【windows10】パソコンがイヤホンを認識しているのに音が聞こえない時の対処方法を解説するよ

ネット関連知識

先日、私用のPCにてイヤホンを認識しているのに、イヤホンから音が聞こえず、PCのスピーカーから音が聞こえるという大問題に出くわしました。この問題を解決しようとネットで検索しましたが、有用な情報はなく結局自力で治すことになりました。

というわけで、今回はPC側がイヤホンを認識しているのにも関わらず、イヤホンから音が聞こえず、スピーカーから音が聞こえるという問題への対処方法について解説したいと思います。

出力デバイスの確認

まず、簡易的な対処方法について解説します。サウンドボタンをクリックします。

そうすると、次のような画面が現れます。そこの画面に「スピーカー」と記述がある場合は、その部分をクリックします。これは、出力デバイスがイヤホンではなく、スピーカーになっていることを示しています。

そうすると、今現在に使用可能なデバイスが一覧として表示されます。その中から、「ヘッドホン」を選択しましょう。そして、音を流してイヤホンに音声が出力されているか確認しましょう。

もし、イヤホンから音声が出ているのであれば、問題解決です。これで問題が解決すれば、楽なのですが、時としてはうまくいかない時もあります。

そういう場合は、この後も読み進めてみてください。おそらく、解決できると思います。

サウンドの設定を開く

以下の図にあるように、サウンドボタンを右クリックします。

すると、次のようなメニューが出てきます。そのメニューの内、サウンドの設定を開くをクリックします。これにより、設定の中にある「サウンドの設定」を開くことができます。

サウンドデバイスの管理

開いた「サウンドの設定」から「サウンドデバイスを管理する」をクリックします。文字のサイズが小さいので、見落とさないように注意しましょう。

すると、以下のような画面が表示されます。ここには、PC上で認識されているサウンドデバイスが表示されます。つまり、出力デバイスとしてスピーカーとヘッドホンが認識されているわけです。

 

スピーカーの無効化

出力デバイスのスピーカーをクリックして、スピーカーを無効化します。無効化する理由は、スピーカーがイヤホンへの出力の邪魔をしている可能性があるためです。

上記の作業により、スピーカーからは音声が出力されず、イヤホンから音声が出力されるようになります。

最後に、ヘッドホン(イヤホン)をクリックしテストを実行しましょう。テストを実行して音声が聞こえてくれば対処完了です。

PCの使用上、スピーカから音声が流れることが嫌な場合は、スピーカーをそのまま無効化していてもよいでしょう。ただし、一度無効化して有効化すると今回の問題は解決されるので、スピーカーを有効化しても問題ありませんよ。

まとめ

PC側がイヤホンを認識しているのにも関わらず、イヤホンから音が聞こえず、スピーカーから音が聞こえるという問題への対処手順についてご紹介しました。

一つ目の対処方法は、サウンドアイコンをクリックして、出力デバイスを確認することです。ここで、出力デバイスがスピーカーになっている場合は、ヘッドホンに変更し、音声を流して確認しましょう。

上記の対処方法で問題が解決されない場合は、次の対処策に移ります。その手順は次の通りです。

  1. サウンドアイコンを右クリック
  2. サウンドの設定を開くをクリック
  3. サウンドデバイスを管理するをクリック
  4. 出力デバイスの中のスピーカーを無効化する
  5. 出力デバイスの中のヘッドホンをテストする

ヘッドホン(イヤホン)から音が聞こえたら、設定完了です。