他人に興味ない人はサイコパス?ドライな人間関係の意外なメリットとは?

人間関係・自己啓発

サイコパスと聞くとヤバい犯罪者をイメージすることが多いと思います。しかし、それはごく一部の人間のことで、多くの人間は犯罪を犯さず、普通の生活を送っていると言われています。

また、弁護士や社長や医者など社会的地位の高い職に就く人はサイコパス的な気質を持つ割合が高いと言われています。それは、良心や感情に惑わされることなく合理的に物事を判断することができるためではないかと考えられています。

サイコパスの狭義的な定義

犯罪心理学者のロバート・D・ヘアはサイコパスの特徴を次のように説明しています。

  • 良心が異常に欠如している
  • 他者に冷淡で共感しない
  • 慢性的に平然と噓をつく
  • 行動に対する責任がまったく取れない
  • 罪悪感が皆無
  • 自尊心が過大で自己中心的
  • 口が達者で表面は魅力的

引用:「精神病質」2020年1月25日 (土) 10:37『ウィキペディア日本語版』

また、オックスフォード大学のケビン・ダットンは、サイコパスの特徴を次のように説明しています。

  • 極端な冷酷さ
  • 無慈悲
  • エゴイズム
  • 感情の欠如
  • 結果至上主義

引用:「精神病質」2020年1月25日 (土) 10:37『ウィキペディア日本語版』

狭義的な定義で考えると、当てはまる人はほとんどいないと思われます。そのため、社会一般で言われるサイコパスの定義とは若干ずれがあると言えるかもしれません。

サイコパスの広義的な定義

先ほどの定義の表現をもう少し柔らかくしてみると、どうでしょうか?

  • ドライな性格
  • 他人に興味があまりない
  • 共感性が低い
  • 自己中心的
  • 感情が薄い
  • 結果を求める

こんな感じの人なら、結構当てはまる人が多そうですよね。これらの特徴を考えると、冒頭で話した社会的地位の高い職業に就く人はサイコパスの割合が高いということにも合点がいくのではないでしょうか?

つまり、私たち一般人にとってサイコパスの意味を広義的に解釈している言えそうです。というわけで、今回はこちらの広義的な定義を基に考えてきたいと思います。

サイコパスに学ぶドライな人間関係

サイコパス的気質の人は、他人に興味を持ちにくかったり、共感性が低かったりすることから人間関係がドライになる傾向があります。一見、それは悪いことのように思えますが、意外と効率的だったりもします。

人に振り回されない

サイコパス的気質を持つ人の特徴として、「ドライな性格」・「共感性が低い」・「感情が薄い」などが挙げられます。そして、このような人は人に振り回されることがありません。むしろ、人を振り回す側の人間になることのほうが多いと思います。

ストレスが貯まりづらい

いつの時代も人間関係はストレスの主要因です。サイコパス気質の人々は必要以上に他人に興味を持ちません。そのため、人間関係に関するストレスを貯め込みにくいわけです。

例えば、人に悪口を言われた時のことを考えてみましょう。普通の人であれば心が傷つきますよね。時には涙を流すこともあるかもしれません。しかし、サイコパス的気質の人は、悪口を言われても嫌われても平気です。そりゃ、興味のない対象から何を言われても気になりませんからね。

ストイックになれる

サイコパス的気質を持つ人は、結果を求めます。そして、結果を得るために人より多くの努力をすることが出来ます。そのようなストイックさは、勉強・スポーツ問わずどのような場面でも役に立ちます。そのため、サイコパス的気質の人は社会的成功を収めやすいのかもしれません。

主体的に時間を使える

人間関係をある程度ドライにすると、どうでも良い人と無駄な時間を過ごすことが無くなります。逆に、八方美人でいると、自分の時間がどんどん無くなってしまいます。

もちろん、人と過ごす時間は貴重で、なくてはならないものです。しかし、それと同じぐらい一人でいる時間も重要です。人間関係にドライになれば、人と過ごす時間と一人で過ごす時間のメリハリもつけやすくなるので、主体的に時間を使うことができます。

最後に…

サイコパス的気質の人は、他人に興味を持ちにくく自己中心的という特徴があります。一見、これはデメリットに見えますが、自分を生きられるという点ではメリットにもなり得ます。もちろん、他人に迷惑をかけることは論外ですが…

ですので、普段周りに気を使い過ぎてしまうといった方は、サイコパス的な考え方を取り入れてもよいかもしれませんね。そうすれば、ちょうど良いバランスに落ち着くのではないでしょうか?