どうやって塾を選ぶべきか?塾選びのために知っておくべき塾の特徴

役立つ知識

街を歩いていると、やたらと塾の看板を目にすることが増えました。少し前の統計ですが、全国にある塾の件数はコンビニと同じくらいあるそうです。これだけ数が多くなると、大切な我が子をどの塾へ通わせれば良いかがわからなくなりますね。子どもの成績を伸ばすためには、その子に合った塾選びが重要となります。それを判断するためには、それぞれの塾の性質を知らなければなりません。でも、一つ一つ調べていくのも大変です。

ですから、「どうやって塾を選べば良いかわからない」という親御さんのために、20年近く塾業界に携わり、ある程度ウラもオモテも知る者として、塾選びのために知っておくべき大切なポイントをまとめてみました。

(あくまで、自らの講師経験を通じて感じた個人的見解ですが、役立てていただければ幸いです。)

 

今回は、塾の種類について説明していきます。一口に塾と言っても、その種類は様々。大企業の経営する大手塾もあれば、個人経営の個人塾もあります。また、集団指導のものや、少人数指導個別指導などもあります。それぞれの特性を把握した上で、塾を選ぶようにしましょう。

 


大手塾と個人塾

塾には大手塾と個人塾があります。よく知られた大手塾に通わせれば安心という方もいらっしゃるでしょうが、子どもの成績を上げるという点に関しては、一概にどちらが良いとは言えません。ですから、それぞれのメリット、デメリットを考えた上で、どちらの方が子どもの勉強スタイルに合っているか、を考えましょう。

 

大手塾のメリット・デメリット

まずはメリットから。

1.豊富な情報量

大手塾の強みと言えば、何といっても情報の豊富さです。規模が大きいので、情報が集まりやすいのです。例えば、各学校の過去問研究などは十分に行われているため、傾向対策を立てたり、どの程度の成績で合格できるか?といったことがわかりやすいため、戦略的な指導が可能になります。そのため、志望校別のクラスがあり、特に有名校に合格するためのノウハウが揃っていると言えるでしょう。もちろん、日頃の定期テスト対策についても言えることです。

このように、これまでの受験対策、定期テスト対策に関する指導実績や経験から、様々な情報を蓄積させているため、これからの指導に活用することで、効率的な指導が可能となっているのです。

 

2.講師の平均的な質が高い

講師の質は、平均して、高い傾向にあります。塾によっては、旧帝大縛りなど、採用基準に出身校の制限があるくらい。さらに、採用試験に模擬授業があり、研修制度も充実しているところが多いので、必然的に、講師の質は高くなります

とは言え、講師本人の学力と指導力に開きがある場合もありますので(優秀なプレイヤーが、必ずしも優秀な指導者になるとは限りませんから)、塾選びの基準として、鵜呑みにする必要はありません。まあ、それでも平均値はかなり高めなので、その点はご心配なさらずに。

 

3.切磋琢磨できる

大手塾は通う生徒数が多いので、周りに友人がいること確率が高いです。したがって、競争意識が芽生え、お互いが刺激し合い、切磋琢磨できるでしょう。

 

4.通塾環境が良い

通塾環境が良いというのも、大きなメリットです。やはり親御さんの身としては、子どもの行き帰りが心配になることもあるでしょう。ですが、交通の便が良いことが多く、塾によってはバスによる送迎付きのところもあります。それに、子どもの入・退室の記録をメールで知らせてくれるところもありますしね。これだと、行き帰りに関しての心配も減るでしょう。

 

次はデメリットです。

1.小回りが利かない

大手は規模が大きいことから意志決定が遅く、様々な面で柔軟な対応が取りにくいというデメリットがあります。まあ、決められた予定通りに動いているからこそ、規模が大きくても運営できるわけで。当然と言えば当然でしょうが。

例えば、受講教科やコマ数の微調整などは、個人塾の方がフレキシブルに対応しやすいですね。

 

2.合格実績が第一

大手は合格実績作りが第一なところが多いです。それが需要として求められているわけですから、当然でしょうけど。したがって、集団指導であれ個別指導であれ、優秀な講師は優秀な生徒を担当することが多くなります。

また、合格実績作りのために、本意でない受験を勧められるかもしれません。受かるかどうかが確実視できない学校を受けるよりは、受かるであろう学校を受験させた方が実績作りには好都合ですからね。

 

以上が、大手塾のメリット・デメリットです。

 

個人塾のメリット・デメリット

こちらもメリットから。

1.地域密着型という強み

個人塾の強みと言えば、まずはこれ。地域密着型。地域性に特化しているというのが一番大きなメリットだと思います。だから、効率的な定期テスト対策が期待できます。その地域の学校の特色などは把握しているところが多いですし。塾によっては、地域の学校の先生の出題傾向まで分析しているところもあるくらい。舌を巻く思いがします。

 

2.サポートが丁寧

個人塾は小規模であることから、個々に対する対応が丁寧なところが多いです。授業計画の相談や進路指導なども、各生徒の要望にフレキシブルに応えてくれるでしょう。親身になってサポートしてくれるというのが、個人塾の大きなメリットです。

 

3.情熱的な講師が多い

個人塾には、情熱的な講師が多いです。まあ個人で塾をしている人ですから、教育に対して、余程の情熱がなければつとまりません。親身になってくれる分、生徒のやる気を引き出そうと尽力してくれるところが多いです。

 

4.生徒本位

個人塾では、講師と生徒の距離感が近くなります。ですから、コミュニケーションが活発で、意思疎通がはかりやすい。もちろん、大手塾でも生徒のことを考えてはくれますが、規模が小さい分、個人塾の方が、生徒本位で動くことができます。実績作りというよりも、生徒(あるいは親御さん)の意志を尊重してくれるところが多いです。

 

次はデメリットです。

1.情報量が少ない

これは個人塾では避けられないデメリットです。個人塾は規模が小さい分、大手に比べて、情報の蓄積量が少なくなることは否めません。特に、受験情報に関しては顕著です。

 

2.講師の実力差にバラつきがある

個人塾の講師の指導力にはバラつきがあります。これは大手塾ほど厳しい採用基準がないということと、研修が制度として不十分ということに起因します。もちろん、中には素晴らしい講師の方もいらっしゃいますが、平均的に高い大手塾の講師の指導力と比べると、見劣りする感は否めません。

 

補足

両者のデメリットについて、次のように説明されている場合があるのですが、私の指導経験上、明らかに合致しないと思われるものが見受けられましたので、補足説明しておこうかと思います。

 

補足1.

大手塾のデメリット:「校舎や教室によって指導力にバラつきがある」

これは正しいとは言えません。確かにバラつきはあります。ですが、デメリットと言えるほどのバラつきなどありません。むしろ逆で、厳格な採用試験や充実した研修制度により、大手塾の指導力は高いレベルで均質化されていることがほとんどです。私自身が指導していた時は、旧帝大出身者の講師の方が多数いました。もちろん、コミュニケーション力を含めて、指導力も高い人たちです。

バラつき自体はどこにでもあるもの。それは大手塾であろうが、個人塾であろうが例外はありません。

 

補足2.

個人塾のデメリット:「生徒のペースに合わせて指導やフォローが行われるため、競争心が生まれにくい」

これも適切な表現とは言い難いです。確かに、「生徒のペースに合わせて指導やフォローが行われる」というのはその通りなんですが、だからと言って、「競争心が生まれにくい」とは、必ずしも言えることではありません。私自身が個人塾で指導していた時は、生徒に競争心はありました。これには個人差が多分に含まれており、指導する側の意識の問題だと思われます。良い意味で競争心を煽ることはできますし、万が一、競争心が生まれにくいとしても、向上心を育むことはできます。それ故、「生徒のペースに合わせて指導やフォローが行われる」ことがデメリットに繋がることはありません。

 

補足3.

個人塾のデメリット:「実績が少ない」

これはとんでもない偏見です。個人塾だからといって、「実績が少ない」などということは決してありません。難関国立大学医学部を専門に扱っていた個人塾もありましたし、私自身が個人塾に勤めていた時は、国公立大学や難関私立大学への合格者を毎年輩出していました。

単純な実績の数は少ないかもしれませんが、それは大手塾と個人塾の経営規模があまりにもかけ離れているからです。塾に在籍している生徒数全体における実績の割合を示す合格率にそれほど違いはありません。正直なところ、知り合いの講師からの経験談や私自身の経験上、個人塾の方が実績の良い年度もあったくらいです。まあ個人塾といってもピンからキリまであるでしょうから(もちろん、大手塾についても言えますが)、こればかりは一概には言えません。ただ、少なくとも、デメリットとして挙げられるようなことではないと思われます。

 

大切なのはデメリットにとらわれることではありません。それぞれのメリットを活かせるような付き合い方だと思います。子どもの個性を考え、どちらが向いているかを判断し、目的とする学習のためにどちらかを選ぶ、あるいは掛け持ちをして利用すれば良いのです。

 

大手塾と個人塾の比較

以上が大手塾と個人塾のメリット・デメリットです。双方に、メリットもあればデメリットもあります。どちらが良い、悪いという話ではありません。大切なのは、生徒側が何を求めているかということ。ニーズに合致する方を選べばいいだけの話なのです。

両者の違いを一言で言うのは難しいですが、敢えて言うなら、大手塾は引っ張っていく感じで、個人塾は押し上げていく感じでしょうか。

大手塾には、十分な経験や実績からくる情報が豊富にある分、そういった情報を指針とした指導が行われる傾向にあります。ですから、ついて行くことができそうなお子さんには大手塾が向いているでしょう。特に、難関進学校への受験対策にはもってこいかと思われます。逆に、ついて行くことが難しいお子さんには向いていないのかもしれません。

かたや、個人塾は生徒本位で物事を考えてくれるところが多いので、ついて行くことが難しいお子さんには個人塾が向いていると言えます。カリキュラムなども柔軟に対応してくれる可能性が高いので、苦手科目の克服や、成績の平均的な底上げを目的とするなら、個人塾がオススメです。

 


指導形態(指導人数)

続いて、指導形態についてです。指導形態は受講する生徒の指導人数によって大まかに分けることができます。基本的には、 10人以上を指導する集団指導と、 1~3人までを指導する個別指導に区分されますが、 4~8人ほどを指導する少人数制というものもチラホラと見受けられます。それぞれのメリット・デメリットについて説明していきます。

 

集団指導のメリット・デメリット

まずは、メリットから。

1.周りからの刺激を受けやすい

集団指導では周りに人がいるので、気が引き締まります。特に、雰囲気の良い授業では、良い影響を受けやすくなります。一人ではやる気が出にくい人には向いているかと思われます。

 

2.効率的なカリキュラムが組まれている

特に、受験対策について言えることですが、年間カリキュラムが効率的に組まれているので、ついて行くことさえできれば、高確率で目標達成ができます

 

3.授業料が比較的安価

個別指導に比べると、費用は安くてすみます。もちろん、塾によって価格はマチマチでしょうけど。

 

次はデメリットです。

1.柔軟なカリキュラムが組めない

実績や経験に裏打ちされた豊富な情報から、目標達成のための年間カリキュラムが効率的に組み立てられているため、部活や他の習い事などの個人的な予定に合わせて柔軟に対応するのが難しいでしょう。これを無理にこなそうとすると、心身共にかなりの負担を強いることになります。

せっかく充実したカリキュラムもこなせなければ意味がありません。

 

2.一度つまづくと挽回するのが難しい

一度つまづいてしまうと、挽回するのは難しくなります。譬え個人がつまづいてしまっても、全体としてのカリキュラムは進められます。それに、講師と生徒間の距離感もそれほど近いわけではありませんから、つまづいたところを気軽に質問したりして、柔軟な指導が行われるわけではありません。ですから、消化不良のまま、今後のカリキュラムをこなしていかなければならなくなります。そして、そういったことが続くと、学習効果は低下します。それでは、せっかくの素晴らしいカリキュラムも台無しに。

そして、一度ついていけなくなると、取り残された感を味わうことに。集団で受けるわけですから、良くも悪くも他の生徒と自分を比べてしまいます。場合によっては絶望感におそわれることも。そうなると、目標達成自体を放棄することも考えられます。

 

個別指導のメリット・デメリット

こちらもまずはメリットから。

1.個人に合わせたカリキュラム

個別指導の最大のメリットはこれ。個人に合わせた柔軟なカリキュラムです。目標達成までの予定を、当の生徒中心に組み立てていくので、苦手科目がある生徒でも、問題なくこなせます。弱点となる分野なども、補強しながらカリキュラムを組んでいくので、効率よく学習を進めることができるでしょう。

また、生徒本位で予定を立てていくので、部活や他の習い事も並行してこなしていくことができますし、個人的な事情による予定変更も、柔軟に対応してもらえることが多いです。

 

2.つまづきにくい

わからないところを、その都度訊きながら授業が進められるので、つまづくことがありません。また、過去につまづいたところがあっても、遡って復習するので、学習効果は高まります。

 

個別指導のメリットは何と言っても、柔軟で手厚い対応をしてもらえるという点に尽きます。

 

続いては、デメリットです。

1.料金が比較的高い

これは家庭教師についても言えることですが、厚遇されるので料金は、集団指導に比べると、高めに設定されます。個別指導という特性上、仕方のないことですけどね。

 

2.生徒と講師の馴れ合いになる可能性がある

個別指導は集団指導に比べると、生徒と講師の距離感が近いです。だから、場合によっては、生徒と講師の馴れ合いになる危険性は否定できません。

まあ個人的な経験からは、きちんとしている塾においては、あまりないと言えますが。

 

補足

補足1.

これは大手塾と個人塾の箇所でも述べたことですが、「競争心が生まれにくい」という説明がされていることについてです。

確かに、周りから刺激が少ないため、競争心が生まれにくいということは考えられますが、デメリットとして挙げられるようなことではないと思います。なぜなら、周りで同じ授業を受けていなくても、同じ塾に通っている生徒や学校の同級生と競い合うということは十分にありえますので、私自身の経験から言うと、それは個人差と言っても差し支えないかと思われます。

また、百歩譲って競争心が生まれにくいとしても、良い講師に受け持ってもらえると向上心は芽生えます。それにより、学習意欲はかき立てられますので、それを併せて考えると、個別指導のデメリットとして述べるのは適切ではないでしょう。

 

補足2.

デメリットとして挙げる必要はないかもしれませんが、人によってはデメリットとして受け取られかねない、個別指導ならではの環境について、一言添えておきます。

個別指導は、学校も学年も異なる生徒を同じ講師が数人受け持ち、同じコマ数の中で授業を展開することになります。個室があるわけではなく、席はパーテーションで区切られている程度なので、どうしても話し声は聞こえてきます(質疑応答や解説を含めて)。そういった講義が複数展開されると、それなりの音量になることもしばしば。ですから、「静かな環境でしか勉強できない」、「集中できない」という人にはあまり向いていないかもしれませんね。それが理由で退塾していった生徒をみたこともありますし。

 

集団指導と個別指導の比較

以上が、集団指導と個別指導のメリット・デメリットです。ここで述べたことは、先ほど「大手塾と個人塾の違い」について述べたこととも関連していることがありますが、やはり大切なことは、それぞれの特徴(としてのメリット)を活かした利用がオススメです。

〈自分でモチベーションを上げることが苦手。でも競争心が強く、ある程度自立している子ども〉には、集団指導が向いているでしょう。また、〈集団指導に対する不安要素が多く、特定の教科に過去の段階で抜け落ちている分野や単元がある、あるいはついていくことが難しそうな子ども〉には個別指導が向いていると言えます。

当然かもしれませんが、それぞれのメリット・デメリットは相関的に補完し合うようなものになっています。従って、集団指導に通いつつ、不安な教科だけを個別指導で補うというのが、理想だと言えますね。

 


まとめ

それでは、塾の特徴(メリット・デメリット)を表にまとめておきます。

大手塾と個人塾の比較

集団指導と個別指導の比較

 

これを参考に、どのような指導法が子どもに向いているかを判断した上で、塾を選ぶようにしましょう。何度も言いますが、大切なことは、子どもがその塾に合っているか合っていないか、あるいは、その指導法に向いているか向いていないかを基準に選ぶことです。

 

 

by    tetsu