「見ざる・聞かざる・言わざる」の意味と教訓について考えてみた

論理的思考力養成 番外編

「見ざる聞かざる言わざる」ということわざは誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?日光東照宮の神厩舎に彫られていることでも有名ですしね。

というわけで、今回は三猿の意味や教訓についてご紹介したいと思います。そして、最後に三猿の意味について独自に考えてみました。興味のある方はご一読くださいね。

三猿の由来

孔子の論語の一節には「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、 非礼勿動」という三猿に似た言葉があります。この意味は、「礼に合わなければ、見てはならない。礼に合わなければ、聞いてはならない。礼に合わなければ、言ってはならない。礼に合わなければ、動いてはならない」というものです。

一言でまとめると、礼とは「人を思いやる行動や態度」ですので、先ほどの訳は「人を思いやる行動や態度がないことを見ても、聞いても、行っても、行ってもならない」ということになります。

一般的には、この孔子の論語の一節が変化して三猿の由来になったのではないか?と言われています。

三猿の意味と教訓

故事ことわざ辞典には、次のような意味として記述されていました。うーん、なんか格言としてはありきたり過ぎてありがたみを感じませんなぁ…まぁ、個人的な意見ですけどね。

見ざる聞かざる言わざるとは、とかく人間は自分にとって都合の悪いことや相手の欠点を、見たり聞いたり言ったりしがちだが、それらはしないほうがよいという戒め。

引用:故事ことわざ辞典

そのほかにも、三猿の意味はあって「悪いことを見てはいけない、悪いことを聞いてはいけない、悪いことを言ってはいけない」というものもあります。

例えば、日光東照宮の神厩舎には猿の一生を描いた八面図がありますが、幼少期の場面で三猿が登場しています。これには、悪いものに触れずに健やかに育つという意味があります。

他にも、ガンジーの三猿というものもあります。インドの指導者だったマハトマ・ガンジーは常に三匹の猿の像を身に付けていたそうです。これには、「悪を見るな、悪を聞くな、悪を言うな」という意味があります。

このように、三猿には「悪いことを見てはいけない、悪いことを聞いてはいけない、悪いことを言ってはいけない」という意味も含まれているわけです。

とはいえ、個人的にはこの意味も納得がいきません。

そもそも、悪を認識(見たり、聞いたり)せずして、どのようにして善悪の判断は可能なのでしょうか?善悪の判断をするためには、善と悪を認識(見たり、聞いたり)し、悪とはどういうものか?善とはどういうものかを知らなければならないはずです。

ドライアイスとは何かを知らない子供に、ドライアイスを触るなと注意しても無駄なのと同じことです。

悪を認識(見たり、聞いたり)しないようにするためには、悪とは何か?を認識(見たり、聞いたり)しなければならないのです。つまり、悪いことを見るな・聞くな・言うなという三猿の教訓には無理があるというわけです。

このまま終わっても面白くないので、ここからは三猿の意味や教訓を独自に解釈してみることにします。

三猿の意味を考えてみた

結論から言うと、三猿(見ざる・言わざる・聞かざる)は自発的に考えさせるための言葉と考えています。

先ほど示した孔子の論語の一節「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、 非礼勿動」を「礼がなければ、見てはいけない。礼がなければ聴いてはいけない。礼がなければ、言ってはいけない。礼がなければ動いてはいけない」と僕は解釈しています。

まぁ、教科書的には間違いなのかもしれないけど…

一言にまとめると、「礼が備わっていないのなら何もするな!」ということです。それを裏返して考えれば、「礼を備えることが何事においても重要である」と解釈できます。

これは仁と礼を最重要視する孔子らしい考えではないでしょうか?

これをもう少し一般化すると、「基礎こそが何事においても重要である」と考えられます。(例えば、孔子の場合は仁と礼を基礎に置いたと言えます。)

さて、人間にとっての基礎とはいったい何でしょうか?「人間とは考える葦である」で有名なパスカルの「パンセ」に次のような言葉があります。

われわれの尊厳のすべては、考えることのなかにある。われわれはそこから立ち上がらなければならないのであって、われわれが満たすことのできない空間や時間からではない。だから、よく考えることを努めよう。ここに道徳の原理がある。

— パスカル、『パンセ』、前田陽一、由木康訳、中公文庫、1973年、242~243頁

とあるように、人間にとっての基礎は考えることです。そう考えると、三猿(見ざる・言わざる・聞かざる)は自発的に考えることを仕向けるための言葉なのではないかと思えませんか?そりゃ、見ること・聞くこと・話すことを禁じられたら、考えるしかなくなりますもんね。

忙しい現代社会だからこそ、たまには目を閉じ、耳を塞ぎ、口を閉ざし、思索にふけってみるのも良いかもしれませんね。もしかしたら、three wise monkeysのように賢くなるかもしれませんよ。