【熱帯夜対策】おすすめ快眠冷感グッズ10選!エアコンなしで寝苦しい夜を乗り越えよう

寝苦しくて寝れない。でも、エアコンはなるべく使いたくない方は多いです。

体の冷え」や「肌の乾燥」を気にされる方や「節電」を意識される方が多いですね。

しかし、最近では高齢の親がエアコンを嫌い、夜間の熱中症が心配という方も多くいます。

エアコンは熱帯夜対策として極めて有効ですが、就寝時のエアコンを嫌がる方が多いのも事実です。

そこで、熱帯夜対策に使えるおすすめ快眠グッズ10選をご紹介いたします。

熱帯夜対策に使える快眠冷感グッズ

KIMINO_冷感ジェルマット

暑苦しい夜でも快眠するためには、キーワードは頭寒足熱です。頭を冷やすだけで、寝心地が大きく変わります。

このジェルマットは、枕カバーの中に入れるタイプです。厚みは1センチ程度で、頭の重みで沈み込んでくれるので、枕の高さもほとんど変わりません。

アイスノンと比較して厚みが薄く、寝心地が変わらないのがポイントです。アイスノンは寝心地が変わるからちょっと…という方に特におすすめです。

KIMINOのPOINT
  • 枕が濡れにくい
  • アイスノンほど極端に冷えない
  • 厚みが薄く、枕の高さが変わらない
  • 持ち運びが可能

kumori_冷感シーツ

冷感シーツのメリットは、布団に入った時のひんやり感です。

冷感タオルケットも併用すると上下から冷やせるので効果は更に上がります。

材質上、冷感が長持ちしませんが、全身で冷たさを感じられるので心地よいです。

一方で、室温が上がると、冷感が無くなるとのレビューもあります。

これは、冷感マット系に共通しています。そのため、先ほどご紹介した冷感ジェルマットとの併用がおススメです。

kumoriの特徴
  • サラサラした肌触り
  • 全身でひんやり感を味わえる
  • 室温が高いと冷感減少(冷感系の布製品に共通)

昭和西川_冷感タオルケット

冷感タオルケットのメリットも布団に入った時のひんやり感です。

布という材質上、冷感が長持ちせず、室温が上がると冷感が無くなります。

そのため、真夏よりも初夏に活躍します。とはいえ、布団に入った瞬間の心地は素晴らしいです。

ですから、冷房や冷感ジェルマットとの併用が現実的でおすすめです。

冷感タオルケットの特徴
  • サラサラした肌触り
  • 全身でひんやり感を味わえる
  • 室温が高いと冷感減少(冷感系の布製品に共通)

グンゼ_クールマジック

最も熱が貯まる胴体部分は服を着ています。そのため、服装も重要です。

内部からの熱を効率よく外部に放出するできれば、それだけ体を冷やせます。

おススメの服はグンゼのクールマジックです。汗を素早く吸収・気化でき、潜熱で効率よく体を冷やせるからです。

類似の商品としては、ユニクロのシルキードライなども挙げられます。

クールマジックの優位性
  • 汗を吸収し、素早く乾燥
  • さらっとした肌触り
  • 伸縮性抜群
  • 汗と臭いの対策にもなる

小林製薬_シャツクール

熱中対策のシャツクールは、服に吹きかけて使用します。

吹きかけた状態で、汗をかくと冷感を得られます。つまり、睡眠時に暑さを感じれば、自然とひんやりするわけです。暑い時に効果が得られるのは嬉しいですね。

もちろん、就寝時以外にも活用できます。消臭・除菌の効果もあるので、通勤時の暑さ・臭い対策にもおススメですね。

クールマジックの優位性
  • 汗をかくと冷感を感じる
  • 消臭・除菌の効果
  • 睡眠時以外にも使える

GATSBY_クレイジークール

ボディーウォーターを体にスプレーすることで、スゥーとした冷感を得られます。

効果がかなり強く、寒さを感じてしまう場合もあります。自分の適量を把握した上で使用しましょう。敏感肌の人は特に注意が必要です。

もちろん、体だけでなく、衣服や寝具につけてもある程度の効果は得られます。

クレイジークールの優位性
  • スプレーをするとすぐに涼しさを感じる
  • 効果が強すぎて、寒さを感じる場合がある
  • 就寝時以外にも使用可能

熱さまシート

熱さまシートは、暑くて眠れない時にも使えます。快眠のコツは、頭寒足熱なので、熱さまシートの効果は大きいです。

また、発熱時のストックとして熱さまシートを確保をしておくのも良いですね。

冷感ジェルマットとの併用すれば、複数面から頭を冷やせるので、特におすすめです。

熱さまシートの優位性
  • 頭寒足熱で快眠に繋がる
  • 風邪の時にも利用可能
  • 保存がきく

アイリスオーヤマ_サーキュレーター

サーキュレーターで風の通り道を作ることで、熱帯夜を涼しくできます。夕立の後など、外気温が下がっている時に使うとより大きな効果が期待できます。

また、サーキュレーターで空気をかき混ぜることができ、冷房効率を高められます。

つまり、エアコンのON・OFF関係なく、常に使える便利グッズなのです。

最近では、横+縦の首振り機能がある高性能サーキュレーターも販売されています。お値段ははりますが、サーキュレーターとしての性能はかなり高いです。

熱さまシートの優位性
  • 使える期間が長い
  • 冷房の効果を高められる
  • 自然な空気の循環を作れる

バブ_冷感入浴剤

発泡入浴剤のバブにも冷感を得られる夏仕様のものがあります。

夏になるとお風呂に入りたくなくなりますが、これがあれば気持ちよく入浴できます。

風呂上がりにスッキリした状態でベッドに入りたい方におすすめです。

冷感入浴剤の優位性
  • 真夏でも気軽に入浴できる
  • メントールで風呂上りが涼しい

バブ_爽快シャワー

バブの爽快シャワーは、お風呂を出る前に体に塗ってシャワー洗い流すだけで効果を発揮します。

普通なら、寝る前に入浴すると火照りがちです。しかし、この爽快シャワーがあれば、シャワーを浴びることで涼めます。冷水シャワーと併用すれば、体温を一気に下げることもできます。

冷感入浴剤の優位性
  • 真夏でも気軽に入浴できる
  • 風呂上りが涼しい

熱帯夜対策に使える快眠冷感グッズのまとめ

今回ご紹介した熱帯夜対策グッズは次の通りです。

熱帯夜対策グッズ

・KIMINO_冷感ジェルマット
・kumori_冷感シーツ
・昭和西川_冷感タオルケット
・グンゼ_クールマジック
・小林製薬_シャツクール
・GATSBY_クレイジークール
・熱さまシート
・アイリスオーヤマ_サーキュレーター
・バブ_冷感入浴剤
・バブ_爽快シャワー

熱帯夜を快適に過ごすためのグッズをご紹介いたしました。

一つの製品だけを活用するのもよいですが、複数かけ合わせればより大きな効果が得られます。

夜中に熱中症になってしまうと大変なので、予防のためのも暑さ対策はしっかりと講じましょう。