【リーガルハイの名言】人という字の成り立ちから自立の大切さを考える

人間関係・自己啓発

金八先生の名言

ドラマ金八先生で一番有名な名言といえば、

君たちいいですか?人という字はねぇ~。「ひと」と、「ひと」とが支えあっているから「人」なんです。

3年B組金八先生より

という名言ではないでしょうか?確かに世の中は、人と人が互いに支え協力しあって出来ていますからね。

しかし、「人」という字をよくみてみると、「支えあう」というより「依存する」に近いのではないでしょうか?自立しているわけではなく、互いにもたれあって立っているわけですからね。たぶん、片方の人間が倒れれば、両方倒れちゃいます。

例えば、「共依存」なんて丁度良い例ではないでしょうか?共依存とは、過剰に依存しあう人間関係のことを指しており、親子間・恋人間でたまーにみられる現象です。僕の友人にも共依存状態を経験したことのある方がいますが、メンタルがズタボロになると言っていましたね…

このように、自立していない人間同士が依存しあうのは非常に危険なことです。

人という文字のルーツ

「人」という字のルーツは、中国・殷(紀元前1000~0年)の古代王朝の甲骨文字にあり、人の姿を横から様子を指していると言われています。このように、人という字のルーツは明らかになっているわけです。まぁ、所説はありますが…

そして、この事実は金八先生役の武田鉄矢さんも知っているそうです。つまり、ドラマ上での演出だったわけですね。

それを踏まえた上で、ドラマ「リーガルハイ」の古美門研介の名言をみてみましょう。

古美門研介の名言

リーガルハイSPの「いじめの正体とは・・・」の回で、いじめがあったクラスに調査として乗り込んだ際に古美門が金八先生のパロディーをしました。

えぇ~人という字は、
えぇ~人と人とがお互いに
支え合って出来ているわけでは
ありましぇん!
1人の人間が、両足を踏ん張って大地に立っている姿の象形文字です。
人は1人で生まれ1人で生きてゆき1人で…。
 
リーガルハイSPより

リーガルハイでは、金八先生のパロディーを通して、人と人が支えあう以前にまず一人の人間として自立することの大切さを訴えています。

ちなみに、この考えが「いじめの正体とは・・・」の答えと繋がっていたりします。興味のある方は見てみてくださいね。

自立の定義とは

自立の定義を調べると、次のようにありました。

他の助けや支配なしに自分一人の力だけで物事を行うこと。

引用:三省堂 大辞林第三版

この定義から考えると、自立した人間は自分一人の力で生きている人と捉えてしまいそうですが、そうではありません。

自立した人間とは自分一人の力でも生きられる人を指しています。実際の所、一人で生きるよりも周囲の人と生きる方が楽しくて効率的ですから、ほとんどの人は周囲の人と協力し合って生きているわけです。現代において、真に一人で生きているなんて人はいないのではないでしょうか?

ティファニーのキャッチコピー

ティファニーの広告のキャッチコピーに「ひとりで生きていけるふたりが、 それでも一緒にいるのが夫婦だと思う」という言葉があります。

これもいい言葉ですよね〜

ここでは、夫婦と書いていますが、別に夫婦に限ったわけではなく友人同士にも当てはまると思います。

例えば、麦わら海賊団の船員達はルフィと一緒にいなくても一人で楽に生きていくことができるでしょう。そりゃ、全員秀でた能力を持っていますからね。にも関わらず、一緒にいます。そりゃ、気の合う仲間同士で互いに支え合いながら、一つの目標に向かって生きていくほうが楽しいですからね。

もし、自立できない人間が船員になったとしたらどうでしょうか?人の足を引っ張る邪魔な存在でしかないですよね?

そう考えると、人を支えるためには、まず自分自身を支えられなければならないと言えるでしょう。

まとめると…

人という字のルーツ

人という字は「ひと」と「ひと」が支え合っている様子を表したものではなく、「ひと」を横から見た様子を表したもので、殷の時代(紀元前1000~0)の甲骨文字に由来しています。

名言から得られる教訓

金八先生・古美門研介・ティファニーの名言をご紹介しましたが、これらをまとめると「自立が第一であり、その上で人同士支え合い・助け合いが成り立つ」といえるのではないでしょうか?