコロコロを併用すれば、掃除機なしでも十分に清潔な部屋を維持できます。

クイックルワイパー生活のまとめ

「一人暮らしに掃除機はいらない?」という問いに対する答えはYESです。

理由は、メリットが多く、デメリットが少ないからです。

一人暮らしの初期投資を抑えたい方は、クイックルワイパーを活用してはいかがでしょうか?

メリットが沢山ある

クイックルワイパーには沢山のメリットがあります。

クイックルワイパーのメリット
・初期投資が小さい
・収納がいらない
・ほこりを舞い上げない
・音が出ない
・維持管理が楽

デメリットが少ない

クイックルワイパーのデメリット
・ランニングコストが高い
・抜け毛が取れずらい

ランニングコストは高いですが、3年半の間はクイックルワイパーの方がオトクです。

また、抜け毛問題はコロコロ(粘着式クリーナー)で十分対応できます。

そのため、抜け毛が取れにくい問題は簡単に解決することが出来ます。

よって、クイックルワイパーのデメリットは少なく、その対策も簡単なのです。