「安全」と「安心」の意味の違いとは?そこから見えるリスク管理の問題点

人間関係・自己啓発

与党・野党問わず政治家たちは言う「安全・安心な社会を実現する」と…

しかし、「安全」とは「安心」とは一体何なんだろうか?なぜ、わざわざ似たような言葉を並べるのだろうか?

という疑問を感じたので、今回は「安全」と「安心」の違いについて分かりやすく解説します。また、そこから見えてくるリスク管理の問題点について考えてみました。

安全の意味

辞書で安全の定義を調べてみると、次のようにあります。

危害または損傷・損害を受けるおそれのないこと。危険がなく安心なさま。 

引用:大辞林 第三版

つまり、「危険(リスク)が存在しないこと」を安全の定義になるわけですね。

しかし、現実世界にゼロリスクというものが存在するのでしょうか?

例として、「運転」について考えてみましょう。まず、運転すれば必ず何かしら危険(リスク)が生じます。反対車線から車が飛び出してくるかもしれませんし、子供が飛び出してくるかもしれません。そして、そのリスクを0にするには車の運転を全面禁止にするしかありません。

しかし、現代において車の運転を全面的に禁止したら、別の部分に大きなリスクが生じることは想像に難くありません。それは、救急車による患者の輸送、消防車による消防活動、トラックによる物資輸送が禁止されることを想像すれば分かりやすいと思います。

そこで、国際安全規格では、安全を次のように定義しています。

許容不可能なリスクが存在しないこと。

引用:ISO/IECガイド51:2014

確かに、こちらの定義のほうが現実に即していると言えそうです。この定義によると、「安全」か「不安全」かは許容不可能な危険(リスク)の有無によって決定されます。

一般に、この許容不可能なリスクの有無は「危険度」×「頻度」で判断されます。

例えば、交通法規を順守した運転は危険ではなく、安全運転とされます。それでも、事故のリスクは確実に存在します。しかし、「危険度」と「頻度」の関係から許容不可能なリスクが存在しないと考えられるので、安全と言えるわけです。

一方で、交通法規を守らない運転は、危険運転と言えます。それは、交通法規を守らないことにより、「危険度」×「頻度」が大きくなり、許容不可能なリスクが存在するからです。

安心の意味

安心の意味は次のようにあります。

 気にかかることがなく心が落ち着いていること。また、そのさま。

引用:デジタル大辞泉

文字通りですね。安心とは、心が安らいでいる状態を意味します。そこに事実関係の正しさの必要性はありません。心が落ち着けば、それで良いのです。

例えば、プラシーボ効果(偽薬効果)が挙げられるでしょう。プラセボ(偽薬)には、当然ながら薬理作用を有する物質を含んでいません。

それにも関わらず、効果を発揮します。それは、薬を服用したという「安心」がもたらした効果と言えるでしょう。そのため、偽薬と思って偽薬を飲めばなんの効果も及ぼさないということになります。

他の例だと、イチロー選手は、現役時代「スパイクを左足から履く」というゲン担ぎをしていたそうです。これも「安心」を得るための行動と言えるのではないでしょうか?

先ほどのプラセボ効果の話からも分かるように、安心(精神を安定させる)はプラスの効果を発揮しますからね。メンタルケアが大事なスポーツ競技においても「安心」は重要なものであることは言うまでもありません。

お分かりのように、「安心」か「不安」かは心の状態によって決定され、そこに因果関係は関係ありません。しかし、私たちにとって「安心」も安全と同様に大切なものです。

安全と安心の関係性

「安全」と「安心」の違い

もうお分かりの方もいらっしゃると思いますが、「安全は事実によって、「安心は心によって決められます。

つまり、判断基準が異なるわけです。字面こそ似ているものの、意味は全く異なるということですね。

それゆえに、安全であるが不安である不安全であるが安心であるというような一見矛盾したようなことも生じます。前者の代表例としては、「風評被害」が挙げられ、後者の例としては、「正常性バイアス」が挙げられます。

補足ですが、正常性バイアスとは次のようなものです。

多少の異常事態が起こっても、それを正常の範囲内としてとらえ、心を平静に保とうとする働きのことです。

引用:南東北 新しい医療用語 正常性バイアス

というわけで、次は安全と安心の関係性についてお話していきたいと思います。

安心ならば安全か?

この記事の執筆中に、hanter×hanterの「ハンター試験編」の冒頭で「新人つぶしのトンパ」というキャラがゴンたち(主人公)に下剤入りのドリンクを飲ませようとするシーンを思い出しました。

外見上、トンパは優しそうなおっちゃんです。その姿にすっかり安心し、ゴンやレオリオはそのジュースを口に含んでしまいました。(その後、ゴンの超人的な味覚が違和感を察知し飲み込むことはなく、事なきを得ましたが…)

他にも、中国の始皇帝が不老不死のために水銀を欲したことは有名な話ですね。現代では、水銀が有毒であることが知られていますが、当時の中国では水銀が聖なる薬であると信じられていました。常温・常圧で唯一の液体金属ですからね。

昔の人にはさぞかし神聖なものに見えたのでしょう。そのため、始皇帝は水銀を摂取していたというわけです。結局、水銀は「安心」を始皇帝にもたらすことはできましたが、「安全」ではなかったわけですね。

これらの話から、「安心ならば、安全である」と言えないことがお分かり頂けたと思います。

これらのことから、因果関係がはっきりしていないのに「安心」できそうだから許容するというのは危険です。その傾向は、一部の代替医療にも見られるので注意しましょう。

安全ならば安心か?

最近だと、受水槽で遊泳する不埒な者もいましたね。ちなみに、遊泳したのは受水槽を清掃する前だそうです。それで許されるわけではないけど、清掃後に遊泳するよりは遥かにましと言えるでしょう。

また、ことの発端となった動画は2018年9月に撮影されたようです。発覚したのは2019年6月とのこと。そして、その事件が発覚した後の管理会社の対応というのは「受水槽を清掃する」というものでした。

この行為に意味あるのでしょうか…?

遊泳後に受水槽を清掃したのだから十分に綺麗なのではないでしょうか?

もし仮に、受水槽で泳ぐような人間の清掃が気に入らないと言うなら、彼らの清掃した受水槽をすべて清掃しなおすのが筋ということになりますが、もちろんそのような動きは一切見られていません。

また、問題行為をしてから、9か月以上も経過しているのに再度受水槽を清掃することに意味があるとも思えません。それでも、どこかにこびりついていると主張したいのならば、配管をすべて清掃しなければ意味がないということになります。

つまり、その場しのぎの対処というわけです。そのような対処をした理由は「安全」のためではなく、「安心」のためと考えることができます。おそらく、水質基準は満たしていたでしょうし。

とはいえ、人が泳いだ水槽の水を飲むことに、心理的な抵抗感を感じることは容易に理解できます。

もっと身近な例だと、東京タワーにもあるガラスの床が挙げられます。もちろん、十分な安全が保証された上でガラスの床は設置されています。

しかし、安心か?と聞かれても、安心できませんよね?

高所恐怖症の方ならその上に立つことすらできないでしょう。しかし、間違いなく安全なはずです。当然、建築基準法も満たしているわけですし。

これらの話から、「安全ならば、安心である」とは言えないことがお分かり頂けたと思います。

リスク管理の限界

カネボウ美白化粧品による白斑問題をご存知でしょうか?概要は次のようなものです。

肌がまだらに白くなる白斑症状は、カネボウ化粧品が開発し、同社製品に配合された美白成分「ロドデノール」が別の物質に変化し、色素を作る細胞にダメージを与え発症したとみられている。

引用:朝日新聞掲載 キーワード カネボウ白斑問題

この話の恐ろしいところは、リスク管理の限界を超えている点にあります。まず、問題の成分となった「ロドデノール」ですが、きちんと医薬部外品の有効成分として厚生労働省から認可を得ていました。もちろん、カネボウ化粧品は成人女性約300人を対象にテストを行い、その安全性を確認していました。

つまり、社会的信用もある大企業と国の機関である厚生労働省が「ロドデノール」は安全であるとお墨付きを与えたわけです。私たち一般人はそれを聞いてどう思うでしょうか?

しますよね?

つまり、一般市民から見れば明らかに「安心」かつ「安全」なわけです。にもかかわらず、被害が発生しました。このことから、リスク管理の限界を超える可能性は十分に存在するということが言えます。

そりゃ、科学だって万能ではありませんし、国や大企業の信用性が高いからと言って100%信用できるわけではありませんからね。実際に、安全だと思われていたものが危険と分かった例はたくさんあります。

一例を挙げると、DDT(殺虫剤)の話が挙げられます。生物濃縮の問題が判明し、現在ではほとんど製造されていませんが、当時は素晴らしい発明だったようですよ。

実際、DDTを開発した「パウル・ヘルマン・ミュラー」はその功績により、ノーベル賞まで獲得しています。もちろん、発明当時には権威のあるノーベル財団も国家もDDTは人畜無害だと考えていました。そりゃ、一般市民も安全・安心って考えてしまいますよね…

結局のところ、完全な安全」・「安心」なんてどこにも存在せず、知る限りという枕詞のついた安全」・「安心」しか存在しないというわけですね。

ですから、常に自分たちはリスクと隣り合わせなのだという意識を持つことは大切だと思います。

それでは、まとめに移りたいと思います。

まとめ

  • 安全とは何か?
    危険(リスク)が存在しないこと。又は、許容可能なリスクしか存在しないこと。
  • 安心とは何か?
    心が安らいでいる状態のこと。
  • 安心と安全の違いは?
    判断基準が異なる。安心は心によって、安全は事実・因果関係によって決定される。
  • 絶対的な「安全」は存在するのか?
    存在しない。なぜなら、安全を担保する科学が絶対的なものではないから具体例にも挙げたように、時として新たな事実が「安全だと思われていたものが危険なものであった」と明らかにすることもある。
  • 絶対的な「安心」は存在するのか?
    存在しない。なぜなら、信用性の高い「公的機関」・「専門機関」・「大企業」であっても認識を間違えることがあるから。そのため、公的機関・専門機関認定の商品だからといって、絶対に安心であると言い切ることはできない。