【仲間】と【友達】の本質的な違いについて分かりやすく解説するよ

人間関係・自己啓発

「仲間」と「友達」という言葉の響きは、一見似ているように感じます。

しかし、その意味は全く異なります。それは、「仲間」は「一緒に物事に取り組む人」を意味し、「友達」は一緒にいること自体が楽しい人を意味しているからです。

というわけで、今回は「仲間」と「友達」の本質的な違いについて解説したいと思います。

仲間の意味とは?

仲間のイメージ

仲間の定義を調べると次のようにあります。

① ある物事を一緒になってする者。 「 -に入る」 「 -を裏切る」 「遊び-」
② 同じ種類に属するもの。同類。 「鯨は哺乳類の-であって、魚の-ではない」
③ 近世、商工業者が結成した同業組合。
引用:大辞林第三版

これらの意味から抽出できるコアミーニングは「同じ」です。イメージとしては次のようになります。

イメージ図のように、仲間の意味は「同じ」という言葉を核に広がりを持っています。現代ではこれらの内、「同類」・「同じ物事をする人」の意味が使用されています。

今回論じているのは、「仲間」と「友達」の違いについてですから、「同じ物事をする人」という仲間の意味について掘り下げていきたいと思います。

仲間の具体例

同じ物事をする人」という意味での仲間の具体例としては次のようなものが挙げられます。

  • 部活仲間
    部活のチームメイトは同じ物事をしています。チームスポーツの場合はみんなが同じ目的のためにしているともいえるでしょう。
  • 仕事仲間
    仕事の内容は人それぞれ異なりますが、会社の構成員は会社を維持・成長させるという同じ目的を共有しています。このような仕事上の人間関係のことを仕事仲間と呼んだりします。
  • 趣味・サークル仲間
    趣味・サークル仲間は、その構成員で同じ趣味に興じます。そこに、友情があるかどうかは重要ではありません。

結局仲間とは何か?

結局のところ、仲間は「ともに同じ物事や目的に向かって取り組む人」のことを意味します。それ以外の要素は仲間の定義とは関係ありません。

ですから、人間的な相性は最悪でも同じ物事や目的に向かって取り組んでいれば、それは仲間として分類されるわけです。

例を挙げると、キングダムにおける「信」と「桓騎」の関係が挙げられます。信は桓騎の略奪を良しとするやり方に納得はしておらず、人間的な相性も悪いと思われます。

それでも、「信」と「桓騎」は秦国を守り・強大化するという共通の目的があるので仲間に分類されるのです。

友達の意味とは?

友達のイメージ

辞書によると、友達は次のように定義されています。

互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。

引用:デジタル大辞泉

この定義にあるように、友達とはお互いに気を許し合う存在であり、一緒に何かをすること自体に喜びを感じます。そして、その何かは多岐にわたります。

確かに、友達となら旅行にも、カフェにも、岩盤浴にも一緒に楽しむことが出来ますよね?時には、道端で昔話に花を咲かせるだけで楽しいと思えることでしょう。

一方で、心を許していない人と旅行や飲み会に参加しても、気を遣うだけでちっとも楽しくありません。その例として、職場旅行や取引先との飲み会などが挙げられるでしょう。

このように、「何をするか?」というよりも「誰といるか?」が重要になるわけです。そして、その人となら何をしていても楽しむことが出来る存在こそが、「友達」と言えるのではないでしょうか?

結局友達とは何か?

ここまでにあるように、友達とは共有する時間自体が楽しいものであり、何をするか?についてはそれほど重要ではありません。

そして、このような関係性を築くことのできる人は限られています。それは、中学・高校・大学時代を過ごしてきた人の中で今でも繋がっている人の数を数えてみればわかると思います。

ですから、今いる友達は貴重なものと考えて大切にする方が良いと思います。

仲間と友達の違いは?

仲間と友達の違いについて理解するために、仲間と友達の意味を比較したいと思います。

そうすると、仲間は物事を中心に集まっていることが分かります。一方で、友達は人を中心としていることがわかります。

  • 仲間の意味は?
    仲間は「ともに同じ物事や目的に向かって取り組む人」のことを意味します。ですから、職場の同僚や研究室の同期なども仲間と定義できるでしょう。

  • 友達の意味は?
    友達は「一緒にいるだけで楽しい人」のことを意味します。ですから、学生時代からずっと仲の良い人のことを友達と定義できるでしょう。

上記の意味から分かるように、仲間と友達の定義は異なりますが、互いに矛盾しません。つまり、仲間であり友達であるという場合も考えられるわけです。

もし、仲間であり友達という関係になることが出来れば、最高ではないでしょうか?ともに同じ物事や目的に取り組みながら、一緒にいることを楽しむことが出来るわけですからね。

このような関係性を持てる人を見つけられると、仕事や副業にも力が入ると思いますよ。みなさんもぜひ探してみてくださいね。