オン眉から感じる言葉のおかしさを前置詞のイメージから解説するよ

雑記

最近、オン(on)眉という言葉を聞きました。意味が分からない…と思って調べてみると、前髪が眉毛の上になるような髪型のことのようです。イメージとしてはこんな感じ。かわいらしい髪型ですね。

しかし、この髪型をon眉と呼ぶのは文法的におかしいと考えるわけです。というわけで、今回はon眉という表現がおかしいことを前置詞のイメージから説明していきたいと思います。

onの意味とイメージ

onには、次のように多くの意味があります。

…の表面に、…の上に、…に、…にくっつけて、…の身につけて、…で、
…を軸にして、にかけて、…に接して、…に面して

引用:weblio英和辞典

その中には、「…の上に」という言葉もありますが、これはあくまで…の上に接触していることを意味しています。なぜなら、onには「接触」というコアミーニング(意味の核)というものはあるからです。

コアミーニングをイメージで描くとこんな感じになります。オレンジの円筒が青い台の上に載っています。

つまり、オン眉が本当にon眉であった場合、こんな感じになるわけです。まぁ、こんな方も中にはいらっしゃいますが、これは世間一般で呼ばれる「オン眉」とは異なりますよね?

というわけで、オン眉の正しい英語的表現について考えてみましょう。

オン眉を正しい英語で表現する

世間的に言われる「オン眉」を日本語で表現すると、「前髪が眉毛よりも上に位置している状態のこと」となります。そうすると、~の上にを意味する「over」や「above」などの単語が思い浮かぶでしょう。

しかし、「above」と「over」は意味が異なります。aboveは位置や立場が基準よりも上であることを意味します。一方で、overは覆っている・跨るを意味します。そのイメージを図で表すと次のようになります。overのほうは、青の円柱をオレンジの薄い板が覆っています。aboveのほうは、オレンジの円柱が青の薄い板の上に位置しています。

そのため、オン眉の正しい英語的な表現としては「above」のほうが正しいと言えるでしょう。つまり、正しくはオン眉ではなく、アボ眉なわけです。

まとめ

  • オン眉という表現は文法的に間違っている。
    なぜなら、onには「接触」というコアミーニングがあるからです。そのため、眉毛の上に前髪がある状態を「on」で表すのは不適切と言えます。
  • 正しい表現はオン眉ではなく、アボ眉!
    なぜなら、aboveには「位置や立場が上にある」というコアミーニングがあるからです。そのため、眉毛の上に前髪がある状態を「above」で表すのは適切なわけです。つまり、オン眉ではなくアボ眉が正しい表現なわけです。