一見怪しい縛りなしWiFiは本当に使えるのか?実際に契約して評価してみた。

役立つ知識

縛りなしWiFiとは

縛りなしWiFiは株式会社クーペックスが販売しています。設立年度は2017年12月なので、かなり新しい会社と言えそうです。そのためか、従来の慣習に囚われない大胆な販売戦略をとっています。縛りなしWiFiは、名前通りで縛りのないポケットWiFiです。その特徴は以下の3つです。

  • 2年縛りがありません。
    従って解約時の違約金も発生しません。

 

  • 通信量に縛りがありません。
    パソコンやタブレットと接続する機会の多いポケットWiFiにとって、通信量に制限はないのはありがたいですね。ただし、通信速度制限はあります。これは、どこの会社と契約しても同じです。

 

  • 初期費用がかかりません。
    一般的に通信会社と契約する際は契約事務手数料がかかります。UQWimaxやSoftBank Air等大手ポケットWiFi販売業者の場合、契約事務手数料3000円(税抜
    )がかかります。

正直なところメリットだらけです。だから、私は契約を決意したんですけどね。

いやいや、そんな甘すぎる話ないよ。設立年度も浅いしなんだか怪しくない?と思われる方もいると思います。というわけで、わたくしが実験台として「縛りなしWiFi」を契約してきました。なので、実体験を交えて「縛りなしWiFi」の利点と欠点についてお話したいと思います。ちなみに、包装はこんな感じでめちゃめちゃシンプルです。無駄な部分に金を使おうとしない姿勢が個人的には気に入りました笑

縛りなしWiFiのメリット

月額料金の安さ

まず、月額料金が3240円と安いです。契約を決意するまで10社ほど比較しましたが、かなり安い部類に入ります。例えば、UQモバイルのポケットWiFiプランは2or3年契約で月額料金が4380円(キャンペーン中)となっています。Y!モバイルのポケットWiFiプランは2年契約で月額料金が4380円となっています。料金が安いことで知られるトクトクBBのポケットWiFiでも、月額料金が4263円(キャンペーン時キャッシュバックあり)となっています。それらと比較して、「縛りなしWiFI」は月額料金が非常に安いです。

好きな時に解約可能

2年契約・3年契約ではないところも大きな強みです。何と言っても、好きな時に解約できますからね。まず、生活環境の変化が2or3年周期で来るはずがありません。

例えば、大学3年生の時に2年契約をしてしまうと、社会人1年目まで契約が続くことになります。もしかしたら、入社した会社の寮にはWiFiが完備されているかもしれません。社会人でも急な転勤で、WiFi環境のあるマンションへ引っ越しをするケースも十分に考えられます。そうすると、ポケットWiFiを持ち歩くことの意味がなくなってしまいます。外出先でのちょっとした通信なら、テザリングでも十分に事足りますからね。といったように、生活環境の変化でポケットWiFiの要不要なんてすぐに変わってしまいます。その点が生活必需品であるスマホと大きく異なる点です。

また、契約更新月の確認が不要な点も大きなメリットです。忙しくなると契約更新月のことなんて忘れちゃいますしね。私も過去に一度契約更新月を間違えるというミスをしたことがあります。その時はしっかりと違約金を回収されました。

初期の契約事務手数料が無料

通信端末を契約する場合、大体の通信会社で契約事務手数料3000円を請求されます。一方で、「縛りなしWiFi」は契約事務手数料は0円です。

通信量に制限がない

通信量に制限がないことも非常に大きなメリットです。例えば、Y!モバイルのPocket WiFiプラン2UQFlatツープラス(2年契約)の場合、7GBの通信制限があります。もちろん、Y!モバイルもUQモバイルも通信し放題のプランを用意しています。その場合、「縛りなしWiFi」より1000円程度値段が高くなります…

もし、通信制限量をオーバーすると送受信の最大通信速度が128kbpsになります。これは、Webページを閲覧することすら困難な速度です。動画サイトなんてもってのほかです。というわけで、よっぽどな理由がない限りは通信し放題のプランを選ぶべきだと思います。スマホと違ってデータの送受信量が多いですからね。スマホでは月3GBで十分な僕ですら、パソコンでは月に18GBの通信をしていますし。

通信し放題のプランでも短期間に大量の通信を行うと速度制限がかかります。ソフトバンク回線を使用した場合は1日3GB通信すると、当日のみ通信速度制限となります。Wimax回線を使用した場合は3日で10GBを超えると一時的に通信速度制限がかかります。これはどこの会社と契約しても基本的に同じで、完全に通信し放題のプランは僕が調査した限り存在しませんでした。

発送が早い

最短の場合、当日発送・翌日到着となっています。僕の場合は木曜日の夜に申し込み、金曜日の夜に発送され、日曜日の朝に到着しました。日が変わる寸前に申し込みをしたので、実質的には翌々日到着と言えるでしょう。僕が申し込みした時は申し込み・問い合わせが殺到しているとホームページ上で記載があったので、混雑時には翌日到着が難しいのかもしれません。

縛りなしWiFiのデメリット

端末が選択できない

基本的に、「縛りなしWiFi」側が端末を決定し郵送します。そのため、端末を選ぶことはできません。ただし、電波事情等の理由があれば、Wimax端末かソフトバンク端末かの選択は可能です。もちろん、その場合でも端末の機種までは選ぶことはできません。端末によって性能が異なりますので、若干の不平等が生じてしまいます。まぁ、今時のPocket WiFiのスペックはどれも十分に高いのでそんなに問題があるとは思えませんけどね。

例えば、縛りなしWiFiで紹介されている中で最低速度のPocket WiFi 502HWは下り最大187.5Mbpsとなっています。一方で、最高速度のPocket WiFi 603HWは下り最大612Mbpsとなっています。これを見るとかなり差があると思いますが、実用上で考えてみると大した差はありません。そもそも上に示した速度は理論的な最高速度ですので、実際にこの速度が出ることはありません。一般的に10Mbps程度の通信速度があれば、動画もスムーズに見られますからそこまで気にする必要はないかと思います。それでも、スペックを重視する方はやめておいた方が良いかもしれません…

紛失・使用不能時の補償金が高い

紛失・使用不能時には補償金が39800円かかります。また、simカード再発行手数料が3000円かかります。つまり、トータルで42800円の出費が紛失・水没時にはかかることになります。一応、安心パックというものがありまして、月500円多く支払うと補償金の支払いが39800円→10000円に減額されます。加入するかは契約者本人の意思次第なので、ご自身で判断してください。

例えば、UQ Wimaxなら端末補償サービス(月380円)に加入していれば、一回目は3300円、二回目は5300円の負担で紛失・使用不能時に交換をすることが出来ます。もし、補償サービスに加入していなければ、契約解除料(9500~19000円)を支払う必要があります。

このように、他社との比較をしても「縛りなしWiFi」は安心パックの値段も万一の補償金も高いです。そのため、万が一の保証が気になる方にはあまりお勧めできません。

契約形態がレンタル

人によると思いますが、契約形態がレンタルである点もデメリットの一つと言えるでしょう。自分のものになりませんからね。個人的には、自分のものになったとしてもあまり価値はないと思っています。何年も使っているとバッテリーも弱りますし、次世代の通信規格が出ていたっておかしくありませんからね。まぁ、これに関しては人の好みとしか言えませんが…どうしても、自分のものが良いという方には他社と契約することをおすすめします。

キャッシュバック・キャンペーンがない

UQ WimaxやトクトクBBなどほとんどの会社がキャッシュバックやキャンペーンを実施しています。一方で、「縛りなしWiFi」にはそれらがありません。一応、申し込み画面にはクーポンコードの欄がありますが、今までクーポンコードが発行されたことはないそうです。キャッシュバックやキャンペーンって適用するための条件が色々あるので、個人的にはあまり好きではありません。自分の確認不足でキャッシュバックが適用されなかったことも何回かありましたからね~

実際に使ってみた感想

契約して一週間ほど経ちましたが、今のところは契約して良かったなと思っています。家ではもちろんのこと、外出時にも大容量ファイルのダウンロードや動画の視聴を気兼ねなく行えるのは非常に便利です。通信速度も大体10Mbps程度は出ていて、webページの読み込みを待つという機会はあまりありませんでした。つまり、日常的な使用で困ることはなかったということです。

ただし、新幹線乗車時には上手く通信が行えていない印象がありました。広島駅に停車したときに通信速度を計測したときも100kbpsでしたしね。ちなみに、100kbpsだと何もできないレベルで遅いです。もしかしたら、基地局との通信が上手くできていないのかもしれません。

その点を考慮したとしても、月額料金が安いこと・いつでも解約できること・初期費用がかからないことのメリットの大きさを考えれば、十分に買いであると考えます。

地域・時間帯・個人の時間感覚による差もあるので、あくまで個人的な意見として受け取ってください。

まとめ

始めにメリットについてまとめます。

  • 月額料金が安い(3240円)
  • 解約違約金が0円(いつでも解約可)
  • 初期の手数料が0円
  • 通信制限なし
  • 到着が早い

次にデメリットについてまとめます。

  • 端末の選択が不可
  • 故障時の補償金が高額
  • 安心パックが微妙
  • レンタル制
  • キャンペーンがない
  • キャッシュバックがない

個人的には、「縛りなしWiFi」と契約して満足しています。料金も安いし、いつでも解約できるしね!しかし、満足する基準は人によって異なります。というわけで、僕が挙げたメリット・デメリットを総合的に考えた上で自分なりの結論を出してみてください。みなさんのPocket Wifiデビューをお待ちしています。