【脱スマホ依存】寝る前の読書習慣によって得られるメリットについて解説するよ

人間関係・自己啓発

さて、皆さまは寝る前に何を見ていますか?

多くの人は寝る前にスマホを見ていることでしょう。その割合については諸説ありますが、私が調べた範囲では、5~8割程度の方が就寝前にスマホを操作しているようです。

その根拠となる調査元の一覧はこちらです。まとめてみましたので、気になる方はご覧ください。

とまぁ、現代人の多くが就寝直前までスマホを見ているわけですが、そのことは睡眠の質に悪影響を与えています。そりゃ、寝る直前までブルーライトを含む多くの光が目に入りますからね。

とはいえ、ベッドに入ってすぐに寝つけない時についついスマホを手にしてしまうという方も多いのではないでしょうか?実は私もそのタイプでした。

そのような場合に有効なのが、今回紹介する「就寝前の読書習慣」です。これにより、スマホを操作する時間をなくし、気持ちよく寝入ることができます。

それだけでなく、精神を落ち着かせたり、記憶の定着を促進する効果もあります。また、読書が苦手な人に関しては本を読むだけで眠くなるという効果も得られます。

というわけで、寝る前の読書習慣のメリットについて詳しく説明したいと思います。

眠りやすくなる

多くの人は文字を読むと眠気を感じます。ですから、就寝前に本を読むと眠りやすくなるわけです。

もちろん、眠気の感じやすさは本のジャンルにも依存します。ですから、眠りを重視したい場合は、退屈になりがちな勉強や資格系の本を読むと良いでしょう。

そうすると、寝られなければ資格などの勉強に時間を費やすことができ眠気でうとうとすれば気持ちよく眠りに落ちることができます。要は、どっちに転んでも美味しいわけです。

スマホを弄らなくなる

就寝前に本を読むとスマホを弄らなくなります。そうすると、スマホからの光を浴びずに入眠しやすくなります。また、スマホから入ってくる情報にストレスを感じることもなくなります。

SNSでの炎上や誹謗中傷にも挙げられるように、ネット上には攻撃的な主張が散見されますからね。これらの要素が自身のメンタルに悪影響を与えないとは言い切れないでしょう。

にもかからわず、現代人の多くは就寝前にスマホを操作しています。一方、寝る前に読書をすれば、本を読むことに意識が向きますので、スマホを操作しなくなります。

生産的な時間を過ごせる

寝る前にスマホを操作しても基本的に無益です。なんのメリットも享受できません。

一方で、本はどうでしょうか?

単語帳や資格関係の本を読めば、自分の知識を増やすことが出来ます。記憶は睡眠中に整理されると言われているので、睡眠前の暗記系の勉強は極めて生産的と言えます。

ビジネス誌で有名なダイヤモンドオンラインにおいても、寝る前の暗記の重要性が説かれています。「暗記は寝る前」は、もはや当たりまえ。その後の行動が記憶の定着を左右する

他にも、国立精神・神経医療センター精神保健研究所の鈴木博之さんが「睡眠中の情報処理」というタイトルで論文を発表しています。論文中にも、次のような記述があります。

覚めているときに何回も繰り返し記銘することによって達成できると考えられてきた学習のプロセスが,それらの覚醒時に行う努力の最中にではなく,その後の睡眠中に行われているということである。

引用:睡眠中の情報処理

また、小説などの趣味系の本でも、自らの哲学や感性を磨くことが出来ます。就寝前に本を読むと記憶にも定着しやすいので、より小説の世界にのめり込むことが出来ます。

以上のことから、寝る前にスマホを操作するよりも本を読む方が生産的な時間を過ごすことができます。また、記憶という部分において、就寝前はゴールデンタイムと言えるでしょう。

そんな貴重な時間を無益なスマホ操作に使うのは持ったないと思いませんか?

リラックスできる

これは個人的な意見ですが、私は読書をすると精神的に落ち着き、イライラしなくなります。実際、それを裏付けるような読書のリラックス効果に関する研究もおこなわれています。

例えば、「読書にはリラックス効果が存在し、その効果は音楽鑑賞や温かいお茶を飲むことよりも大きい」とイギリスのサセックス大学は主張しています。

ただ、論文に関しては見つかりませんでした。ですので、ミネソタ大学のサイトにある記述をリンクとして張り付けておきますね。気になる人は読んでみても良いかもしれません。(reading-stress-relief)ストレス解消のための読書

以上のことから、読書にはリラックス効果があると考えられますが、人には個人差があります。ですから、人から聞いた情報で判断するだけでなく、自分の内なる声に耳を傾けることも大切です。

まとめ

これまでに紹介したように、就寝前の読書には多くのメリットがあります。最後に、もう一度そのメリットを紹介して締めくくりたいと思います。

  • 眠りやすくなる
    一般に本を読むと眠たくなります。また、その傾向は退屈な本を読む際に顕著に表れます。ですから、気持ちよく眠りたい方は、資格本や暗記本を活用するようにしましょう。
  • スマホを弄らなくなる
    寝る前に本を読むと、その分スマホを操作する時間が短くなります。睡眠前のスマホ操作は無益どころが有害ですから、スマホを弄らなくなるだけでも大きな意味があると言えます。
  • 生産的な時間を過ごせる
    基本的にスマホの操作は無益ですが、本を読むことは非常に有益です。資格関連の本を読めば、知識を増やすこともできますし、小説を読んでも感性を磨くことが出来ます。
  • リラックスできる
    読書にはリラックス効果があり、ストレス解消にも役立つとされています。ストレスが改善されれば、より良い睡眠をとることができます。ですから、就寝前の読書は極めて有効と言えます。