食器が割れるのは不吉?いつもと違うことが起きた時の対処法と考え方

役立つ知識

誰しも食器を割った経験はあると思います。そして、皿を割ってしまうと不吉な予感を感じるのではないでしょうか?そりゃ、モノが壊れることに良い予感を感じることはありませんもんね。

というわけで、今回は食器が割れることは不吉なのか?いつもと違うことが起きた時の対処方法について解説したいと思います。

食器が割れることは不吉なのか?

食器が割れるのは不吉なことでありません。「いつもと違うことが起きた」ただそれだけのことです。とはいえ、食器が割れること等モノが壊れた時に気分が良くなる人がいないことも確かなことでしょう。

そのような時の対処法は、壊してしまったものに今までありがとうという感謝の心をもって、丁寧に掃除することが一番です。そういう意味では、物の供養にも近いかもしれません。

感謝の心を持つと、ポジティブな感情を持つことができ、日々の生活に余裕を持つことが出来ます。

いつもと違うことが起きた時の対処方法・考え方

いつもと違うことが起きた時は、いつもより慎重に行動するようにしましょう。

その理由は、自分自身の精神や身体の状態がいつもと違うことがあるからです。

例えば、日々の残業で身体と精神の両方が気付かないうちに疲労していたとします。そのような時は、皿を割ってしまったり、包丁で指を切ったり等、些細なミスをする確率が高まります。

このような時には、自分の知らないうちに自分の体力・精神力がすり減っていると考え、しっかりと休息をとるようにしましょう。そうすることで、重大なミスを冒すリスクを抑えることが出来ます。

以上のことから、皿を割ってしまうこと等、日常生活で些細なミスが起きた時には、大事を取ってしっかりと身体を休ませてあげることをお勧めします。

変化に敏感になろう

日々同じ生活をしていると感じている人は多いのではないでしょうか?

実のところ、私も同じです。しかし、そう見えても実は少しずつ変化しています。

そのような微妙な変化に気付くことが出来るようになると、自然と危機回避能力が高まります。

例えば、上司の機嫌の浮き沈みを感知することが出来れば、適切なタイミングで報連相をすることができ、自分の仕事をよりスムーズに進めることが出来ます。

他にも、運転中に挙動の少し怪しい車があることに気が付いたとします。そうすれば、その車と距離を取り事故に巻き込まれるリスクを低減することが出来ます。

このように、周囲の変化に気付くことで、起こり得るリスクを回避することが出来るのです。

まとめ

まず、食器が割れるのは不吉なことでありません。しかし、自分の身体や精神の微小な変化を示すシグナルとして捉えることが出来ます。

このような微妙な変化を感じることで、将来起こり得るリスクを軽減することが出来ます。

仮に、食器を割った原因が日々の仕事の疲労だとすれば、体を休めるために早めに寝るなどの対策を挙げることができます。そうすることで、より大きな事故を起こさずに済みます。

これは、もちろん食器を割ること以外にも応用することが出来ます。要は、日々の生活で起こる微細な変化にしっかりとアンテナを張ることで、リスクを回避したり、逆にチャンスをモノにできる可能性が増すわけです。

みなさんも日々の生活の中に隠れた変化に着目してみてはいかがでしょうか?