ドコモの新料金「ギガホ」と「ギガライト」が本当に安くなるのか徹底調査した

役立つ知識

来る5月22日から利用可能なドコモ新料金プランが「本当」に安くなるのか徹底的に調査しました。以前の1980プランは記事を見ていただいたら分かるように、安くなる人が非常に限られていました。

ドコモなら月々1980円は本当か調査したよ

2018年10月15日

今回はすべての人にとって安くなるのでしょうか?そういった観点から今回はドコモの新料金制度を徹底解剖したいと思います。

新料金プランの目玉は主に二つです。ギガホプランギガライトプランです。名前の通り、ギガホプランが上位のプランでギガライトプランが下位のプランとなっています。

ギガホプラン

概要

引用:NTTドコモ ギガホ料金表

まずは、ドコモ一押しのプランであるギガホプランから見ていきましょう。ギガホプランとは、名前から想像できるようにかなりの大容量プラン(30GBまで通信制限なし)となっています。ちなみに、スマホユーザーの平均的なデータ通信料を調べたところ次のようになっていました。

キャリアのスマートフォン利用者を対象とした前月のデータ通信量は、「分からない」と回答したユーザーを除き、平均データ通信量は4.22GB、中央値は3.00GB。

<中略>

有効回答のみを対象とした月間通信量は「1GB以下」が21.9%、「2GB以下」が21.4%、「3GB以下」が12.7%となり、56%のユーザーが3GB以下だった。

引用:Itmedia Mobile「スマホの月間通信量は50%以上が3GB以下――MM総研の調査結果」

世の中のスマホユーザーの56%が月間通信量3GB以下ということから見て、ギガホプランは人を選ぶと言えるでしょう。ただし、毎月の通信量が多いユーザーにとっては非常に安価なプランと言えます。格安通信会社であるmineoの30GBの月間料金は6600円(ドコモプラン)となっていますからね。

割引条件について

ギガホプランの月額料金は6980円です。そこから、各種割引が入ることで月額料金が安くなります。割引の種類は主に3種類で「みんなドコモ割」と「ドコモ光セット割」と「ギガホ割」になります。

みんなドコモ割

ファミリー割引が適用される場合に利用できる割引です。家族内で2回線あれば回線ごとに500円割引(計1000円)、3回線でも回線ごとに1000円割引(計3000円)となります。3人家族以上の人はかなりの恩恵を受けることが出来ますね。

ドコモ光セット割

ファミリー割引が適用されている家族内で「ドコモ光」を契約している場合、月額料金が回線ごとに1000円割引になります。「ドコモ光」を利用している家族はかなりお得になりますね。3人家族で月1000円割引なら、年額で36000円の節約になりますし。

ギガホ割

2019年9月30日までに契約をすれば、全員6か月間のみ1000円割引となります。この割引は2重の意味で期間限定なのでご注意ください。「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」と異なり継続的な割引ではありませんが、それでも月1000円の料金差は非常に大きいと思います。新料金プランに移行すると決めている方は2019年9月30日までに契約するのがお得ですよ。

料金シミュレーション

キャリアにおける携帯電話の契約は基本的に2年ごとの契約です。(いわゆる2年縛り)ですので、料金比較も2年間の総額でするべきです。というわけで、場合別に2年間の料金総額について料金をシミュレーションしました。一番左にある従来のプラン(緑の棒グラフ)は、現在ドコモが提供しているプラン(ウルトラデータLLパック)でギガホプランとほぼ同等の内容のものです。それと比較してみると、かなり安くなっていることが分かります。ドコモの本気度が伺えますね!

※料金シミュレーションはあくまで試算ですので、実際の数字と異なるケースもあり得ます。その点はご留意願います。

※1:上記の金額は税抜き計算です。
※2:家族が3人以上の場合も、家族が3人の場合と同じ割引額となっています。

計算しやすいように、月額料金についてのグラフも載せておきます。この数字は2年間の料金総額を24等分したものになっています。驚くべきは、「ギガホ割」+「みんなドコモ割(家族割3人以上)」+「ドコモ光セット割」の部分です。30GBもの通信量が月間5000円程度で利用できるのは画期的と言えるでしょう。しかも、30GBの通信制限を超えても、最大1Mbpsの通信速度を確保しています。従来のドコモプランでは、通信制限を食らうと0.128Mbpsという非常に低速なものになっていたので、大きな改善ですね!1Mbpsで動画を見るのは少し厳しいですが、それ以外の動作は余裕でこなすことが出来ますよ。

 

ギガホのまとめ

結論から言うと、格安simと比較してもギガホプランはかなりお得です。特に、「ギガホ割」+「みんなドコモ割」+「ドコモ光セット割」を併用できる方は非常に安くなります。しかし、注意点があります。それは、普段のデータ使用量がどれくらいなのか?という点です。もし、月に30GBを使用しているのであれば、非常にお得なので問題ありません。しかし、月に3GB程度しか使用していないのであれば、オーバースペックと言わざるを得ません。ドリンクバー飲み放題で一杯しか飲まないようなもんです。かなりもったいないですよね?なので、「ギガホプラン」を契約するのであれば、あらかじめ毎月のデータ通信量をチェックすることをおすすめします。月の通信量が6GB未満の人は格安simのほうが圧倒的におすすめです。ちなみに、僕は格安simでスマホを運用しています。月々のデータ通信量が少ない方はご覧ください。

格安シムMineoに乗り換えたら携帯料金が安くなった件

2018年9月1日

ギガライトプラン

概要

ギガライトプランはギガホプランと異なり、通信量によって料金が大きく変動します。変動ステップは以下の四段階になっています。割引適用がない場合の月額料金は、~1GBが2980円、1~3GBが3980円、3~5GBが4980円、5~7GBが5980円となっています。格安sim各社と比較すると割高感を感じますね。しかし、ギガホプランと同様に「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」を適用可能ですので、場合よっては格安simと同等の値段まで圧縮することが出来ます。

料金シミュレーション

今回は、ケース別に料金をシミュレーションしてみました。ギガライトプランは通信量によって月額料金が変わるので、通信量と月間料金の関係性をケース別にシミュレーションしました。旧プランと比較してかなりお安くなっていることがお分かりいただけると思います。

※1:旧料金の場合20GBまで高速通信が可能です。
※2:旧料金の価格はベーシックパック料金を参考にしています。

※料金シミュレーションはあくまで試算ですので、実際の数字と異なるケースもあり得ます。その点はご留意願います。

 

まとめ

いかがでしょうか?かなりお安くなりましたね。特に、「ドコモ光+家族3人」の場合は旧料金の約半分となっています。ドコモもかなり本気を出してきたなと感じました。ただ、格安simと比較すると若干見劣りします。例えば、私が契約しているmineoの3GBの月額料金は1728円です。割引をフルに駆使したとしても、ドコモの月額料金は約2500円にしかなりません。しかも、このmineoの料金は割引を全く利用していない場合のものです。キャンペーン中にmineoと契約すると、さらに月額料金が約1000円ほど割引されます。つまり、月々たった1000円でスマホを運用できるようになるんです。格安simの使用感についての記事もございますので、興味のある方はご覧ください。

格安シムMineoに乗り換えたら携帯料金が安くなった件

2018年9月1日

総まとめ

ドコモの新料金プランは以前と比較にならないほど気合が入っていると感じます。実際にこのプランの影響で6年ぶりの営業減益になる見通しですし…何がともあれ、ユーザーに利益を還元する姿勢は評価するべきでしょう。

今回の本命はやはり「ギガホプラン」です。30GBという膨大な通信容量制限後の通信速度の高速化というスペックで値段が最低4730円~と考えるとなかなかのコストパフォーマンスと言えます。同容量の比較をすれば、格安simよりもお得になります。例えば、mineoの30GBプランなら月々6600円ですからね。

ギガホプラン」はyoutube・primevideo・netflixなど動画系のコンテンツを頻繁に見る方にお勧めできるプランです。先ほども説明したように、スマホユーザーの56%は月々の通信量が3GB以下です。このことから、「ギガホプラン」はやはり人を選ぶプランと言えます。ただし、かみ合えば相当お得になります。

ギガライトプラン」は価格設定を見る限り、それほど革新的なものとは思えませんでした。もちろん、従来のプランと比べたら相当お得にはなっています。割引をフルに活用できればかなりお得になりますしね。しかし、格安sim各社と比較すると、価格の面を含めまだまだ足りない点が多いですね。例えば、次のような違いが挙げられます。

  • 通信制限後の速度
    ドコモは128kbpsですが、mineoは200kpbsです。理論的には、1.5倍強mineoのほうが低速時の通信速度が速いことになります。
  • 低速モードの有無
    ドコモは通信制限に引っかかるまで、常に高速通信をし続けます。一方、mineoには低速モードが実装されており、通信量を節約することが出来ます。
  • 契約料金の価格
    ドコモの場合、一律3000円ですが、mineoならエントリーパッケージを利用して400円ほどで契約することができます。mineoと契約したい方はオトクなので、あらかじめ購入しておきたいですね。さらに、紹介制度を活用すると、1000円分のアマゾンギフト券がもらえます。

より詳しい情報に関してはmineoの記事を参考にしてください。

格安シムMineoに乗り換えたら携帯料金が安くなった件

2018年9月1日

月間通信量が6GB未満で「ギガライトプラン」を契約するなら、格安sim各社と契約することを個人的にはお勧めします。逆に、月に数十GBの膨大な通信量が必要な方は「ギガホプラン」をおすすめします。格安sim各社よりも料金が安いですし、通信制限後の速度1Mbpsでかなり高速ですからね。

キャリアから格安simへと乗り換える際の3つの注意点

2018年9月17日

キャリア3社・格安simトップ5社の料金を徹底比較

2018年10月7日

最後までお読みいただきありがとうございました。何かわからないことがありましたら、気軽にコメントしてくださいね。