実は同じ?マスとサケの共通点と違いについて分かりやすく紹介するよ

役立つ知識

料亭や旅館に行くと、鮭や鱒の焼き物が出されたりします。

さて、そんな鮭と鱒ですが、それらの違いは何でしょうか?

ちなみに英語では、鮭はsalmon、鱒はtroutと呼ばれています。というわけで、今回は鮭・鱒の共通点と違いについてまとめて分かりやすく紹介したいと思います。

サケとマスの共通点

鮭(salmon)と鱒(trout)は、種としてはほぼ同一です。そのため、鱒もサケ目サケ科に分類されています。

実際、サケの一種であるカラフトマスは別名ピンクサーモンとも呼ばれています。ほかにも、マスノスケはキングサーモンと呼ばれていたりします。

このように、全くの同一種においても、サケとマスの両方の名前を持つ場合があります。もちろん、~サケという名前だけを持つ魚も、~マスという名前だけを持つ魚もいます。

以上のことから、サケ・マスの共通点は種としてほぼ同一ということが挙げられます。マグロに例えるなら、クロマグロと本マグロとキハダマグロの差と言ったところでしょうか?

サケとマスの違い

生物学的に明確な違いはありませんが、便宜上の使い分けとしては、降海型はサケ(salmon)と呼ばれています。そして、陸封型はマス(trout)と呼ばれます。

降海型とは川で生まれた魚が海に降りて、産卵の時期になると川に戻ることを指しています。一方で、陸封型は川や湖で生まれた魚が海に降りることなく、その場所で産卵し一生を過ごすことを指します。

もちろん、生育環境が変われば、餌の種類や量も変わりますから、魚の味にも影響を与えます。皆さんもサケとマスを食べる際は、それらの味の違いに着目するのも良いかもしれません。

じゃあ、トラウトサーモンって何?

troutはマス、salmonはサケですから、直訳するとマスサケという謎の名前になってしまいます。なぜ、このような変な名前になったのでしょうか?これでは、降海型か陸封型も判断することができないですもんね。

実は、トラウトサーモンは魚の名前ではありません。いわゆる、ブランド名ですね。実際は、海水で養殖したニジマスのことを指しています。

淡水に暮らすマスを海水で育てたから、トラウト(マス)とサーモン(サケ)の性質の両方を引き継いると考え、「トラウトサーモン」と呼んでいるわけです。

ちなみに、一般に出回っているサーモンの多くはトラウトサーモンです。つまり、養殖されたニジマスというわけです。豆知識として頭に入れておいてもよいかもしれませんね。

まとめ

紹介したようにサケとマスの共通点は、生物学上で同一の種であることです。

一方で、異なる点は、生育環境です。サケは降海型(海に降りて成長する)に対して、マスは陸封型(海に降りず、川や湖で成長する)となっている点です。

また、市場で広くサーモンとして流通しているのは、トラウトサーモンと呼ばれる海で養殖されたニジマスです。

トラウトサーモンを直訳すると、マスサケになりますが、これは淡水にすむニジマスを海で養殖したために名付けられたものと考えられます。マスとサケの性質の両方を備えていますからね。