タイカレーシャムで絶品カレー&ドリアンアイスを食してきた

飲食

先日京都・円町駅から、徒歩5分のところにあるタイカレーレストラン・シャムに行ってまいりました。ちなみに、定休日は水曜日です。このお店もタイ政府公認の証であるタイ・セレクト認定を受けています。京都府内に8店舗あるそうですよ。

京都・七条にあるタイ料理専門店「キンカーオ」についても同様の認定がされていました。

京都・七条のタイ料理専門店「キンカーオ」にいってきた

2018年11月28日

店内の雰囲気

休日の8時ごろ入店しました。店内はタイカレーの良い香りが漂っていて食欲をそそられます(◍´ಲ`◍)お客さんが数名いらっしゃいましたので、今回は店内写真は控えさせていただきました(๑¯ω¯๑)

店内は異国情緒を感じるオシャレな雰囲気でした。席は全席カウンターの12席でこじんまりとしていて、隠れ家感もあります。

レッドカレー(シーフードトッピング)

レッドカレー(赤トウガラシとココナッツミルクのカレー)です。タイカレーのスパイシーな香りがたまりませんなぁ。日本料理って「目で食べる」とよく形容されますが、このタイカレーの場合、「鼻で食べる」と言えそうです。鼻づまりの方は、鼻をかんだほうがいいかもしれませんね…

カレーのみの味

まずは、一口目はタイカレーのみで頂きます。

旨ぁ~い(◍´ಲ`◍)

スパイシーなのに、後味まろやか!

そして、ほのかに甘い(◍´ಲ`◍)

スパイシーといえば後味がキレのある感じでまろやかさとは正反対の印象を持つ人が多いと思います。

例えば、麻婆豆腐の場合、麻味(花椒の舌がしびれる辛さ)と辣味(唐辛子の舌がひりつく辛さ)という二つの辛さが合わさってできています。つまり、辛み+辛みで、キレのある味わいになります(これはこれで大好物だけど)でも、このタイカレーの場合は辛み(唐辛子)+ミルク感(ココナッツミルク)なんです。この組み合わせが、スパイシーなのにまろやかという不思議な味わいを生み出しているのでしょうね。

カレーの具の味

カレーの具は注文時に選択します。種類はチキン・ポーク・シーフードの三つの中から選びます。また、それとは別に野菜も入っています。確認した限りでは、ピーマン・ナス・トマト・ジャガイモ・かぼちゃが入っていました。

シーフード

シーフードの種類はエビ・イカ・ムール貝でした。魚介の味がして美味しかったのは美味しかったんだけど、カレー本体ほどの強烈なインパクトはありませんでした。ここのカレーを食べるならシーフードを選択するべき!とはならない感じかなぁ。まぁ、十分に美味しいんだけどね~!

野菜

シーフードのほうが若干辛口評価になっていることは否めませんが、そうなってしまったのには理由があります。それは、

野菜が旨いから(◍´ಲ`◍)

ここの野菜が美味しいと思う点は2つあります。

1点目は野菜の食感がしっかり残っていること。カレーに入っている具がドロドロに溶けちゃっていることってよくありますよね?あれはあれで美味しいんだけど、個人的には野菜の食感が残っているほうが好きです。

その点、ここのカレーの野菜は、硬過ぎず軟らか過ぎずでちょうど良い火の入り具合。それぞれの野菜の食感を楽しむことができます。

2点目は素材の味がすること。ジャンル問わずいろいろな所に食べに行くけど、素材の味がする飲食店ってホントに少ないんですよね。特に味の濃い料理を出す店は調味料でごまかしているケースが個人的に多いと思っています。どことは言わんけど…

一方で、この店はタイカレーという比較的味の濃い料理を出しているのにもかかわらず、野菜の味がしっかりと味わえるんです。これってホントにすごいこと!素材にも調理法にもこだわっているんでしょうね!

ご飯との相性

もちろん、ジャスミンライスとの相性も抜群ですよ。タイカレーの風味にジャスミンライスの香りが相まって堪りません(◍´ಲ`◍)

食べ方は2通りあります。一つ目は、スプーンにカレーを載せてごはんにかける食べ方。もう一つが、スプーンにご飯を載せて、カレーに付ける食べ方です。これに関しては完全に人の好みですが、個人的には後者のほうが好きでした。

その理由は、カレーの割合が高い方が美味しいからです。カレーといっても割とサラサラな方なので、スプーンではあまり多くすくえません。そのため、どうしてもご飯の割合のほうが大きくなりがちになってしまいます。

また、前者の食べ方だとご飯に載せる時にカレーが冷めてしまいますし、食器も汚れやすいです。そのため、スプーンにご飯を載せて、カレーに付ける食べ方をおススメします。ちなみに、ライス200 gで十分にお腹いっぱいになりますよ!

ドリアンアイス

「果物の王様」とも「悪魔の果物」とも評されるドリアンをこの店では食べることができます。噂によると、むちゃくちゃ臭いらしい。地下鉄への持ち込みが禁じられるレベルで(シンガーポールでの話)

一方で、ここの店のドリアンアイスの説明欄には、モントーン種という臭いがほとんどない品種を使用していると書いてありました。これなら、いけそうだと思い切ってドリアンアイスを注文しました。

とりあえず、一口。

これはっっ!!

ガソリンの香り…

って思いっきり臭いあるやんけ!

でも

旨ぁ~い(◍´ಲ`◍)

何とも表現できない味。さっぱりとしてそれでいて濃厚な甘みを感じます。「果物の王様」と評される理由が分かる味わいでした。百聞は一口に如かず、一度自分の口で味わってみることをおススメします!再訪する際は、また注文したいと思います。

まとめ

タイカレー

今まで食べてきたタイカレーの中で一番美味しかったと断言できるほどの美味しさでした。是非また訪れたいお店ですなぁ。

ドリアンアイス

臭いはそれなりにきつかったけど、味はそれを超える美味しさでした。タイカレーと併せて注文されることをおススメします。一度は食べてみてください。やみつきになるかもしれませんよ。