紅茶のティーバックは何回使える?2杯目を美味しく飲む方法について紹介するよ

紅茶のティーバックって何回使えるのだろう?」という素朴な疑問を持った方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

私も貧乏根性を発揮して、ティーバックを二度使用したことがあります。水っぽくて飲めたものではありませんでしたが…

それから、いろいろ試行錯誤することにより、2杯目でもそれなりに美味しく頂く方法を編み出すことができました。

というわけで、今回は紅茶のティーバックは何回使える?二杯目をそれなりに美味しく飲む方法についてご紹介したいと思います。

この記事で分かること
・ティーバックが何回使えるか?
・二杯目の紅茶を美味しく飲む方法

紅茶販売会社の回答

紅茶のティーバックは何回使えるのか?という質問に対する紅茶販売会社の回答をまとめます。

各会社の回答は共通していて、ティーバックは一袋により一杯が基本となっています。やはり、一袋一杯でないと美味しい紅茶を抽出することはできないようです。

日東紅茶

ティーバッグ1袋につき1杯が標準量です。
1袋で2回抽出すると、1杯目で紅茶のおいしい成分は出てしまいますので、2杯目はあまりおいしくお召し上がりいただけません。1袋で2杯分取りたい場合は、ティーポットに2杯分の熱湯とティーバッグ1袋を入れ、蒸らし時間をやや長めにして抽出すると、おいしくお楽しみいただけます。

引用:よくある質問 紅茶全般についてー日東紅茶

紅茶専科

茶葉の分量にもよりますが、2~3回くらいは紅茶の色は出ます。
しかし、おいしい味は一回目でほとんど全てできってしまいます。

そのため、できるだけ一回(一煎)だけを召し上がっていただきたいです。

引用:紅茶に関するQ&A 紅茶専科

リプトン

ティーバッグ1袋につき1杯の抽出をおすすめしております。1杯目の抽出で紅茶のおいしい成分は出てしまうため、2杯目以降はおいしく紅茶をいれていただくことができません。

引用:良くあるご質問-リプトン

二杯目をそれなりに楽しむ方法

先ほども説明したように、紅茶は一袋一杯が原則です。

しかし、勿体ないから2杯目も飲みたいという方も多くいると思います。

というわけで、ここでは2杯目をそれなりに楽しむ方法についてご紹介いたします。

ピラミッド型の紅茶パックを使う

ティーバックの形状は、平型とピラミッド型に分けられます。

ピラミッド型の方が茶葉が対流しやすく、効率的に紅茶を抽出できます。

そのため、2杯分の使用を考えている方は、ピラミッド型を購入すると良いです。

以下には、ピラミッド型のティーバックの具体例をご紹介いたします。

2杯分のお湯を同時入れて抽出する

2杯目の紅茶の味が薄くなるのは、一杯目の時点で紅茶の成分が抽出されてしまうからです。

そのため、2杯分の熱湯で一杯目と二杯目の分の紅茶を同時に抽出すれば、それなりに美味しい紅茶を二杯飲むことができます。

もちろん、一杯分の茶葉しか入っていないティーバックで二杯分抽出するため、味は薄くなります。

しかし、抽出時間を長くすること湯の中でティーバックを振ることにより、ある程度味を濃くすることも可能です。

こんな人におすすめ
・多少薄味でも気にしない人

一度使ったティーバックに牛乳を入れてレンチンする

個人的には、この方法がおすすめです。

なぜなら、一杯目は濃厚な紅茶を味わえて、二杯目はミルクティーを味わうことが出来るからです。

少し味は落ちますが、一つのティーバックで二度も楽しめるのはお得です。

牛乳さえあれば簡単に作ることが出来るので、おすすめです。

一度使ったティーバックを入れたカップに牛乳を注いでレンチンするだけですからね。

こんな人におすすめ!
・ミルクティー好きの人

まとめ

紅茶のティーバックは何回使える?
・原則は一袋一杯です。
この見解は紅茶販売各社で共通しています。
紅茶を二杯飲むための方法は?
・ピラミッド型の紅茶パックを使う
・二杯分のお湯を淹れて同時に抽出する
・一度使用したティーバックに牛乳を注ぎ、レンジで温める