インスタント、ドリップバック、カプセルコーヒーのコスパ・美味しさ・利便性を比較してみた

役立つ知識

「コーヒー豆を焙煎して、挽いて、ドリップして飲む」というのが、本来のコーヒーの飲み方でした。しかし、ご家庭でこのような飲み方をしている人は殆どいらっしゃらないと思います。それは、インスタントコーヒーやドリップバックコーヒーの味・香りの進化とカプセルコーヒーという新たな製品の登場によるところが大きいかもしれません。

というわけで、今回はインスタント、ドリップバック、カプセルコーヒーのコスパ・美味しさ・利便性についてご紹介したいと思います。

簡単にまとめると…

それぞれの違いを簡単にまとめると次のような感じになります。

やはり、インスタントは安いですね。一方で、カプセルコーヒーは味わい・香り・利便性に優れる分、値段は割高になります。また、カプセルコーヒーの場合は、抽出機器にお金がかかるケースもありますので、その点もご注意ください。

個人的には、味わい・香り・利便性・一杯の価格を丁度良いレベルで満たしているドリップバック(一般)がおススメです。もう少し高級志向の方はカプセルコーヒー・ドリップバック(高級)、低額志向の場合は、インスタントコーヒーがおすすめです。

カプセルコーヒーメーカーの詳細な比較をした記事も書いているので、気になる方はご一読ください。

カプセル式コーヒーメーカーのネスプレッソとドルチェグストの違いを比較してみた

2019年8月30日

インスタントコーヒー

メリット

インスタントコーヒーのメリットは、圧倒的な安さ後片付け持ち歩きの便利さでしょう。

一杯の値段は安いもので10円ほどです。また、ごみ捨ても非常に楽です。インスタントコーヒーは出し殻がでませんからね。スティックタイプの場合は、持ち歩きも非常に容易です。そのため、登山などのアウトドアのお供にも使えます。

デメリット

インスタントコーヒーのデメリットは、味と香りですね。そりゃ、以前のインスタントコーヒーとは比べ物にならないぐらい美味しくなっていますが、それでも本物のコーヒーには味も香りも劣ります。対策としておすすめなのは、ミルクや砂糖を沢山入れることです。そうすれば、味の問題はあまり気にならなくなりますよ。

 

ドリップバックコーヒー(一般品)

メリット

ドリップバックコーヒー(一般品)のメリットは、総合力の高さです。イメージで言うと、全て80点のオールラウンダーというところでしょうか?一杯当たりの値段も20~40円と安価ですし、その割に味と香りはしっかりしていますからね。そのうえ、後片付けも持ち歩きも簡単という利点もあります。また、ドリップバックコーヒーはアソートセットも多く販売されているので、色々な味を楽しむこともできますよ。

デメリット

デメリットは何にも特化できていない点です。価格や利便性に関してはインスタントに負けるし、味・香りに関してはカプセルコーヒーに負けます。悪く言えば、中途半端というわけです。そのため、「とにかく安いコーヒーが良い!」や「美味しいコーヒーじゃなきゃいや!」という方にはあまりおすすめできません。安さ重視ならインスタントコーヒー、美味しさ重視ならカプセルコーヒー又は高級なドリップバックコーヒーを選んだほうがよいでしょう。

 

ドリップバックコーヒー(高級品)

メリット

ドリップバックコーヒー(高級品)のメリットは味と香りです。そりゃ、一杯100円以上しますからね。この価格帯では、小川珈琲、ロクメイコーヒー、前田珈琲といったコーヒー専門店がブレンドしたスペシャリティーコーヒーを楽しむことができます。そのうえ、後片付けも持ち歩きも簡単にできます。そのため、山や海で至高の一杯を…なんてこともできます。

デメリット

当たり前のことですが、デメリットは価格が高いことです。それ以外にデメリットはありません。

カプセルコーヒー

メリット

カプセルコーヒーのメリットは、味も香りも優れていることです。名前は出しませんが、一部のカフェよりは確実に美味しいです。また、色々な種類の味を楽しめることもメリットと言えるでしょう。特にドルチェグストは、コーヒーだけでなくココアや抹茶なども楽しむことができます。また、後片付けも使用済みのカプセルを貯めている容器を定期的に捨てるだけなので、非常に楽ですよ。

デメリット

カプセルコーヒーのデメリットは、一杯の値段が高いこと携帯性がないこと機器の購入またはレンタルが必要なことです。ネスプレッソの場合だと、一杯の値段はインスタントコーヒーの約8倍にもなります。それに、機器の購入・レンタルの負担が加わりますから、実質負担はそれ以上と言えるでしょう。また、携帯性がないため自宅でしかコーヒーを楽しむことができません。ですので、山や海でコーヒーを楽しみたいという方には向きません。

 

まとめ

  • とにかく早く・安くコーヒーを飲みたい人は?
    インスタントコーヒがおすすめ!一杯当たりのインスタントコーヒーの値段は約10円と非常に安価であるため。
  • 安くて、それなりに美味しいコーヒーが飲みたい人は?
    ドリップバック式のコーヒー(一般志向)がおすすめ!理由は一杯20~40円という価格ながらも、きちんと挽いた豆をドリップしているので、味も美味しいですよ。ちなみに、高級志向のドリップバックコーヒーの場合は、一杯100円するものもあります。味にこだわりのある人はそちらを購入してみても良いかもしれませんね。
  • 美味しいコーヒーが飲みたい人は?
    カプセル式のコーヒー又はドリップバックコーヒー(高級志向)がおすすめ!ネスプレッソのコーヒーの味と香りはコーヒー専門店と遜色ないほど素晴らしいですよ。また、高級志向のドリップパックコーヒーも良い豆を使用しているのでもちろん美味しいですよ。