人間関係は仕事とプライベートで分けるべき?そのメリットとデメリットを解説

仕事とプライベートを分けるべきか?分けないべきか?迷う方は多いす。

多くの方が迷うことからも分かるように、画一的な正解はありません。

基本的には、自分の人生の指針に応じて、選択することがおススメです。

そこで、人間関係を仕事とプライベートで分けることのメリット・デメリットを整理・解説します。

仕事とプライベートを分けるメリット

会社への依存度を減らす

プライベートと会社を分けることは、依存先を二つ確保できることを意味します。

要は、仕事で大失敗してもプライベートに影響は及ばないわけです。

出世したら媚びうられるようになったとか、降格したら人が離れるなんてこともなくなります。

このように、仕事とプライベートを分ければ、メンタル管理が楽になります。

価値観が固定化しない

会社の人とのみ人間関係を築いていると、多様性が減り、価値観が固定化されます。

もちろん、会社の人と仲良くするのは悪いことではありませんが、会社=世界と考えないようにしたいですね。

可能なら、自分のいる業界とは全く別の人たちと交流して、自身の知見を広げると良いです。

オン・オフの切り替えがやりやすい

仕事の時間は会社の人、休みの時間はプライベートの人と分けることでオンオフの切り替えが楽になります。

私も気持ちの切り替えのために、休日には会社の人と極力会わないようにしています。

ついつい仕事のことを考えてしまう方は、仕事とプライベートを分ける意識をしても良いです。

プライベートあってこその仕事ですからね。

社内の人間関係に振り回されない

会社の上下関係とプライベートのフラットな関係を両立するのは困難です。

もちろん、関係がうまく行っている時は良いです。

しかし、仕事上のトラブルが生じた時に、プライベートの領域までダメージが生じます。

社内の人間関係に振り回されないためにも、仕事とプライベートを割り切ることは大切です。

職場の人間と性格が合うとは限りませんからね。

職場は性格が合わない人ばかり?人間関係のストレスを減らせる考え方5選

また、周りに流されすぎて自由にできないというデメリットもあります。仕事とプライベートを完全に割り切る必要派ありませんが、自分が自由に使える時間は確保するべきです。

周りに流されやすい人の4つの特徴とその改善方法を徹底解説

仕事とプライベートを分けることのデメリット

重役に名前を憶えてもらいにくい

仕事とプライベートを分けていると、重役に顔を覚えてもらいにくくなります。

逆に、飲み会やゴルフなど積極的に参加すれば、平社員でも名前と顔を覚えてもらえます。

最近は、プライベート重視の傾向が高まっているため、その逆を攻めるのも戦略としては良いです。

ですから、出世意欲の高い方は仕事とプライベートを分けることはおすすめできません。

愚痴・悩み相談がやりづらい

会社でプライベートな人間関係を築いていると、愚痴や悩み相談などを気軽にできます。

同期と一緒に飲みに行って会社の悩み相談をしたり、同僚と一緒に上司の愚痴も言えます。

このように、会社の人間関係をプライベートに持ち込むことはデメリットばかりではないのです。

実際、私の同期にも様々な人に悩み相談をして自分のメンタルをケアしている人もいました。

仕事とプライベートを分けるべきか?のまとめ

仕事とプライベートを分けるか否かは自分の価値観によります。

今の会社に満足していて出世を目指している人は仕事とプライベートを混ぜる方が良いでしょう。

逆に、会社に依存しない生き方をしたい方は、仕事とプライベートを分ける方が合理的です。

このように、自分が描くライフプランに沿って、仕事とプライベートを分けるかどうか?を考えると良いですよ。