味音痴な人と舌の肥えている人はどちらが幸せなのか?

役立つ知識

味音痴な人と舌の肥えている人はどちらが幸せなのでしょうか?ネットで検索してみると、「なんでも美味しく食べられるのは幸せなことだ」や「舌が肥えると不幸せになる」といったように、味音痴が肯定されていることが分かりました。

とはいえ、味音痴の人が幸せで、舌が肥えている人が不幸せと断言するのも何だか悲しい気もします。というわけで、今回は、「味音痴な人と舌の肥えている人はどちらが幸せなのか?」ということについて考えたいと思います。

味音痴が幸せと言われる理由

味音痴は何でもおいしく食べることが出来ます。つまり、安い値段でも美味しさを十分に感じられます。きっと、100円のハンバーガーで十分に満足することができるでしょう。つまり、コスパ抜群なわけです。

一方で、舌の肥えている人は美味しく食べられるものが限られます。そして、一般的に美味しいものは高価です。ブランド和牛・国産の野菜・高級小麦を使用した2000円のハンバーガーを食べなければ満足しないかもしれません。そのため、コスパが悪いと言えるわけです。

このように説明されると、確かに味音痴な人のほうが幸せだと思えますね。

舌の肥えている人は何を求めているのか?

では、舌の肥えているグルメな人は何のためにお金を費やしているのでしょうか?

それは、全身に鳥肌が立つような感動だと考えています。今まで食べたことのない美味しさを体験した時は、得も言えぬ快感なんですよね。そういった体験をすると、また新たな感動を求めて新たなグルメを求めます。どんなに美味しいものでも、2回目に食べるときは霞んでしまうものですからね。

そう考えると、食から多くの感動を得ている舌の肥えている人のほうが幸せと言えるかもしれません。また、グルメな人は色々美味しいものを食べているので、旨い店に連れて行ったり紹介したりできるメリットもあります。

結局どちらが幸せなのか?

僕の答えとしては、舌が肥えていてかつ大衆料理も喜んで食べられる人です。つまり、グルメな人と味音痴な人の良いとこどりをしようという話です。そりゃ、ラーメンやカレーなどの庶民的な食事も楽しみつつ、料亭の懐石料理にも舌鼓を打てる人は幸せですもんね。

そうすれば、安い金額で満足できるという味音痴のメリット美味しいものに感動できるグルメな人のメリットの両方を享受できますからね。イメージとしてはこんな感じです。

結論としては、大衆料理の一部を美味しいと感じることができ、料亭の料理を食べた時に大衆料理との差に感動できる人こそが最も恵まれていると言えるのではないでしょうか?

自らを味音痴と自負する方々も少しずつ自身の味覚を開発し、自身の食のフロンティアを開拓してみてはいかがでしょうか?もしかしたら、意外な発見があるかもしれませんよ!