大企業の社員は優秀なのか?無能なのか?それぞれの根拠とともに解説するよ!

大企業の社員は基本的に優秀です。実際、高学歴の若者は大企業に就職しています。

しかし、大企業の社員は無能という言説が多いのも事実です。

さて、どちらの言説が正しいのでしょうか?

結論としては、大企業社員は優秀です。

そこで、大企業社員が優秀である理由と無能と呼ばれやすい理由について解説します。

優秀である理由

一般に言われるように、大企業社員は優秀です。その理由は次の通りです。

地力の高さ

大企業に入社できる学生は、学業又はスポーツ(体力)で平均値以上の成績を修めています。

つまり、元々のポテンシャルが高いのです。実際、仕事をする上で、必要になる英語やITリテラシー能力を学生時代の段階で獲得している方も多いです。

そのため、入社後の成長角度も大きく、優秀な人材になるケースが多いです。

一芸を極められる

大企業には多くの社員がいるので、分業化が進みます。そうなると、社員1人1人がスペシャリストになります。

大企業社員は会社の歯車と揶揄されますが、実際その通りです。ただし、その歯車は高性能です。

そりゃ、地力のある人が一つの分野に特化して仕事をするわけですからね。市場から見ても、優秀な人材と見なされることが多いです。

人当たりが良い

大企業の社員は人当たりが良いです。

人当たりの良さは、仕事をスムーズにすすめる上で大切です。最近は成果主義が重視されつつありますが、それでも円滑なコミュニケーションは重要です。

大企業が人当たりを重視する理由は、分業化が進んでいるからです。分業化が進むと一つの仕事をこなすのにも多くの人とのかかわりが必要です。

そのため、他者とのコミュニケーション能力が重要になるわけです。

ですから、企業側は学歴が高くてもコミュ力に欠ける学生を採用したがりません。

労働者のストレス要因は人間関係が多くを占めるので、人当たりが良さも優秀さの指標に違いありません。

無能に見える理由

大企業社員が無能に見える理由もいくつかあります。しかし、その多くは誤解に基づくものです。

受け身の傾向にある

会社員である以上、上司の言うことに従います。

それに対して、「大企業の社員は受け身だ」と批判されることも多いです。

実際、その通りですが、中小企業でも変わりません。

企業という組織にいる以上、指揮命令系統があります。部下は裁量範囲が限られ、場合によっては受け身になってしまいます。

特に、大企業はそのピラミッド構造が大きいので、末端の社員の決定権は小さくなります。

それは、全ての責任を負って行動している自営業者の観点で考えるとヌルく、無能に見えます。

しかし、高度に分業化が進んだ大企業ではそちらの方が合理的なのです。

自己保身に走る

大企業社員の中には、自己保身に走る人が多くいます。

これは、企業と社員の利益が乖離しているためです。

個人事業主なら会社の利益=自分の利益になります。

一方で、大企業の場合は、社員数が大きいため、業績に対する貢献割合は少なくなります。

ですから、会社への利益貢献よりも自己利益(自己保身)を追求するのです。

確かに、これは組織全体から見れば無能に見えるかもしれません。

しかし、個人の利益から見ればある意味合理的なわけです。

良く言えば、ずる賢いという意味で優秀と言えるかもしれません。

プライドが高い

大企業の社員は、プライドが高い傾向にあります。その理由は以下の3つです。

  1. 受験競争に勝ち抜いた
  2. 就活戦線を勝ち抜いた
  3. 世間から持て囃される

このように、大企業就職組は様々な競争に勝ち抜いてきました。ですから、プライドが高くなるのも仕方ありません。

とはいえ、プライドが高すぎると成長を阻害します。しかし、プライドは誇りと言い換えることもできます。

「今までこれだけのことが出来たんだから、自分なら困難な課題でも乗り越えられるはずだ!」と次の成長につなげることもできます。

大企業社員は自己肯定感が高く、プライドが高い方が多いですが、それが必ずしも悪い方向に作用するとは限らないのです。

まとめ

大企業の社員は優秀です。しかし、それは基本性能が優秀であることを意味しているだけです。

指揮する人間や会社の仕組みに問題があったりすると、会社の利益のためではなく、自己の利益のみを追求するようになります。これが今の大企業や公務員が抱える問題と言えるのかもしれません。

一部の大手企業が急激に売上を落とす原因もここにあります。

例えるなら、大企業の社員は優秀なオーケストラです。そのため、優れた人物に指揮をとらせれば圧倒的な成果を上げることが出来ます。