「幼児的万能化」とは何か?子供の心を持つ大人の特徴について考えてみた

人間関係・自己啓発

日本に住んでいたら、「見た目は子供、頭脳は大人」という枕詞から始まる漫画は誰もが知っていることでしょう。この文言ならかっこ良いセリフですが、反対ならどうでしょうか?

見た目は大人、頭脳は子供

あまりにも悲しいですよね?しかし、そのような方々も一部いらっしゃるのは事実です。というわけで、今回は子供の心を持つ大人が抱える「幼児的万能感」とは何か?について考えてみました。

幼児的万能感の定義とは?

幼児的万能感とは、精神的な未熟さに起因する「自分は何だってできるし、何にでもなれる」という感覚のことです。確かに、精神的に幼い子供は自分に無根拠な自信を持っていますもんね。

もちろん、それは悪いことではありません。実際、子供は可能性の塊ですからね。ある意味すべての細胞に分化できる万能細胞とも呼べるでしょう。

しかし、それを大人にまで引きずることはあまりありません。それは、良くも悪くも自分を知るようになるからです。

幼児的万能感が無くなる理由

多くの人において「幼児的万能感」が無くなる理由は挫折を経験するからです。どこの世界にも上には上がいますからね。いつかは自分の能力の限界を知ることになります。

例えば、プロ野球選手を目指していた少年がいたとします。小学校・中学校では4番でエースで高校野球の名門校に進みました。そこで、自分より優れる選手が多くいることに気付き、自分の能力の限界を知りました。

勉強でも同じです。小中学校では成績優秀で県内有数の進学校に進学した子供がいたとします。進学校での生活を通して、自分よりも頭の良い人が多くいることを知り、自分が特別な才能を持っていないことに気付きました。

このように、子供の頃に一生懸命物事に打ち込む機会があると、必ずと言ってよいほど自分より上の存在に気付くことになります。そうすることで、自分の力の限界を知り幼児的万能感が消失します。

この過程が大人への第一歩というわけです。逆にいうと、これを経験していない人は幼児的万能感を持ったまま大人になります。言い換えると、子供の心を持つ大人になるわけです。

幼児的万能感が消えない大人の特徴

物事に真剣に取り組んだことがない

自分自身が本気で何かに取り組んだ経験のない人は幼児的万能感を持ち続ける傾向にあります。それは、言い訳ができるからです。まだ本気を出していないだけってな具合にね。

逆に、本気で物事に取り組めば、自分に言い訳をすることができなくなります。つまり、自分が万能ではないと認めざるを得ないわけです。

本気を出していないアピールをする

実は本気を出しているけど、周囲には本気を出していないアピールをする人のことを指しています。これは、万が一の時に自分に保険を掛けるための行為です。

これは小学生・中学生によく見られますね。私も良く勉強しているのに勉強していないふりをしていました。確かに、本気を出して失敗したら恥ずかしいですからね。しかし、それを大人になって引きずるのは考え物です。

一生懸命行動したけど、ダメでした。だから、次はこのような工夫をして物事に取り組みますでいいと思うんですけどね…

失敗を恐れる

幼児的万能感を持っている人は、不必要なプライドが邪魔をして失敗を認めることができません。そりゃ、万能であれば失敗をすることはありませんからね。

しかし、失敗は成功の母と言われるように大切なことです。実際、成功者と言われる方々も何らかの失敗を経験しています。

ですから、失敗を恐れて行動しないこと失敗のショックを和らげるために本気を出さないなどの行為は無意味なことと言えます。

しかし、幼児的万能感を有している人々は、失敗を恐れるあまりこのような行動をとる傾向にあります。

口先だけで行動しない

幼児的万能感を有している人は口先だけ一人前です。そりゃ、口だけなら何とでもいえますからね。

ことわざにも「言うは易し、行うは難し」という名言があります。確かに口で人を批判したり、意見するのは簡単ですもんね。また、口だけなら失敗することもありません。

逆に、行動するのは大変です。行動するためには能力も時間も必要になりますし、失敗することもありますからね。

以上のことから分かるように、幼児的万能感を有する人は口先だけで行動しない傾向があります。

まとめ

今回は幼児的万能感について説明しました。万能とあるように、万能であると考えているだけで、実際には何者にもなることはできません。

実際に何者かになるためには、目標を定め、それに到達するための手段を考えて地道に努力するしかないのです。当然その中で多くの失敗をすることもあるでしょう。そして、そのようなことにめげずに挑戦を続けた人だけが成功者になるのではないでしょうか?

私もまだ挑戦を始めたばかりのひよっこですが、世間的に成功者と呼ばれる人を見ているとこの考え方には間違いがないように思います。