ため息をつくことが多い人の心理とそれが周囲に与える悪影響について考える

人間関係・自己啓発

ため息をつくと幸せが逃げる」という言葉は誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?小さい頃、この言葉を信じて無闇にため息をつかないようにしていた記憶があります。

はじめは迷信でしかないと考えてきましたが、社会人になって世に出てみるとこの言葉は本当かもしれないと思うようになりました。

というわけで、今回はため息をつくことが多い人の心理周囲に与える悪影響について考えたいと思います。

ため息の定義とは?

ため息の定義を見てみると次のようにあります。

気苦労や失望などから、また、感動したときや緊張がとけたときに、思わず出る大きな吐息。

引用:デジタル大辞泉

この定義から分かるように、ため息にはポジティブな意味ネガティブな意味があります。それぞれの意味をイメージしやすいように、具体例を次に示します。

この中でも今回はネガティブな意味のため息について取り上げたいと思います。

具体例

ポジティブな具体例

昔から定期的に通っているうどん屋がある。そのうどん屋の出汁は他の店の比べ物にならないぐらい旨い。僕はいつもその出汁を飲み干して、「はぁ…」と満足のため息をつくのだ。

この場合の「はぁ…」は満足した感情を表すものです。おそらく、この種のため息を聞いて不快感を抱く人はいないことでしょう。

ネガティブな具体例

昼は上司からパワハラ気味に怒られて、夜は妻から小言を言われる。慣れてはきたが、一日中自分という存在を否定されると心がすさむな。「はぁ…」、明日も会議でこってり絞られるんだろうなぁ。

この場合の「はぁ…」はストレスに起因するものです。この種のため息を第三者が聞いてポジティブな気持ちになる人はいないことでしょう。

ため息の多い人の心理

嫌なことが重なっている状態

嫌なことが一つだけでなく、複数重なると精神的な負荷は飛躍的に大きくなります。

なんでこんな嫌なことが重なるのだろう。はぁ…」と言った具合にね。

周囲にこのような傾向の人がいる場合は、積極的に声をかけるようにしましょう。声をかけられるだけで、悩んでいる側は救われますからね。

構ってほしい

周囲に多くのため息をついている人がいたら、あなたはどうしますか?

性格の良い人であれば、「どうしたの?なんかあったの?」と聞くことでしょう。つまり、構ってくれるわけです。

ため息の多いつく人は、これを狙っているのです。やっぱり、自分から相談するのは難しいのでしょうね。

解決しない問題を抱えている

ため息が習慣化している人は、解決できない問題に思い悩んでいる可能性があります。

このような場合は時に解決を任せるのが筋ですが、悩んでいる本人はいろいろ吐き出したいと考えているかもしれません。そのような場合は傾聴の姿勢をもって話を聞くようにしましょう。

何も考えていない

ため息をつくことが習慣化している人もいます。そのような人の中には、何も考えず無意識にため息をついている人もいます。

その見分け方は、ため息をしたタイミングで「どうしたの?なんかあったの?」と何度か聞くことです。そこで、「なにもないよ」という返答が複数回返ってきたら、無意識にため息をついていると考えてよいでしょう。

ため息が与える周囲への悪影響

ため息は周囲に悪影響を与えます。確かに、ネガティブな意味合いのため息を聞いて、気分は良くならないですもんね。具体例としては次のようなことが挙げられます。

士気の低下

チームで仕事をしている際に、1人だけ現状を嘆いてため息ばかりついていたらどう思いますか?

チーム全体の士気が落ちることは明白ですよね。そうすれば、仕事の効率も悪くなり、悪循環に陥ってしまいます。ですから、グループとして仕事をしている際にため息はつかないように我慢しましょう。

周囲をイライラさせる

自分の周囲で、常にため息をつかれたらどのような気分になるでしょうか?

当然のことですが、イライラしますよね?

特に、自分がため息をつきたい時にそのようなことをされると、より強いイライラを感じます。ですから、ため息をつくにしても回数には気を付けるようにしましょう。

ポジティブな人が離れる

類は友を呼ぶと言われるように、似た者同士が引き寄せられます。

そのため、ため息ばかりつく人からはポジティブな人が離れていってしまいます。そして、ネガティブな人が近づきます。

そうすると、自分の周囲にはネガティブな人が集まり、負のサイクルが始まります。それは不幸を引き寄せることになります。

ですから、「ため息をすると幸せが逃げる」という言葉はあながち間違いとは言えないわけです。

まとめ

生きていればため息をつきたくなることはたくさんあります。ですから、ため息をつくことを辞める必要ありません。

とはいえ、ため息をつく場所は考えるべきではないでしょうか?

ため息をつくだけで、周囲へ悪影響を及ぼしますからね。また、愚痴ばかり言う人も周囲に悪影響を及ぼします。そちらについては次の記事にまとめているので、興味のある方はご一読ください。

最後にまとめに移りたいと思います。

ため息が多い人の心理は?

  1. 嫌なことが重なっている
  2. 構ってほしい
  3. 解決しない問題を抱えている
  4. 何も考えていない

ため息が周囲に与える悪影響は?

  1. 士気の低下
  2. 周囲をイライラさせる
  3. ポジティブな人が離れる