【在宅勤務】デスクワークでお尻や腰が痛くなった時の対策グッズ4選

役立つ知識

コロナの影響などで在宅でのデスクワークが増えている方は多いと思います。実際、私の会社でもテレワークでの腰痛や尻痛になってしまったという方が多くいらっしゃいます。

というわけで、今回はデスクワークにおける腰痛・尻痛対策グッズをご紹介したいと思います。

この記事を見て分かること:在宅勤務・デスクワーク時の腰痛・尻痛対策

デスクワークの腰痛・尻痛の原因

デスクワークにおける腰痛・尻痛の主な原因は座りすぎです。常に座っていると、お尻や腰に上半身の体重が常にかかるようになりますからね。そうすると、腰やお尻にダメージが蓄積され、痛みを感じるようになります。

逆に言えば、適度に席を立って休憩を取ったり運動したりすれば、座りすぎの問題を解決することができ、腰痛・尻痛を防止することが出来ます。とはいえ、仕事中に動き回るのもなかなか難しいですよね?

というわけで、次項では座ってもお尻や腰が痛くなりにくいグッズについてご紹介したいと思います。

クッションを敷く

硬すぎる椅子に長時間座っているとお尻の一か所に力が集中します。そのため、お尻が痛くなります。また、姿勢が悪くなり腰痛も引き起こすリスクがあります。

それを防止する上で有効なのがクッションです。最近だと、体圧分散に着目したゲルクッション正しい姿勢に矯正することを目的としたクッション等が販売されていますので、そちらを購入されても良いかもしれません。

ノートPCスタンドで姿勢をよくする

在宅勤務でのデスクワークは、ノートPCを利用される方が多いと思います。

しかし、ノートPCをそのまま使用して作業すると目線が下がるので、姿勢が悪くなる傾向にあります。そうすると、お尻や腰も痛くなる可能性が高まります。

ですから、在宅ワークでノートPCを長時間利用する際は、ノートPCスタンドを購入すると良いでしょう。資金的に余裕があれば、USBハブ付きの製品を購入してみても良いかもしれません。

私も会社支給のノートPCのスタンドを持っていますが、それを使うだけで姿勢が良くなることを実感しています。

立ちデスクワークをできる環境を整える

デスクワークで腰痛や尻痛になる原因は「座りすぎ」です。その根本的な問題を解決する方法が立ちデスクワークです。

在宅勤務なら周囲からの目線も気になりませんから、オフィスでは目立ってしまう立ちデスクワークも気にせずに実施することが出来ます。

とはいえ、立ちデスクワークを実施しようとすると、ある程度の設備を整える必要もあります。というわけで、高さ可変式のデスクを紹介したいと思います。お金に余裕がないという方は棚の上などを暫定的にデスクにしても良いかもしれません。

椅子を購入する

当然のことですが、椅子によって座り仕事の疲れ方は大きく変わります。ですから、椅子を購入してしまうのも一つの手です。仕事用の椅子を購入する際は、長時間使用することが前提の製品を購入すると良いでしょう。

その具体例を挙げるなら、ゲーミングチェアです。それは、PCゲームに必要な環境と仕事に必要な環境が一致しているからです。そりゃ、両方とも長時間座りながらモニターをみてキーボードをたたいていますからね。

ただ、お値段の方は少々高くつきます。ですので、今回は通常の椅子とゲーミングチェアの二つをご紹介したいと思います。

まとめ

在宅での仕事効率を上げるためには、仕事をしやすい環境づくりが大切です。というわけで、今回は「腰痛・尻痛対策」を中心に在宅デスクワークグッズをご紹介させていただきました。

アフターコロナは想像以上に長引きそうですので、皆様も在宅ワークの環境を充実させてみてはどうでしょうか?それだけで生産性は向上しますよ!